ユニバーサルデザインの建築!意味と将来像は!?

先日、駅のトイレを利用した時の事です。

キャリーバッグ等の荷物をいっぱい持って
いたので、多目的トイレを利用しました。

そこにはユニバーサルデザインという言葉が
書かれていました。

最近、「ユニバーサルデザイン」という言葉
を見聞きすることが多いな〜と思いました。

実際問題、建築業界におけるユニバーサル
デザインの意味って何だろうか?
それに、将来の展望ってどうなんだろうか?

などと考えながら、トイレを後にしながら
・・・そういえば、建築士の友人がいるのを
思い出しました。

スポンサーリンク



ユニバーサルデザインの建築って何?

ユニバーサルとは、日本語訳で、普遍的な,
全体の
という意味になります。

ユニバーサルデザインとは、高齢者や障害者
だけではなく、性別や年齢、国籍などを
問わず全ての人が使いやすい形状という事。

 
対象範囲が、バリアフリーよりも広いこと
からユニバーサルデザインはバリアフリーを
さらに発展させたものといえます。

この概念は、1980年代にアメリカの
ノースカロライナ州立大学ロナルド・メイス
が明確にしました。

ユニバーサルデザイン7つの原則

  1. 誰でも使えて手に入れることが出来る
    公平性
  2. 柔軟に使用できる(自由度
  3. 使い方が簡単に分かる(単純性
  4. 使う人に必要な情報が簡単に伝わる
    わかりやすさ
  5. 間違えても重大な結果にならない(安全性
  6. 少ない力で効率的に楽に使える(省体力
  7. 使うときに適当な広さがある
    スペースの確保

バリアフリーは、何らかの障害を持っている
人が対象なのに対してユニバーサルデザイン
は、あらゆる人を対象にしています。

スポンサーリンク



ユニバーサルデザインの将来展望は?

今後、ユニバーサルデザインのマーケットは
ますます加速していくことになります。

より多くの人が暮らしやすい社会をつくる
には、建築物や物のデザインだけではなく、
それ以外にも必要なことがあります。

 

たとえば、より多くの人に公平な情報
コミュニケーション、サービスを提供する
ユニバーサルサービスが必要だと思います。

よりよいサービスが求められているのは、
高齢者や障害者だけとは限りませんよね!

誰だって体調を崩すことはあるし、精神的に
苦しい時などにサポートが必要な時も
あります。

これからの社会では、ユニバーサルサービス
を進めていくことが求められていく時代
なっていきます。

ユニバーサルサービスは、いってみれば
ユニバーサルデザインのソフトの領域です。

そもそも人間には、様々な人と
コミュニケーションをとりたいという強い
願望があります。

これからの高齢社会には、物や建築物と
いったハードの側面に加えて、ソフトの領域
を充実させることが必要不可欠です。

 

さいごに

ユニバーサルデザインは、今のデザイン
業界では、切っても切れない考え方ですね!

ユニバーサルデザインによって、
あらゆる人が便利になる街作りをして行って
もらいたいと思いました。

今回、色々教えてもらった友人には、
一緒にご飯を食べに行きました。

彼は、とても喜んでくれました。

スポンサーリンク

お気軽にコメントをどうぞ♪