癒し系の女性になる方法とは?決め手は聞き手に回ること?!

「ねえ、私ってうるさい?」
仲良しの友人が、私にそう聞いてきたんです。

 
「話したいことがたくさんあるの、聞いて。」
と、友人から食事に誘われた時の一幕。

昔から、私たちの仲間内ではリーダー的存在の
彼女を、私はうるさい、とは思ってません。

 
というのも、付き合っている彼氏とケンカを
した時に、あることを言われて以来、すっかり
落ち込んだ様子なんです。

友人の彼氏曰く
「何でもできちゃって、まるで上司みたい。」

要は、窮屈で癒しが足りない女だって、言われた
そうなんです。

確かに、そういうところはあるけど、私たち
女性とすれば、頼りになっていいんだけど。

やっぱり男性目線とは違うんですよね・・・。

何とか友人の助けになりたい!
どうしたら、癒し系女子になれるの?

 
男性にとって、ホッとするような女子になる
方法を調べてみましたよ♪

スポンサーリンク

聞き役に徹する

自分の話に興味を持って聞いてくれるのは
男女を問わず、嬉しいものですよね。

「それでどうなったの?」など、会話が
自分が主導で進んでいくのは、気持ちのいい
ものです。

自分の話を受け入れてくれている、という
満足感を与えることができるんですよ。

とりとめのない話でも、この女性ならば
聞いてくれる、という安心感が芽生えます。

愚痴や言い訳も、黙って最後まで聞いて
くれる女性って、いいですよね。

しかし、男性との会話の中で女性側の方が
「ん?これは違うんじゃないの?」
という場面もありますよね。

この時も、男性の主張は最後まで聞きます。

話の途中で反論されたり、シャットアウト
してしまうと、不満が溜まります。

最後まで聞き入れることで、ストレス
発散できるんですね。

スポンサーリンク

助言は控えめに

男性は、悩みを聞いてもらいたい気持ちが
ある一方、アドバイスをされるのは嫌がる
人が多いんです。

自分の悩みは、自分自身で解決したい
という気持ちが大きいんですよ。
 

悩みを打ち明けた女性に、頑張られると
ストレスを感じてしまい、焦りの感情が
芽生えてしまいます。

悩みは聞くことに徹しつつ、他の話題に
切り替えて、明るく振る舞いましょう。

ダイレクトに元気づけるより、さりげない
優しさや気遣いに、男性は癒され前向き
気持ちになるんですよ。

 

感謝の気持ちを伝える

男性に対して、どんな小さなことでも
ありがとう」の気持ちを言えることが
大切なんですよ。

人に感謝されると、誰でも心が温かく
感じるものですよね。

「ありがとう。」と、笑顔で言われると
その笑顔が相手にも伝染します。

男性は、女性に対して優しくするのは
当たり前、なんて態度をとっている女性は
やっぱり嫌ですよね。

男性にしてもらって嬉しかったことを
素直に表現できる女性に、男性は信頼感を
感じます。

この女性は信じていいんだ、無意識に
安心感や癒しを感じるんですね。
 
 

頼り上手になる

何でもかんでも、自分できてしまう女性は
完璧であるがゆえ、隙が無い印象を与えて
しまいがちです。

男性は、女性に頼りがいにされるのが
嬉しいものなんです。

女性ができないことでも、男の自分なら
できる、と、要は格好つけたいんです。

時に、女性ができないことに助け舟
出してくれることもありますよね。

意地を張ってしまいシャットアウトすると
気が強く意地っ張りな印象を与えます。

素直に頼ってやってもらいましょう。

そして、笑顔で感謝の気持ちを伝えると
バッチリですよ。

 

感情の起伏を穏やかに

「今日の彼女の機嫌はどんな感じかな?」

と、男性に気を遣わせてしまうのは、
ストレスの原因になります。

自分は悪くないのに、相手のご機嫌を
伺いながら接するのは、辛いものですよね。

感情の起伏が激しいと、周囲を振り回す
こともあります。

周りの人への気遣いが無いように見られて
しまうので注意しましょうね。

いつもフラットな感情でいると、男性に
安心感を与えることができます。

相手の感情に気を遣うのは、疲れます。
大らかな気持ちでいるようにしましょう。

 

まとめ

友人曰く、甘え下手で自分で何でも
解決しようとしてしまうんだとか。

彼氏が間違っていると、正そうとして
強く反論することもあるんですって。

癒し」からは、真逆な立ち位置に
いる友人なんです。

気が強いのは元々だし、それを知った上で
付き合ってるんだと思ってたのに、と。

でも、その時期に仕事で行き詰っていた
彼氏と些細な事でケンカになってしまい
言い過ぎた、と言っていました。

「もっと、話を聞いてあげればよかった。」

と、色んな場面を思い出して後悔しきりの
友人でしたが、今日から変わる、とのこと。

 
まずは、相手の話を最後まで聞く努力を
してみる、と決めたようです。

少しの気遣いで、相手の心もほぐれて
いい関係になるんじゃないのかな、

そう私は思っています。


 
スポンサーリンク

こんな記事も読まれてるよ!

コメントを残す