電池の正しい保管方法!冷蔵庫がいいってホント!?

先日、遊びに行った親戚の家で、
冷蔵庫を開けて驚きました。

 
なんとドアポケットに乾電池が!?

 
叔母に理由を尋ねてみると、
こうしておくと長持ちするのよ。
とのこと。

私には初耳の説でした。
そんな保管方法、ほんとにあるの!?
半信半疑でしたので、調べてみました。

スポンサーリンク



電池の性質

乾電池は、
高温多湿に弱い性質と言われています。

高い温度の環境だと、
自然放電が活発になると考えらるからです。

 
電池が弱くなってきたとき温めると復活する
という話も聞きますが、これも高温により
放電が活発になるという説からです。

また、気温の高い場所に置いておくと
液漏れなどのトラブルの原因になることも。

このため、「冷蔵庫に保存しておくと良い
と言われていた時代は、
ちょっと昔に確かにあったようです。

スポンサーリンク



冷蔵庫保管、ほんとにいいの?

確かに電池を低温で保管すると、
自己放電が弱まる
ため、
長持ちするようにも思えます。

放電しやすくてすぐ使えなくなってしまう
昔の乾電池には、冷蔵庫保管による
幾分の効果はあったかもしれません。

 
ところが、現在の電池は進化しています

放置しておいても自己放電はほとんど
しなくなった
ため、冷やして寿命が
長くなるようということはありません。

それどころか、冷蔵庫で保管することの
弊害の方が大きい
のです。

 

電池を冷蔵庫で冷やすと、
取り出すときに外気との温度差によって
結露
します。

その水分によって錆びたり、
液漏れが発生
することもあります。

そのまま使用すると機器がショートして、
故障
してしまったり、電池そのものが
破裂する危険
もあるのです。

また、冷え切った電池は
放電しにくく
なっていて、
ある程度常温に戻さなければいけません。

電池の正しい保管方法は?

現在の電池の保管は、
常温の環境でじゅうぶんです。

適度に乾燥した涼しい場所がよいでしょう。
乾燥し過ぎていたり、湿気のあるところには
置かないようにしましょう。

 
また、使用する場合は、
液漏れなど異常がないことを
必ず確かめ
ましょう。

 

古い電池と新しい電池、混ぜると危険?

買い置きの電池が足りなくて、
つい古い電池と新しい電池を混ぜて
使ってしまうことも。

でもこれ、
実はとても危険なことなのだそうです。

 
新しい電池と古い電池を一緒に使うと、
古い電池の中で化学反応が急激に進み

それによって生じたガスの圧力で電池が
破裂したり、液漏れを起こしてしまう
危険がある
のだとか!

けれど取り替えようとして、
どっちが新しくてどっちが古いのか、
わからなくなってしまう
ことはありますよね。

 
実は古い電池と新しい電池、
簡単に見分ける方法があります。

マイナス面を下にした電池を、
3センチほどの高さから落としてみます

するとキレイに立つもの
倒れてしまうものがあります。
後者は使用済の電池です。

使用済のアルカリ電池は、
マイナス面が膨張して、歪んでしまいます

このため、わずかな高さから落としても
きちんと立つことができないのです。

 

最後に

調べた情報を叔母に提供すると、
「え?そうなの」と驚いた様子。

長年これが正しいと信じてきたこと
ですから、認識を改めるのも
たいへん
ですね。

考えてみると身のまわりに、
何の疑問もなく昔の習慣を続けていること、
よくあります。

知らないうちに身の回りのものが
進化している
、というのは
よくある話。

これ、ほんとかな?と、
時々見直してみることが
大事
かもしれません。

スポンサーリンク

お気軽にコメントをどうぞ♪