香水のマナーを身につけるには?種類ごとの持続時間を知っておこう!

ちょっと気を張る場所へ、
お出かけすることになったので、
新しい香水を買ってみようかな。

そう思って香水売り場へ、行きました。
いろんな香りを試しているうちに、
ふと、ジャコさんのことを思い出しました。

ジャコさんは、以前、勤めていた会社の、
ベテラン事務員さんです。
 

なぜジャコさんと呼ばれていたのか?
その理由は入社したその日に、わかりました。

じゃ香の香水をつけていたからです。
いわゆるムスクというヤツです。

それがもう、ハンパない匂いなのです。
3m先からでも、ジャコさんが来た!
というのがわかるぐらい。

当時、私は新卒社員で、
ジャコさんは私の教育係でした。

なので、そばにピッタリ寄り添われて、
教えを受けることが多かったのですが、
とにかく、その時間の苦痛なことと言ったら!

キョーレツな匂いで頭がクラクラして、
何も頭に入らない。
ほぼ拷問に近いものでした。

 
しかし香りがキツすぎる点を除けば、
ジャコさんは、とてもいい人でした。

要領の悪い私に、我慢強く、
やさしく仕事を教えてくれたし、
ランチもたびたびご馳走になりました。

なまじいい人だけに、香りのことを意見しにくい
周囲もそんな感じで、気の毒ながら、
彼女は裸の王様状態に…。

なにごとも度が過ぎると、
逆効果になる、ということを、
まさに身を持って学んだ日々でした。

 
しかし、彼女はいったい、
どういう香水の付け方をしていたのか?
今となっては、どうも気になります。

私も決して人のことは言えない、
適当に香水を使っている派なので、

新しい香水も買ったことだし、
香りのTPOについて、
少し調べてみることにしました。

スポンサーリンク

香りの仕組みってどうなってるの?

香水の成分は
香料、アルコール、水です。

この成分のうち、
香料とアルコールには、
揮発性があります。

 
この揮発性を利用して、
空気中に香りを飛散させます。
これが香水の仕組みです。

また、3つの成分のうち、
香料の割合が高いものほど、
香りの持続時間が長くなります。

この香料は、ひとつの香水に数十種類
多い時は百種類以上も、調合されています。

 
そのため、揮発性の高い香料から、
空気中に飛散していくことになるので、

ひとつの香水にもかかわらず、
時間の経過に従って、
次の3段階に香りを変化させていきます。

  1. トップノート
  2. 付け始めて10分程度の香り。
    すぐに消えてしまうため、
    この段階で香りを決めない方がいいでしょう。

  3. ミドルノート
  4. 付け始めて30分~2時間程度の香り。
    その香水の本来の香りともいうべきもので、
    ここを基準に香りを選ぶのがベスト。

  5. ラストノート
  6. 付け始めて2時間~12時間程度の香り。
    香水の残り香となるものです。
    甘くて少し重い感じの香りになります。

こうして見てみると、香水をつける時は、
やはりミドルノートを基準にして、
30分ぐらい前につけるのがいいようです。

スポンサーリンク

香水はどこにつければいい?

さて、このように香りは、
表情を変えながら、その揮発性を利用して、
香りを下から上へと発散させます。

そのため、つける場所は、
体温が高く香水が蒸発しやすいところ
いいとされています。

 

具体的に挙げると、
華やかに香りを出したいときは、
手首、肘裏、お腹などの上半身に。

一方、上品に香らせたいときは、
膝裏、足首などの下半身が、最適でしょう。

一方、脇の下は汗腺があるため、
香水をつける場所としてはNG
汗と混じって香りが変わってしまいます。

香水には4種類ある!種類ごとの持続時間

香水は、大まかに言うと、
4種類に分けられます。

これを持続時間でランク付けしてみると、
次のようになります。
カッコ内がおおよその持続時間です。

  1. パルファン(持続時間:5~12時間)
  2. パルファン」とは、
    フランス語でズバリ、
    香水」という意味です。

    もともと香水とは、
    このパルファンだけを、
    指していたのだそうです。

    どのメーカーも、値段は最高ランク
    まさに香水のなかの最高級品です。

    香料濃度も15~30%と高く、
    水はほとんど入っていません。
    原液に近い感じです。

    そのため、くれぐれも、
    つけすぎに注意です。

    ほんの1、2滴で充分。
    点でつける感じです。

    他の香水の容器が、
    すべてスプレータイプなのに対し、

    パルファンだけは、
    フタが栓になっている、
    フラコン」と呼ばれるものです。

    このフタ栓にパルファンをつけ、
    チョン、と置く感じでいいんです。
    こすったり伸ばしたりはNGですよ。

     

  3. オードパルファン(持続時間:5~7時間)
  4. 香料濃度は10~15%
    パルファンよりは、
    多少あっさりしています。

    オード」または「オーデ」とは、
    フランス語で「水の」という意味です。
    訳せば「香水の水」ですね。

    つまり「オード」とついた時点で、
    水で希釈されている割合が高い、
    ということなんです。

    そのため、当たり前ですが、
    パルファンよりは、
    純度が低くなります。

    ただ、それでも決して低い濃度ではないので、
    やはり、身につける時は注意が必要です。

    つける時は、30cmぐらい離して、
    スプレーします。近すぎるのはNG

    量はだいたい、
    1~2プッシュぐらいでしょうか。

    線を引くような感じで、
    フワッとかけるといいようです。

     

  5. オードトワレ(2~5時間)
  6. 香料濃度は5~10%程度。
    オードパルファンより、
    かなり軽い感じになります。

    オードトワレは、直訳すれば、
    化粧室の水」という意味です。

    つまり化粧室でのお化粧直しの時に、
    つける感覚で使える、といったところです。
    口紅を付けなおすような感じですかね。

    パルファン、オードパルファンが、
    お出かけ用のドレスなら、
    オードトワレは普段服という感じです。

    日常的にも使いやすく、
    普段の生活で使っても、
    さほどキツい匂いにはなりません。

    ただそれも、
    つけすぎないことが前提です。

    一回3~4プッシュほどを、
    やはり線を引くような感じで、
    つけること。

    香りはあまり長く持ちませんので、
    一日3回ぐらいに分けて、
    つけてみるといいでしょう。

     

  7. オーデコロン(1~2時間)
  8. コロン」とは、
    ドイツのケルンという地名の、
    フランス語読みです。

    ケルンが発祥の香水なので、
    ケルンの水」と呼ばれています。

    香料濃度は2~5%ほど。
    本当にわずかの間しか香りません。
    香りも濃くなく、爽やかです。

    それだけに、他の香水ほど気を遣わず
    5~6プッシュぐらいを、
    ひんぱんに振っても大丈夫。

    キツい香りが苦手な人や、
    香水初心者には、
    使いやすいタイプです。

    つけ方としては、
    面にプッシュするような感じで、
    ちょっと大胆につけてみてOK

    シャワーの後の、湿った肌につけると、
    少しだけ香り持ちが良くなりますよ。

おわりに

こうしていろいろ調べてみると、
香水も奥が深いものだなあ、
と思います。

例のジャコさんは、どうやら
ムスクのパルファンを、
大量につけていたのではないでしょうか。

1~2滴で充分なところを、
5滴も6滴も…そりゃあ匂いますよね。
 

でもよく考えてみると、
自分の匂いって、意外に、
自分ではわからないものかもしれません。

私だって、自分の汗臭さに、
気付かない時がありますしね。
(こういうのも女としてどうかと思いますが)

香りという、目に見えないものだけに、
自分ではチェックしにくい。

 
だからこそ、それを身につける時の、
エチケットやマナーは、
ちゃんと把握しておかないとダメなんですね。

ちなみに、ジャコさんは、
私が入社して5年目に、
定年退社されましたが、

辞めてからも、彼女のデスク周りには、
ムスクの残り香が、
しばらく漂っていたものです。

そういう意味では、ジャコさんは、
強烈な存在感を残すことに、
成功したとも言えるのでしょうが、

やはり過ぎたるは及ばざるが如し。
つけ過ぎた香水は、
もう芳香ではないのです。

いまでも街でムスクの香りを嗅ぐと、
ジャコさんを思い出します。


 
スポンサーリンク

こんな記事も読まれてるよ!

コメントを残す