足がつる時に残る筋肉痛!これを解消するには?

たまに夜、寝ている時に、足を伸ばすと、
電流が走ったかのように、足がつることって、
ありませんか?

足がつると言うことは、足の筋肉が、突然、
収縮して、痙攣を起こすことを言います。
 

中でも、『こむら返り』とは、ふくらはぎの部分が、
つることを言います。

特に妊娠中のこと、私は声にならない声で、
よく悶絶していました。
 

あれって本当に、涙が出るほど、痛いですよね。

その上、つった場所が、筋肉痛のように、
ずっと痛むこともあります。

スポンサーリンク



痛みを和らげる対処法

痛みを長引かせない為には、その場ですぐに、
対処した方が良いでしょう。

  • 筋肉を伸ばす
  • 血行を良くする
  • 温める

足がつった場合には、この3つが重要です。
 

もし、足がつってしまった時には、
足の爪先を手でつかんで、体の方に引き付けるように、
ゆっくり反します。

足がつった場合には、収縮した筋肉を、
伸ばしてあげることが、大事です。

こうすることで、痛みがすぐに和らぎ
筋肉痛のような痛みが、いつまでも残ることは、
少なくて済みます。

 
更に、少し痛みがひいたら、つった部分を軽く、
揉むように、マッサージすると良いでしょう。
こうすることで、血行が良くなります。

足がつる
 

    【マッサージの方法】

  • ふくらはぎの部分を、下から上に向かって、優しく揉む
  • 膝の裏側を揉む
  • 足首をグルグルと回す

これは、私が妊娠中も、やっていたことですが、
妊婦さんが、足のマッサージをしても、
特に問題ありませんので、ご安心下さい。

余り強く揉んだり、足の裏を伸ばそうとすると、
筋繊維の断裂を起こし、ひどい時には、
肉離れを起こすので、ご注意下さい。
 

それでも、まだ痛む場合には、蒸しタオルなどを、
痛む部位に押し当て、温めると良いでしょう。

これによって、血行も良くなります。

スポンサーリンク



足がつらない為の予防法

こむら返りの予防法の一つとして、
ストレッチがあります。
簡単なエクササイズなので、ぜひ、空いた時間にお試しを。

    【ふくらはぎのストレッチ法】

  1. 壁に向かって立ち、手を伸ばし、
    壁を押すようにします。
  2. この時、片足を後ろに下げ、40~50cmほど、
    前後に開きます。
  3. 後ろ足のふくらはぎが、気持ち良いと感じるまで、
    筋を伸ばします。

    後ろ足のかかとが、宙に浮かないように、
    気をつけて、行って下さい。

  4. 反対の足も同じように、伸ばして下さい。
    これでストレッチは完了です。
    【すねのストレッチ法】

  1. 先ほどと同じく、壁に向かって、手をつきます。
  2. 今度は、腕は伸ばさず、ひじを曲げます。
  3. 足を肩幅に開き、片足を一歩後ろに引き、
    その足の爪先を、床につけます。
  4. 膝を曲げながら、床につけた爪先から、
    徐々に、甲を床につけていきます。
  5. すねが、充分に伸びていると感じたら、
    また、反対側の足も、ストレッチします。

足がつる
 

他にも、ミネラル分の不足、
特に、カルシウムとマグネシウム不足が、
足のつる原因とされています。

もし、よく足がつる方は、食生活を見直してみるのも、
予防になるでしょう。

これで、就寝中や、体を動かした時に走る、
激痛とも、お別れ出来るはずですよ。

スポンサーリンク

お気軽にコメントをどうぞ♪