バスが遅延したら証明書はもらえる?遅延証明書のもらい方とは?

私が学生の頃、交通機関の乱れで
学校に遅刻した時、運転手さんに
遅延証明書を発行してもらったのです。

その日は天候も悪く、たくさんの人が
遅延証明書をもらっていたので
駅改札は混雑していました。

バスで学校に来ている友達は
遅延証明書を発行されなかった
と言っていたのです。

 
交通機関によって違うのかなと思い
バスで遅延した時の証明書の
もらい方
について調べてみました。

スポンサーリンク

遅延証明書って何?

遅延証明書とは、
バスや電車の遅れなどで会社や学校に
遅刻した時に提出するものです。

遅延証明証は何分から
もらうことができるのでしょうか。

バスに乗って遅刻した場合

路線バスに乗っている時に交通機関の遅れ
会社や学校に遅刻することもあるでしょう。

そうなった時、電車のように駅員さんから
遅延証明書を受け取ることができませんし、
諦めるしかないのかなと思ってしまいます。

実はバスにも遅延証明書があるのです。
どうすればもらうことができるのでしょうか。

スポンサーリンク

バスの遅延証明書をもらう方法

バスの遅延証明書をもらう場合は、
運転手さんからもらう方法か
営業所や案内所でもらう方法があります。

しかし、営業所に行かないと
もらえないのがほとんどですが、
営業所が近くにないと困りますね。

そのため遅延証明書をもらうことが
難しいと言われています。

どうしても遅延証明書が欲しい

どうしても遅延証明書が欲しい人は
営業所へ取りに行くことをお勧めします。

日時がはっきりして遅れた状況がわかれば
後からでも遅延証明書を発行できるのです。

営業所まで取りに行くのが大変な人は、
バスの運転手さんが持っている
可能性があるので聞いてみましょう。

高速バスの場合、各便に30分以上の
遅れが生じた場合に遅延証明書を発行します。
ネットで掲載されダウンロードができます。

掲載期間は、到着日から7日間となっています。
 

遅延証明書をもらえるのはバスだけではない

遅延証明書と言うと電車のイメージがありますね。
電車に乗っていて遅れてしまったという人も
たくさんいると思います。

電車の場合は、何分頃からもらうことが
できるのでしょうか。

 

何分遅れからもらえるのか。

いくつか鉄道会社を見てみると
JR東日本では、対象路線で
概ね5分以上遅れたものが対象で

JR西日本では対象時間帯に
概ね5分以上遅れた場合、

小田急電鉄は、運行が
5分以上遅れた場合、

京王電鉄は、5分以上
遅延時間が発生した場合、

西武鉄道は、運行が5分以上
遅れた場合に、10分単位に
切り上げて発行します。

全体的に見ると5分以上
遅れた場合に遅延証明書が
発行されるのですね。

中には運行時間帯によって
遅延長証明書が発行されないこともあります。

ちなみに24時以降は対象外です。
ほとんどの人が通勤時間帯に
必要になると思います。

 

遅延長証明書のもらい方とは

自分が乗っている電車にトラブルがあって
何分も遅れてしまい、
会社や学校に遅刻してしまった時

遅延証明書を必要になりますが、
どうすれば発行して
もらえるのでしょうか。

遅延証明書は、駅改札前や駅員さんで
受け取ったり、ネットや自動改札機から
発行する方法があります。

 

駅改札前で駅員さんにもらう

大きな遅延が発生した時に
駅員さんが遅延証明書を
配っていることがあります。

この時に受け取る方法があります。

また、5分程度だと遅延証明書は
必要にならないことがあります。
その場合は駅員さんは配布していないので

直接窓口に行き、発行してもらう
必要があります。

 

ネットや自動改札機で発行する

各鉄道会社のホームページで遅延証明書を
ダウンロードすることができます。
この方法で発行する人が多く、

過去の遅延状況もわかるので
必要になったときに便利です。

 
また、小田急電鉄が導入している
最新型の自動改札機では、
遅延証明書を発行できます。

通勤ラッシュの時は遅延証明書をもらう人で
混雑しますが、自動改札機で発行すると
時間短縮ができます。

 

これらのように遅延証明書のもらい方は、
いくつかあります。

駅員さんからもらう方法もありますが、
急いでいる時は、ホームページから
ダウンロードした方が早いかもしれません。

 

まとめ

友達は、学校帰りにバスの営業所に行き、
遅延証明書を発行してもらいました。

営業所に行けない場合は、
お客様センターに問い合わせて
FAXしてもらうことができます。

中には、バスが大幅に遅れた時に
遅延証明書ををもらうことができた人もいます。

バス会社によってもらえるのか、
もらえないのかわからないので、
降りるときは、運転手さんに聞いてみたいと思います。


 
スポンサーリンク

こんな記事も読まれてるよ!

コメントを残す