戦国時代の武将!?最強と最弱の武将って誰なの?

子供と戦国武将:真田幸村が主役のドラマを
観ていた時でした。

子供が、突然「パパあのね〜、戦国時代の
武将で最強と最弱の武将って誰なの?」と
言うのです!

私は、困って「う〜ん、最強武将は、
上杉謙信かな〜?最弱武将は〜??」と
言ったまま固まってしまいました。

子供には、正直に「パパは分からないので、
少し時間をちょうだいねっ」と答えました。

そうだ!戦国武将の事に詳しい友人が
いたんだった。

彼に、詳しく聞いてみよう!

スポンサーリンク



戦国時代の最強武将って誰?

戦国武将で個人として強かったのは、
まずは、馬場信春でしょう。

 
信春は、長篠合戦までに70回もの戦に
参加しながらかすり傷ひとつ負わなかったと
言われています。

この事から、「不死身の鬼美濃」という異名
で呼ばれています。

 
かすり傷ひとつ負わなかった武将としては、
本多忠勝も有名ですが、忠勝は、戦の数が
57回です。

最終的に戦死してしまったとはいえ、
戦の参加数を踏まえると馬場信春が、最強の
武将
といえます。

 
また、戦死をした戦である長篠の戦いでも、
武田勝頼を退却させるために殿を勤めて、
織田軍と戦い戦死をしています。

その様子を信長公記では、「馬場美濃守手前
の働き、比類なし
」と評価されています。

 

もう1人挙げるとすると、真田幸村
でしょうか。

「真田こそ、日の本一(ひのもといち)の
兵なり
」と徳川家康が遺した言葉が
あります。

関ヶ原の戦いで西軍に荷担した責任で、
九度山に謹慎させられた恨みを晴らすため

そして、自分の腕をかってくれた豊臣に恩を
返すため
に最前線で華々しい活躍を見せ次々
と敵を撃退
しました。

 
しかし、家康によって敗北に追い込まれると
引くも地獄進むも地獄という状況になり、
覚悟を決め、徳川本陣に突撃した。

スポンサーリンク



逆に最弱の武将って誰?

最弱の武将の候補としては、2人います。

まずは、大友義統(よしむね)です。

父・宗麟の代には、九州6カ国にまで広げた
大友家ですが、島津に敗れてからは旗色が
悪かった。

しかも、跡継ぎである義統が「不明惰弱
(ふめいだじゃく)」とまで言われる
出来損ないでした。

 
島津が豊後に侵攻してきた時、府内城を
捨てて逃げてしまう。

朝鮮出兵でも小西行長の救援要請を無視して
撤退して、秀吉に改易されるというなかなか
の逸材です。

しかし、西に義統あれば、東に天庵
(てんあん)ありといわれ、もう1人は、
小田氏春(うじはる)こと天庵です。

天庵は、関東の名家小田氏最後の当主です。

父の死後、家督を相続するが、結城正勝
破れ、城を奪われてしまいますが、和解に
よって城を取り戻します

 
次に佐竹義昭に攻められ、またも、城を失う
も、奪回
に成功します。

この時代は、定期的に上杉謙信が攻めて来ます。

 
結果、謙信に大敗をして城を負われますが、
降伏して返してもらいます

幾度となく城の奪回に成功しますが、
佐竹義重との戦いでは、一度は奪回に成功
するも、秀吉にすべて没収されてしまう

 

さいごに

武将の最強と最弱とを比較するとなかなか
面白いな〜と感じました。

子供にも、これをきっかけに、歴史に興味を
持ってくれたら嬉しいですね!

友人には、感謝の意味も込めて一緒に
居酒屋で、戦国武将の話を肴に
飲み会いました。

スポンサーリンク

1件のコメント

  • 匿名

    武田信玄は2度負けているから最強では無いと思います上杉謙信は負けてはいないんですけど能力では武田 信玄が勝っていると思います

お気軽にコメントをどうぞ♪