大阪環状線!外回りと内回りはどっちが時間の短縮?

大阪へ行く時よくお世話になるのが、
JR大阪環状線です。

ぐるっと環状に走る路線で、
ずっと乗っていると乗った駅に
戻ることもできます。

外回りと内回りがあって、
外回りが時計回り
内回りが反時計回りに駅を一周します。

 
この外回りと内回りの到着時間の
違い
が、結構小ネタとした話題に
なりやすいですよね。

 
例えば大阪からちょうど反対の
天王寺駅へ行くとします。

そうすると環状線からは
外回りの京橋・鶴橋方面の路線と
新今宮・西九条方面の路線とがあります。

この二つの路線、
天王寺駅に到達する距離はほぼ同じ。

体感では全くどちらのほうが
早く着くのか全くわかりません。

ですので外回りと内回りの
どっちが早いか
というのは、

大阪環状線についてのちょっとした
小ネタ
として話題に
上がりやすいのです。

 

実際に鉄道好きな友達とも
そのことについて
話したりしていました。

「外回りと内回りどっちが早いのかな?
と自分が聞いてみると、

「普通に乗ったらほとんど同じだよ」
と鉄道好きな友達。

普通に乗らない方法があるのか?
とはじめは疑問に思っていたのですが、

友達の話をよくよく聞いていると
なるほどの解説でした。

スポンサーリンク



普通に乗ると時間はどれくらい?

まずは普通に乗った時
外回りと内回りの時間の差に
ついて整理します。

時間がほとんど同じということは
少しは違うということですからね。

調べてみると以下のような
結果が出ました。

  • 内回り(京橋・鶴橋方面) : 22分
    距離 : 10.7km
  • 外回り(新今宮・西九条方面) : 20分
    距離 : 10.7km

(JR大阪駅から天王寺駅へ向かった場合)

外側を回る外回りのほうが
距離があって時間がかかりそうですが、

意外に外回りのほうが2分ほど
早いみたいです。

 
距離は一緒なのになぜ2分の
違いがあるのか不思議ですね。

理由について友達に聞いていると、
内回りのほうが外回りより一駅多い
からとのこと。

 
環状線の路線図をじっくり数えて
みると確かに、

外回りは大阪から9駅目で天王寺
内回りは大阪から10駅目で天王寺です。

スポンサーリンク



快速に乗ったほうが早い

友人が言っていた普通にのらない
方法とは快速のことでした。

環状線には二つの快速が走っています。
関空・紀州路快速大和路快速の二つ。

関空・紀州路快速は環状線を
ぐるっと回り日根野までを
行き来する路線です。

日根野まで連結しています。

日根野から和歌山方面へ向かう
紀州路快速と

関西空港へ向かう
関空快速に分離します

 
大和路快速は天王寺〜奈良方面を
行き来する快速です。

その快速電車も内回りでは
大阪環状線のほとんどの駅
止まりますので各駅停車状態。

ですので通過駅が多い
外回り(新今宮・西九条方面)
快速電車に乗ると、

大阪から天王寺間
15分前後で移動することができます。

迷った時は外回りの電車が
いいでしょう。

 
ただ混雑を避けたい場合
あえて内回りの電車を利用するのも
手段の一つです。

迷いたくない時は迷わず地下鉄

JRの大阪環状線は慣れていないと
素早く移動することは困難でしょう。

 
大阪から天王寺まで190円
他の路線に比べて安いのが
JRを利用する魅力です。

速さを求めたい時、
大阪・天王寺間であれば
御堂筋線を使いましょう。

280円と割高ですがJRで快速を
利用する時と同じくらい
の時間で
到着します。

 
シンプルですので
ややこしい事を考えず
行き先に一直線ですよ。

まとめ

友達に色々教えてもらって
わかりました。

大阪環状線は複数の
路線が入り乱れていて、
ものすごくややこしくなっています。

 
そういえば私も大阪に行った時に、
ボーっとしていたら和歌山方面へ
乗り過ごした
ことがあります。

環状線と聞くと東京の山手線
想像されるかもしれませんが、

それよりずっと複雑で
入り乱れている路線なんです。

 
もし大阪へ訪れることがあって
大阪のみの移動であれば、

まずは地下鉄からの利用
おすすめします。

スポンサーリンク

お気軽にコメントをどうぞ♪