太陽から惑星までの距離!一番近くてもこんなに離れてるの?

宇宙に関する話題は、たびたび世間を
賑わせています。

探索機はやぶさや、火星の生命探査など、
色々ありますね。

冥王星が太陽系から外された、なんて事もありました。

では、そもそも太陽系の広さや距離って
どんなものでしょう?

スポンサーリンク

太陽ってこんなに遠い!

 
太陽系で、太陽から一番近い惑星は、ご存知ですか?

水星、金星、地球、火星、木星、土星、天王星、
海王星の順番で近く、後ろになるにつれ
徐々に遠くなって行きます。

solar-system-11111_640

ではこの中で、太陽に一番近い惑星である水星が、
太陽と実際には、どれくらい離れているかを、
わかりやすく、距離をkmで表してみます。

 
想像出来るでしょうか?

 
なんと、約57,910,000km にもなります。

 
桁が多過ぎて、想像が出来ない方が、殆どでしょう。

参考までに、地球一周の距離を記しておきますと、
約40,000km です。

スポンサーリンク

では太陽から地球までは、どれくらいになるか。

こちらは 約149,600,000km という数字ですから、
もはや、遠過ぎてよくわかりません。
 

こんなにも遠いのに、地球をしっかり照らす太陽は、
なんと、地球の109倍の大きさです。

だからこそ、この距離を超えて、光が地球まで
届くんですね。

 
ちなみに一番遠い海王星ですと、
約4,497,070,000km

昔はその更に離れた所に、冥王星がありましたが、
残念ながら、太陽系の惑星とは構成する物質の違いで

外され今は海王星が一番、太陽から遠い惑星となりました。

 
そして、地球から一番近い惑星である火星でも
地球からは 約78,338,770km も離れています。

火星は火星探査機を打ち上げて、調査をしていますね。
探査機ならば、約780日で行けます。

 

※ちなみに、
 他の惑星から太陽の距離も書いておきますね。

金星…約108,200,000km
火星…約227,940,000km
木星…約778,330,000km
土星…約1,426,980,000km
天星…約2,870,990,000km

 

スペースシャトルで太陽まで何日くらい…!?

 
iss-11114_640

太陽系の、広さと遠さがわかった所で、
次に惑星間、あるいは太陽に行くまで、
日数にして、どれくらいかかるか見てみましょう。

 
スペースシャトルの、飛行速度はご存知ですか?

国際宇宙ステーションに行くシャトルは、
上空 約400km を漂うそこに辿り着くまで、
片道2日かかります。

 

そのスピードですと、一番遠い太陽へは、
約7年
と言われています。

たった7年? と思われるかも知れませんが、
今のシャトルでは、太陽まで飛行が出来ないので、
実際の到達はまだ叶わないんですね。

 

一番近い火星までなら行ける!?

space-shuttle-992_640

では、一番近い火星までですが、
どのくらい時間がかかるかは、上記の通り約2年です。

しかし有人飛行となると、
距離以外にも、大量の放射線などの問題があります。

 
それに、宇宙飛行中の人間のメンタルケア
メンタルケア? と思われるかも知れませんが、

出かけることも出来ず、狭い部屋に閉じ込められて、
自分だったら何日くらい耐えられるか、考えて下さい。

 
国際宇宙ステーションに、滞在する宇宙飛行士でさえ、
それは大きな問題となっています。
 

しかし宇宙旅行は昔から叫ばれている、人類の夢の一つ。
アメリカのオバマ大統領も、2030年代までに
火星への有人飛行
を、明言しています。

いずれ夢を叶えて、快適な宇宙旅行が出来る日がくる事、
信じたいですね。


 
スポンサーリンク

こんな記事も読まれてるよ!

2 Responses to “太陽から惑星までの距離!一番近くてもこんなに離れてるの?”

  1. こちらのサイトが参考になるかと思います。

    http://photon.sci-museum.kita.osaka.jp/question/text/distance.html

コメントを残す