芳香剤を手作りしたい!重曹を使う方法とは?

この前、友達の家に遊びに行くと
人の家の独特な匂いがせずに
いい匂いがしました。

なぜこんなにいい匂いがするのかは、
友達は部屋に手作りの芳香剤
置いてあるからです。

その芳香剤は、重曹を使っていて
香りをつけるためにアロマを入れています。

可愛い入れ物に入って
インテリアのようでした。

そこで私も芳香剤を手作りしたい
と思い、重曹
を使って
作ってみることにしたのです。

スポンサーリンク



重曹で作るアロマ芳香剤

重曹を使ってアロマ芳香剤を
作ることができます。

材料は、ビンなどの容器、
重曹、お好みのアロマオイルです。

 
作り方は、簡単
まずビンに7〜8割重曹を入れます。

次にお好みのアロマオイルを5〜7滴いれて
スプーンで混ぜたら出来上がりです。

重曹の量によってアロマオイルの量を
調整しましょう。100gの重曹に対して
10〜20滴のアロマオイルがオススメです。

 
アロマオイルは、消臭、抗菌効果
あるものがオススメ。

レモンやレモングラス、グレープフルーツ、
ペパーミント、ティーツリー、ユーカリ、
サイプレス、ラベンダーなどです。

1種類だけではなく、何種類かを
組み合わせて香りを作るのもいいですよ。

 

万が一、容器をひっくり返した時に
中身が出ないようにガーゼなど
薄い布で入り口を覆っておきましょう。

中にはこの芳香剤にアレンジ
加えている人がいます。

ビーズを上に並べたり、
造花を置くなどトイレや玄関などの
インテリアにしてもいいでしょう。

スポンサーリンク



重曹アロマ芳香剤の使用

手作りの芳香剤は、臭いが気になる
ところに置く
のがオススメです。

例えば、気をつけていても臭いが
こもってしまう下駄箱は消臭効果がある
芳香剤が臭いを消してくれます。

 
また、靴の消臭にもぴったりです。

使わなくなったストッキングに
重曹をいれて、そのストッキングを
靴の中に入れ一晩置きます。

そうすることで靴のケアになりますし、
自分好みの香りを楽しめます。

玄関に置く場合は、虫よけ効果のある
アロマを置くことをお勧めします。

市販の虫よけは子供が使えないもの
があるので虫よけになるアロマを選んだ
方がいいですね。

虫よけ効果のある香りは、
レモンユーカリや、シトロネラ、
ゼラニウム、レモングラスです。

これらの香りを使うと虫が
入ってこなくなると思います。

トイレや冷蔵庫の消臭効果

容器があればどこにでも置くことが
できます。容器は口の広いもので蓋には、
ガーゼなどの通気性の良いものを使います。

ジャムの空き瓶や紙コップ、
プラスチックの容器で大丈夫です。

消臭効果は、2から3ヶ月なので
それを目安に取り替えましょう。

 
入れ物に入った重曹から
ひとつまみ取り、直接便器にふりかけます。

そうすることでトイレ掃除をすることができます。
サニタリーボックスの中にもふりかけると
消臭効果が発揮されます。

サニタリーボックスに入れる場合は、
袋の中に入れてサニタリーボックスに
入れましょう。

 
冷蔵庫の消臭にも効果的で
においをとりたいときに
重曹が大活躍します。

入れ物に入れておくだけでもいいですが、
こぼしてしまった汁を拭き取る時は、
重曹水を使うとキレイに拭き取れますよ。

玄関やリビングの消臭効果

他には、臭いがこもりがちな靴箱に置いて
おくことができます。重曹を入れた容器を
靴箱の一番下の奥に置きましょう。

嫌な臭いがなくなり、
爽やかになるので玄関に置くと
気分が良くなりますよ。

 
リビングの生活臭は食べ物や部屋干し、
ペットの臭いなど様々な臭い
混ざっているので気になりますね。

重曹を入れた容器をリビングに
置いておくだけです。アロマオイルを
お好みで入れてください。

ラグやカーペットに直接ふりかける
消臭効果が上がります。

時間が経ったらホコリやゴミと一緒に
吸い取ってしまいましょう。

香りを変えたくなった時

手作りの芳香剤を使うならばいろいろな
香りを試してみたいですよね。

今まで使っていたものを捨てるのは
とてももったいないです。

使い終わった重曹は、お風呂に入れて入浴剤
代わりに使うと肌がツルツルになります。
敏感肌の人は注意しましょう。

他には、掃除やボミ箱の消臭など
いつもの重曹のように使うことが
できるので安心です。

まとめ

友達に芳香剤の作り方を教えてもらい
早速作ってみました。

香りはレモングラスの香りにしました。
爽やかな香りが好きなので
この香りは気に入っています。

トイレやお部屋の芳香剤として
使っています。いい匂いがすると
気分が良くなるのです。

芳香剤としていろいろなところに
置く
ことができるのでたくさん
使いたいと思います。

スポンサーリンク

お気軽にコメントをどうぞ♪