昼食を節約!おにぎりはメリットがいっぱい♪

毎日の昼食代、結構お金がかかります。

 
2ヶ月前に営業職に配属され、意外でしたが
自分には向いていることに驚いています。

仕事は、割と調子もいい感じなのですが
お財布事情には頭を悩ませているんです。

 
私は、1日の大半を車で外回りをするため
昼食はほぼ外食なんです。

できる限り、昼食代は抑えているのですが
やっぱりお金がかかります。

おまけに体重も増えちゃいました。

 
お弁当を作ればいいじゃん、と同僚に言われて
実行したものの、私にはスキル不足でした。

節約のためとはいえ、時間がかかり過ぎて
お恥ずかしながら、断念しました。

外食するよりはと、コンビニのおにぎりを
買ったりもしますが、ふと思ったことが。

おにぎりを作って行けばいいんじゃない?

 
昼食をおにぎりに変えて、節約しよう!
どんなメリットがあるのか調べてみましたよ♪

スポンサーリンク

おにぎりは昼食向き!

今までの昼食メニューを考えてみると、
ラーメン・パスタ・うどんに丼ぶりなど。

できるだけ昼食代を抑えたい気持ちが
大きいですよね。

 
となると、優雅に定食屋やセットランチ
なんて毎日食べられません。

私、女性ですが、すっかり一人で牛丼とか
平気になっちゃいました。

しかし、こうやってメニューを並べてみると
昼食って炭水化物の塊だったりします。

炭水化物は腹持ちがいいので、午後の分の
エネルギーを確保できてるんですよね。

これを機会に、外食は止めて節約するなら
お手製おにぎりがおすすめですよ。

炭水化物なので、理屈は同じことですよね。

おにぎりにするメリットは、腹持ち加減だけ
じゃないんですよ。

スポンサーリンク

おにぎりのメリット!

何と言っても、手作りおにぎりは安いです。
おにぎり3個でも、100円かからないんです。

おにぎり3個で、大体お茶碗2杯より少し
多めの量なので、男性でも十分な量です。

おにぎりだけでは物足りないなら、汁物
一緒に食べても、十分節約できますよ。

 
コンビニで、カップスープやみそ汁を買って
せいぜい200円ほどの追加です。

とことん節約するなら、スープジャーなどに
みそ汁やスープを入れて行くのも手ですよね。

また、おにぎりを作るのに、そんなに時間
必要ありません。

 
お弁当を作ることを考えれば、楽勝ですね。

帰宅した後、洗い物をする手間もないので
その分楽できますよね。

そして、おにぎりは冷凍保存できるんです。

時間のある時に、おにぎりをたくさん作って
おき、冷凍しておきます。
 

毎朝、作り置きして置いた冷凍おにぎりを
レンジで温めて持っていきます。

冷凍おにぎりにする場合は、いつもよりも
軟らかめに握っておきます。

冷凍すると、米粒が固まりやすくなるので
レンジで温めてから、もう一度握り直す
美味しいおにぎりになりますよ。

 

まとめ

昼食をおにぎりにして、大体100円の経費

そこに味噌汁や飲み物を付けても、
200円の追加です。

1食分が300円で1ヶ月の昼食代は、計算上は
6,000円程度になりますよね。

 
これは、かなりの節約になりますね。

ただし、昼食はおにぎり、と炭水化物に偏り
がちになるので、夕飯には主食を食べない方が
ダイエットにはいい、とのことですよ。

私は、おにぎりが大好き!
おかずを具にするのも美味しいですよね♪

最近はやりの、握らない「おにぎらず」も
ラップで包むだけなので、簡単ですよね。

こうやって考えると、おにぎりランチも
バリエーションがありそうですね♪


 
スポンサーリンク

こんな記事も読まれてるよ!

コメントを残す