鮭の切り身の皮の焼き方♪皮には秘密の栄養が!

朝食の定番、鮭の切り身
白いご飯と相性抜群ですよね。
 

しかし、鮭の皮を食べる方は、
意外と少ないのをご存知ですか?

  • 見た目が嫌い
  • ヌメヌメ、ブヨブヨしている

などの理由で、皮だけ残す人って多いんです(>人<;)
 

でも実は、この鮭の皮、
ものすごいパワーを、秘めている食材なのです!
残すなんてもったいない!

スポンサーリンク



今回は、
そんな鮭の皮の秘密についてお教えします!
 

女性に嬉しい秘密の栄養!


鮭の皮の部分には、コラーゲンが含まれています。
牛や豚から採れるコラーゲンよりも、
体内への吸収率が高いのです。

そのコラーゲンが、肌の保湿力を、
アップさせてくれ、プルプル肌に!

純度も高いため、医療や化粧品の分野でも、
非常に注目の高い成分なのです。
 


皮のすぐ下の部分
(皮と身がくっついている部分)には
DHAやEPAといった、不飽和脂肪酸がたっぷり。

これらは、鮭の身自体にも、含まれています。

学習・記憶能力の向上動脈硬化や高血圧などの
生活習慣病の予防効果がある、と言われています。
 


さらに、カルシウムや、ビタミンB2などの
栄養素も含んでいます。
 


また、鮭の身には、
アスタキサンチンが含まれています。

このアスタキサンチンの抗酸化作用によって、
老化の原因となる、活性酸素を取り除き、
体内の細胞を、若々しく保ってくれるのです。
 

まさに、女性には嬉しい成分!

もともと栄養価の高い鮭の身と、
皮を一緒に食べると、まさに
女性には最高の食材なのです。

スポンサーリンク



美味しい皮の焼き方

そんな鮭の切り身を、
皮までまるごと美味しくいただくために、
手軽に、上手に焼く方法を、お教えします。

  1. フライパンを火にかける前に、軽く油を敷く
  2. 切り身の水気を、しっかりと拭き取り、
    皮の方を下にして、フライパンに乗せる
  3. まずは弱火にかけて、それから中火に
  4. 皮がパリッとしてきたら、ひっくり返す

 

クッキングシート薄く油を塗った
アルミホイル
をフライパンに敷いても、
こびりつかずに、きれいに焼けます。
 

また、魚焼きグリルを使用する場合は、
必ず予熱をして、網と庫内を、温めておきましょう。
 

いずれにせよ、水分はしっかりと
拭き取ってから焼いてくださいね。

身から出る水分は、臭みの原因となりますが、
水で洗うと、旨味も流れてしまうので、
キッチンペーパーなどで、拭き取ってください。

鮭の切り身は

  • 身が厚く、つやがあり、皮に光沢がある
  • 赤みの色がはっきりしている

この2点に注意して、選んでください。
 

たまに切り身の皮に、が残っている時がありますが、
鮭の鱗は柔らかいので、包丁の背で
鱗と逆方向に擦れば、簡単に取り除けます

 

鮭の皮の、ブヨブヨした食感がどうしても苦手
・・・という方は、
焼くときに、油を少し多めに入れてください。

揚げ焼きにすると、パリパリに仕上がりますので、
鮭の皮まで美味しく食べることができますよ。

1c87918c7bdb94310d6e31dc2deeec99_s

いかがですか?

もう、鮭の皮を残すなんて、
もったいなくて、できませんよね!

女性にうれしい栄養たっぷりの鮭、
気軽に切り身で、
皮まで美味しくいただきましょう!

スポンサーリンク

お気軽にコメントをどうぞ♪