図書券・図書カードはいつまで使えるの?有効期限があるってホント?

先日、祖母から「ずいぶん前にもらった図書券
部屋を整理していたら、でてきたからあげる」
と図書券をもらいました。

図書券って、ひさしぶりに見たよ~」

「今じゃ図書券も、
プリペイド式のカードになってんだよ」
なんて言いながらも、ありがたくもらったものの…

貰ったこの図書券…
書店でお会計の際に「使えません」
なんて言われたら、ガッカリです。

それに、「期限すぎてますよ」
なんてことになっても恥ずかしいし…
 

わからなかったので、書店で買い物する前に、
図書券と図書カードに関して、少し調べてみました。

スポンサーリンク



図書券・図書カードってどんなもの?

広く知られていて、普及率の高い金券といえば、
商品券のほかに、図書券や図書カード
おなじみですよね。

ほんの気持ちとして、少ない金額でのお礼や、
小さいお子さんへ、気軽にプレゼントしやすい
もののひとつです。

そして、貰う側も気兼ねなく
受け取りやすいプレゼントだと思います。

その他、進学のお祝いとして、
雑誌やクイズなどの、懸賞や賞品としても
利用されたりしています。

また、コンクールなどの副賞として、対象が、
未成年者や高校生以下の場合は、図書券が
プレゼントされることもありました。

 

図書券は、2005年には販売が終わり
そのあとは、プリペイドの図書カード
切りかわりました。

金券からカードになったときには、
ずいぶん味気ない感じがしたものです。

以前は、献血ルームで、図書券を謝礼として、
もらえることもありました。

しかし、現在は図書カードなどの金券類は
換金性が高く「売血行為」に相当し、好ましくない
との理由から、提供されていません。

 
そして、図書券ばかりでなく、図書カードも、
現在は、販売していないのですね。

私は、今回はじめて知りました。

2016年には販売が終了していて、
図書カードNEXTという新しいカードに、
切りかわっているではありませんか。

図書カードNEXTって、
呼び方が変わっただけじゃないの?

そんなことを思っていましたが、
色々と違いがあるようです。

スポンサーリンク



図書カードNEXTと図書券・図書カードの違いって?

図書券は、他の金券や商品券のように、
紙の商品券ですから、一回使用すれば終わりです。

使用した後は、取扱い店で回収されて、
取扱い店の精算に使用されます。

そして、図書カードは、
書店などで利用すると、専用の読み取り機で、
購入金額を清算処理します。

 
そして、肝心の有効期限ですが、
図書券や図書カードに、有効期限はありません。

従来の図書券・図書カードにたいして、
図書カードNEXTはどうでしょう?

 
素材は、紙素材に変わっています。
パンチ穴もありません。

書店では、カードの裏面のQRコード
専用端末で、読み取ります。

残高情報は、データセンターのサーバーで
管理する方式になっています。

利用方法は、これまでの磁気式の図書カード
さほど変わりません。
 

そして、パソコンやスマートフォンで、
カード裏面の番号を入力することで
残高や利用履歴を確認することもできます。

図書カードNEXTは、
図書券や、図書カードとは違って、
10年間の有効期限があります。

有効期限は、カード裏面に表示されています。

 

私も、今回祖母からもらった図書券で、
雑誌を購入してみることにしました。

レジの清算で、おそるおそる
「これ、使えますか?」と
図書券を差出してみました。

すると、店員さん…

「大丈夫です!図書券と図書カードは、
現在発行されていませんが、
これまでと同じように、ご利用できますよ」

力強いお返事をもらいました。

最後に

誕生日や記念日、お年玉、お祝いのほか、
ちょっとしたお返しや、お礼を
どうしようかというとき…

現金だと無粋だなというとき…
渡しやすいのが、図書カードの良さだと思います。
 

最近は、図書ばなれという言葉と聞きますが、
絵本などは人気のようです。

ギフトカードは、いろんな種類があります。

その中でも、図書カードは、ママ友や、子どもへの
プレゼント
と考えるなら、本を読む機会を
子どもに与える、きっかけにも良いですね。

そして、従来の図書券や図書カードも、
これからも今まで同様に、使用できるなら
ひと安心です。

 

私は、これまでちょっとしたギフトには、
QUOカードを使っていました。

しかし、今回あらためて図書カードについて
調べてみて、年賀オリジナルの図書カードとか
お年玉かわりに使いたいな、と思いました。

これを機会に、子ども向けのギフトには、
図書カードNEXTを、選択してみようと思います。

スポンサーリンク

お気軽にコメントをどうぞ♪