健康の為に大豆が良いの?その効果とは!

大豆が健康にいい事は、聞いた事がありますね。

では、その大豆がどんな風に健康にいいのかは、
ご存知でしょうか。

スポンサーリンク

健康にいい成分は?
健康にって言うけど、具体的にどういいの?

それでは、一緒に見て行きましょう。

soybeans-182295_640
 

大豆の栄養成分はこんなにたくさん!

大豆は畑の肉、とも呼ばれていますね。
豆類の中でも、タンパク質の含有量がもっとも多く、

それ以外にもビタミンB1、B2、
カルシウム、カリウム、鉄なども有しています。

 
更にスゴイところは、
コレステロール値を低下させる
大豆レシチン大豆サポニン

ビフィズス菌を増殖させる、オリゴ糖
骨粗しょう症の予防になる、イソフラボンなども
含まれています。

※イソフラボンは、摂取量の上限が75mg/日と
 定められています。大体豆腐まるまる一丁、豆乳200mlを2本
 くらいが上限ですね。

 
また、大豆は脂肪分も多く含まれていますが、
その約85%が不飽和脂肪酸で構成されています。

スポンサーリンク

具体的にはどう健康にいいの?

一口に健康にいいと言われても、
抽象的過ぎて、わかりにくいもの。

具体的にどういいのかを、一緒に見ていきましょう。

 

・メタボリックシンドロームに効く
メタボリックシンドロームとは、
内蔵脂肪が多い状態です。

その為色々な生活習慣病に、かかりやすくなります。
糖尿病や高血圧動脈硬化などがあげられますね。

 
大豆には、レシチンなどの不飽和脂肪酸
多く含まれており、

この不飽和脂肪酸は、内蔵脂肪や血圧中の、
悪玉コレステロールを軽減させてくれます。

この不飽和脂肪酸は、体では生産され難い成分で、
外から取り入れる必要があります。

 

・疲労回復&ダイエットにきく
大豆がタンパク質を多く含むのは、上記の通りですが、
中でも大豆ペプチド、という成分があります。

この大豆ペプチドという成分には、
免疫力をアップさせる、アミノ酸が含まれています。
特に、アルギニンと、グルタミンですね。

 
このアミノ酸が嬉しい事に、疲労回復と、
代謝アップで、脂肪燃焼を促進してくれます。

ついでに、たっぷり入っているビタミンB2も
疲労回復にききますね。

 

・大豆で貧血改善
女性の方で常に貧血がち…という方を
たまに見かけます。

そんな女性にも嬉しい効果が、大豆にはあるんですね。

大豆に含まれるタンパク質、ビタミン、鉄などは
造血作用もあります。

 
貧血改善のレシピと言えば、その大部分が、
大豆が含まれている物が多いのも、この為ですね。

 

栄養満点の大豆!効果的に摂取するには…?

さて、大豆がとても栄養豊富な事は、わかりましたね。

次はそんな大豆の栄養を、より逃がさず摂る為に
どうしたらいいのかを、お話しします。

 
あなたは水溶性・脂溶性ビタミンと言う言葉、
聞いた事ありませんか?

 
大豆の栄養は、水や油に溶けてしまう物が多く、
水煮にするよりも、蒸した方が栄養の損失が
ずっと少なく
なります。

納豆も栄養の損失が少ないので、オススメですね。
納豆や大豆が苦手な方も、豆乳や味噌など、
加工した状態でもいいので、

健康の為には、大豆を是非摂りましょう。

347a890794828bc9f97cc414206ef344_s
 

昔から日本の食卓の定番である、この大豆。

色んな形で大豆を加工し、食卓を彩ってきたのは、
素晴らしい日本人の知恵ですね♩


 
スポンサーリンク

こんな記事も読まれてるよ!

コメントを残す