芥川龍之介の作品 「鼻」の 読書感想文 を書こう!

芥川龍之介の本が大好きな友達が
最近読んだ本を教えてくれました。

彼女が読んだのは「鼻」という本で
「読んでみたら?」と言われたのです。

芥川龍之介の作品は、「羅生門」や
「蜘蛛の糸」は聞いたことがありますが、
「鼻」は初めて知りました。
 

この調べてみるとこの作品を読んでいる
人がたくさんいて読書感想文
書いている人もいたのです。

幅広い世代に読まれている本でした。

私も芥川龍之介の「鼻」という作品の
読書感想文
を書いてみようをと思います。

スポンサーリンク



「鼻」という作品について

芥川龍之介の作品「鼻」は
1916年(大正5年)彼が24歳の時に
発表しました。

夏目漱石も絶賛したと言われています。
主人公は禅智内供(ぜんちないぐ)という
50歳を超えたお坊さんです。

あらすじの紹介

内供は、上唇から顎の下まで
垂れ下がる長い鼻をしていて、
5、6寸(15〜18㎝)の長さがありました。

お坊さんとしては、とても高い地位
ついている内供ですが、長い鼻のことが
気になっているのです。

しかし、自分が鼻を気にしていることを
周りに知られるのが嫌で気にしていない
ふりをするのでした。

 
ご飯を食べる時は、長い鼻を弟子に
持ち上げてもらわなければなりませんし、
人目も気になります。

そんな内供は鏡に向かって少しでも
鼻が短く見える方法はないか
試行錯誤します。

短くすることに成功した内供は
これでもう笑われることはないと思った
のですが今度は短くなった鼻を見て

笑う人が出てきて以前に笑われた
時よりも不快に思ったのです。

スポンサーリンク



本の感想

この本を読んだ感想は

どんなに位の高い人でもコンプレックスがある
という事や周りの目を気にしないようにする
というように読み取れました。

 

長い鼻を見て笑う人が気になった主人公が
どうにかして鼻を短くできないかと考え
弟子が方法を見つけてそれを試してみたのです。

その結果、鼻は短くなりました。
しかし、今度は鼻が短いことに笑われるように
なり、笑われたくないと思うのです。

 
結局最後には長い鼻に戻って
気分も晴れました。

周りの人は偉い人が悩んでいるのを見て
面白がっていると思います。

お坊さんのように位は高くはないけれど
長い鼻があることよりはましだと考えて
しまうのです。

また、お坊さんは、人の目を気にした結果
いいと思ったことも悪く感じてしまったの
かもしれませんね。

長い鼻を短くしてその鼻をまた
長くして、短くなった時よりも
また笑われるようになっても

お坊さんは気にしないことにしたのでしょうか。

その他の感想

もしかすると禅智内供は
これからも笑われ続けられたかもしれません。

短かった鼻が長くなることに同情するかも
しれないけれど長すぎる鼻は変だとかを
再び話し始め、笑い続けるでしょう。

それを見た禅智内供は悩みまた鼻を
短くしたいと思うかもしれない。
このように感じ取ることができます。

 
長い鼻を短くしてまた長い鼻にした時に
短い時よりも笑われると考える
こともできるのです。

一時期鼻が短くなったことも言われて
しまうのではないかと感じたのかも
しれません。

 
また、長い鼻を見て笑われたことがきっかけで
悩んでいたお坊さんがそのきっかけをなくしても
笑われることは変わらなかったので

元に戻って安心したのでしょう。

短い鼻の時にも動揺してしまったことに
原因があるのではないかという
解釈の仕方もありますよ。

人によく見られたい、笑われたくない
という思いがあったからこそ
このようなことをしたのかもしれませんね。
 

まとめ

芥川龍之介の本は考えさせられる
内容でした。こうした方がよかったのでは
と思うこともありますし、

このような考え方もあるのかと
納得させられるものもありました。
読み手によって色々な解釈の仕方があると思います。

 
読書感想文は学生の時以来書いていません。
子供の時に読んだ時と大人になって読んだ時の
感じ方も異なるかもしれないです。

他の本も読んでみたいと思いました。

スポンサーリンク

お気軽にコメントをどうぞ♪