エアコンの電気代を節約!ドライは高いってホント!?

友人がこんなことを言っていました。

「暑くなってくるとエアコンが必須だけど、
 冷房ドライどうするのが
 電気代節約になるんだろうね?

たしかに、夏場のエアコンで、冷房とドライ
どちらをどう使うべきか、悩みますよね。

湿気をとったほうがいいのか
普通に冷房をかけたほうがいいのか……

今回はそれについて調べてみました。

スポンサーリンク



エアコンの冷房とドライの違い

まず、二つの違いから見ていきましょう。

エアコンの冷房機能とは、部屋の「温度」を
下げる
ことを目的とした機能。

ドライ機能とは、部屋の「湿度」を下げる
ことを目的とした機能です。

温度を下げたい場合は冷房湿気をとりたい
場合はドライ
、というように
使い分けていきましょう。

 

ドライ機能は実は二種類ある!?

エアコンのドライ機能ですが、実は
「弱冷房除湿」「再熱除湿」という
二つの機能があります。

ドライ機能を使うときは、この二つを
使い分ける
ことで、
さらに快適に過ごせるでしょう。

 
弱冷房除湿は、文字通り冷房を軽くかけ
部屋の温度を下げつつ、
湿度も下げる
機能。

再熱除湿は、部屋の温度を変えないで
湿度だけを下げる
機能です。

 
これも、場合によって使い分けが
できそうですね。

スポンサーリンク



一番電気代がかかるのは?

エアコンにかかる電気代、
気になりますよね。
運転の中でどれが一番高いんでしょうか?

「冷房」「弱冷房除湿」「再熱除湿」のうち、
一番電気代がかかるのは「再熱除湿」です。
次に「冷房」、「弱冷房除湿」となります。

ドライの中でも高くつくものと
安く上がるものがあるんですね。

 

さて、なぜ再熱除湿に電気代が
特にかかるんでしょうか?
その理由は各機能のしくみにありました。

  1. 冷房
  2. とりこんだ室内の空気の熱を取り除き、
    冷たくなった空気を室内に送る。

  3. 弱冷房除湿
  4. とりこんだ室内の空気を冷やして、水分を
    取り除き、冷えて水分のとれた空気を送る。

  5. 再熱除湿
  6. とりこんだ室内の空気を冷やして、水分を
    取り除き、冷えて水分のとれた空気を
    温めなおしてから室内に送る。

このように再熱除湿は、空気を冷やしながら
水分を取り除いたのち、温度だけ元に戻す
ため空気を温めなおしています。

その温めなおす分だけ、
電気代が多くかかってしまうという
わけです。
 

節約方法は?

とはいえ、どれも必要な機能。
肌寒い雨の日などに再熱除湿は大活躍します。

それぞれの機能を、その日の気温と湿度に
あわせて使い分けながら、電気代を節約
する方法を考えていきましょう。

 

電気料金プランを見直そう

電気料金プランは、時間帯によって異なる
単価設定
がなされています。

それらの電気料金プランの中から、自分の
電気使用状況にあわせて一番お得に使える
プランを選びましょう。

エアコンも含めて、一番電気をたくさん使う
時間帯
電気の単価が安いプランが
おススメです。

 

冷房とドライを使い分けよう

梅雨から夏にかけては、
気温や湿度に合わせて、2つのドライ機能と
冷房機能を上手に使い分けましょう

弱冷房除湿と再熱除湿、そして冷房。
賢く使って、電気代節約!です。

そのほかのマメ節約術

  • 自動運転でつけっぱなしにする
  • エアコンは、つけてから室温を設定温度まで
    下げるときが一番電気を使うんです。

    こまめにオンオフすると、そのぶん多く
    電気を使って電気代もかかってしまいます

    自動運転は短時間で部屋の温度を設定気温に
    してくれるため、ムダが少ないのです。

    30分くらいその部屋を離れるだけなら、
    つけっぱなしにしたほうがお得なんですよ。

  • 扇風機・サーキュレーターと併用する
  • エアコンと一緒に
    扇風機・サーキュレーターを回すことで、
    電気代を節約できるって、知ってましたか?

    エアコンの風向きは天井と水平に。
    扇風機・サーキュレーターは可能な限り
    天井に向けて回しましょう。

    ひんやりした空気がたまることなく
    循環するので、お安く涼しくなれます!
    これは冬の暖房でも使えるテクニックです。

  • フィルター掃除をする
  • エアコンのフィルターに汚れが詰まってると
    効きが悪くなるものです。

    フィルター掃除をすることでも
    夏の電気代を節約できます。
    2週間に1度を目安に掃除しましょう。

     

    まとめ

    エアコンのドライ機能には
    2種類あったんですね。

    その中で高くつくものと安く上がるものが
    あったというのは、新発見でした。
    友人にも教えてあげようと思います。

    私も、エアコンのフィルター掃除を
    してみようかな?

    スポンサーリンク

    お気軽にコメントをどうぞ♪