徳川家茂と和宮!夫婦仲はどんなだった?

先日、大河ドラマを見直していた叔母が、
こんなことを言っていました。

和宮ってすごくかわいそうよね。
 むりやり結婚させられた上すぐ死なれてさ。

 仲はどうだったんだろう、よかったのかな?」

江戸時代第14代将軍
徳川家茂(いえもち)
と、その妻、和宮親子(かずのみやちかこ)内親王

周囲のさまざまな思惑で
数奇な人生を歩むこととなった二人です。

和宮と家茂は仲がよかったのでしょうか?
なぜ夫婦となり、どんな結婚生活を送ったの
でしょうか?ちょっと調べてみました。

スポンサーリンク



朝廷と幕府を結びつける結婚

二人の結婚式が執り行われたのは、1862年
2月11日のことでした。

この結婚式、それまでの一般的な
婚儀とは大きく違っていたのです。

本来男が主人女が客分として行われるのが、
家茂が客分和宮が主人と、逆転した立場で
行われたことです。

朝廷と幕府を結びつける目的で、
当時の孝明天皇の妹だった和宮が
将軍・家茂に嫁ぐことになりました。

征夷大将軍である家茂よりも、
内親王である和宮のほうが身分が高いため、
主客逆転して婚儀が行われたのです。

 
はじめ、和宮はこの結婚を嫌がりました
理由は二つあります。

一つ目は、すでに有栖川宮熾仁親王
(ありすがわのみやたるひとしんのう)
という婚約者がいたこと。

二つ目は横浜開港により外国人が
多く入ってきていたこと
です。

平安時代のような生活を続けていた
御所育ちの和宮にとっては、外国人もいる
江戸の暮らしは不安だったことでしょう。

実際に和宮は、結婚の条件として、
女官を連れて行くなど、御所風の生活を
幕府に認めさせています。

スポンサーリンク



結婚生活はどんなだった?

そうしてイヤイヤ嫁いだ和宮でしたが、
夫婦仲は案外円満だったのでは?
と言われています。

16歳という若さで和宮と結婚した家茂は、
多くの側室を置くことができる立場ながら、
和宮を思いやって、一人も置きませんでした

結婚後正室とほとんど会わないという将軍も
歴代いる中、家茂は和宮にたびたび
プレゼントや手紙
を贈っていました。

オレは将軍だぞ!というところがない、
愛情深く優しい青年だったということですね。

 
和宮もそんな家茂にしだいに心を許して
いったようで、家茂上洛の際にはみずから
お百度参りをしたという話が伝わっています。

社寺の入り口から本殿まで100往復して
夫のために祈願するなんて、
よっぽど愛していないとできませんよね。

短かった幸せ

しかし、二人の結婚生活は長くは
続きませんでした。

結婚から4年後の1866年、20歳にして
家茂は若くして世を去ってしまうのです。

 
亡くなったのは長州討伐のため、
大阪城に滞在していた時だった上、
結婚後も3回上洛しています。

それらの期間を別とすると、
二人いっしょに江戸で過ごした期間
とても短かったことでしょう。

 

最後のプレゼント

これはお土産に関するエピソードです。

最後になる上洛の前、家茂は、
京都に行くからお土産は何がいいかと、
和宮に訊ねたそうです。

和宮は、「京の西陣織がいいです」
と答えています。

しかし、この西陣織が、家茂の手で
渡されることはありませんでした

家茂の死の報せ、遺品といっしょに
最後のプレゼントである西陣織が届きます

 
和宮はこれを受け取り、歌を詠んでいます。

「空蝉の 唐織り衣 なにかせん
 綾も錦も 君ありてこそ」

(西陣織を届けてくれたのはありがたいけど
 どうしたらいいっていうの。
 綺麗な衣もあなたがいなきゃ意味がないわ)

そして、受け取った西陣織は、家茂の
追善供養のための袈裟
に仕立てられたそうで、
現在も東京の増上寺に収められています。

 

死後もそばに……

和宮は1877年、31歳で、
これまた若くして世を去っています。

遺言は「家茂のそばに葬ってほしい」という
もので、その通りに増上寺に家茂と並んで
葬られています

 

まとめ

家茂と和宮は、短い結婚生活ながらも、
心を通わせあっていた
んですね。

ずっとお互いを想いあっていた、なんて
なんだかロマンチックですね。

叔母に教えてあげようと思います。

スポンサーリンク

Warning: Use of undefined constant お名前 - assumed 'お名前' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/lownews/low-news.net/public_html/wp-content/themes/refinesnow2-1.2/comments.php on line 31

Warning: Use of undefined constant メールアドレス(公開されません) - assumed 'メールアドレス(公開されません)' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/lownews/low-news.net/public_html/wp-content/themes/refinesnow2-1.2/comments.php on line 33

Warning: Use of undefined constant ウェブサイト - assumed 'ウェブサイト' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/lownews/low-news.net/public_html/wp-content/themes/refinesnow2-1.2/comments.php on line 35

コメントを残す