健康診断前の食事の影響とは?検査に支障があるのはコレ!

毎朝5時には起きて、朝の支度を始める。
それが私の日課です。

そうでないと、6時半に家を出る家族を
送り出せないんです。
 

早起きですが、慣れればこのサイクルが
心地いいものです。

 
でも、この早起きが恨めしく思う日が
年に一度だけあるんです。

それは、健康診断の日の朝。
朝食は食べちゃいけないんですよね。

家族のためにいつも通り早く起き、朝食や
お弁当の準備、そして食事の様子を見ている
のは、結構つらい!

もうお腹ペコペコ
健康診断の受付時間まで、我慢我慢です。

健康診断の前日や、当日の朝食に制限
付けられている理由は何となくだけど
わかるような気がします。
 

でも実際、食事を摂ると検査にどんな
影響が出るんでしょう?

空腹ついでに調べてみましたよ♪

スポンサーリンク



健康診断前の食事の心得とは?

健康診断を受ける際には、基本的に受診する
時間から10時間前から食事を抜くように
なっています。

 
私が受診する施設の場合、前日の午後9時
以降に食事を摂らないように、となって
いました。

さらに、検査当日の朝食を抜くこと、水分
喫煙もしないようになっていますよね。

検査のためとはいえ、前日の夜から絶食
しなければならないのは、つらいです。

 
しかし、絶食をしないと影響が出てしまう
検査もあります。

胃のバリウム検査も、その一つです。

空になった胃にバリウムを流し込んで
胃壁の凹凸や状態を見る検査です。

空腹でないと正確な結果が出ないので
絶食することになっているんですよ。

 
さらに、影響を受けやすく検査結果にも
間違いが生じる恐れがあるのが血液検査です。

血液検査は、体の状態をよく知るための
重要な検査です。

具体的に、どんな影響が出るのか詳しく
見ていきましょうね。

スポンサーリンク



血液検査で出る影響とは?

血液検査項目の中で、食事によって正確な
数値が出ない検査があります。

それが、この2つです。

  • 空腹時血糖値

    空腹時の血糖値を測り、糖尿病の
    リスクを発見するための検査です。

    空腹時血糖値は、食事によって
    数値が上がってしまいます。

    空腹に負け、真夜中にパンを食べた
    結果、基準値をオーバーしてしまった
    体験をした人もいますよ。

    食後の血糖値の上昇で、検査に支障が
    出やすいので注意ですよ。

  •  

  • 中性脂肪

    動脈硬化のリスクを調べる検査です。

    中性脂肪値は、食後4~6時間後
    最高値を迎え、緩やかに下降します。

    測定する時間によっても数値の変動が
    あるので、空腹時の早朝に測定するのが
    基本です。

    中性脂肪も、食事によって数値が上がる
    検査の一つなんですよ。

食事の影響で、正確な数値を判断できなく
なる恐れがあるんです。

お酒も、前日の飲酒は控えるように
なっている場合が多いですよね。

血液中のアルコールを分解するのに
量にもよりますが、長くて半日ほど
かかる場合もあります。

肝機能の数値に影響が出ることも
ありますよ。

 
自分の健康状態を、年に1度の健康診断で
正確に把握するためにも、決まりは守って
検査に臨んだ方がいいですよね。

まとめ

年齢が増す度に、自分の今の健康状態が
どうなのか、気になる一方です。

身近なところでも、健康診断で病気が
見つかった、という話も聞きます。

初期の乳がんが見つかり、早期発見だった
ため、再発もなく元気に過ごしている友人も
います。

できるだけ正確な数値を知って、病気が
見つかったら早めに対処したいですよね。

年に一度、自分の体のために、前日から
万全に準備して健康診断に臨みたいと
思います♪

スポンサーリンク

お気軽にコメントをどうぞ♪