コーヒーに当てられた漢字の「珈琲」について!由来はどこから?

コーヒーは、お好きですか?

私は、日に2杯から3杯は飲むコーヒー党
ですが、世間には日に8杯くらいは飲む
強者がいます。

それが、私の友人なのですが彼女はもう
コーヒーラブです。

 
そんな、コーヒーを愛してやまない
友人ですが、この間、ふと思いついたように
言ったことがあります。

「コーヒーをお店では珈琲と書くところが
あるけど、なんで、こんな不思議な漢字
なったのだろうか?」

と、まあ、コーヒーを示す漢字に興味
抱いたようでした。

私もコーヒーは大好きでしたので、興味が
あります。

 
今回は、コーヒーを珈琲と書くのはなぜ?
実はとっても深くて美しい由来だった

と、いうのをやっていきたいと思います。

スポンサーリンク



コーヒーが「珈琲」になる前

コーヒーは江戸時代、オランダから
商人が、カステラなどと一緒に持ち込んだ
と、言われています。

 
鎖国をしていた時代のことになりますね。

異国から伝わったこの、黒い液体
なんだかとても苦いのだが、どこかになる、
というのがきっかけでしょうか?

興味を持った日本人が、日本人にこの
黒い飲み物を紹介するのに、呼称に困り
色々と字を当ててみたそうです。

 
当時は、コーヒー、との南蛮語をカヒー
と、聞いていて、「可非」とか「可否
他に、見た目で「黒炒豆」と呼ばれました。

 
ですが、どれも日本で浸透することは
なかったと言われています。

深い意味もない当て字、これにすぎないから
親しみを持ってもらえなかったのでしょう。

まあ、可非とか可否と書かれても「なに?
と、思ったことでしょうしね。

 
かひじゃない、コーヒーだ!と現代人
主張してしまうかもしれません。

そう、考えると、江戸時代の翻訳家
あまり美的センスがなかったのかな?
と、思ってしまいましたが例外はいます。

幕末に活躍したある蘭学者が、今にも
親しみ深いあの「珈琲」を発案したのです。

スポンサーリンク



「珈琲」の誕生

これを考えたのが、宇田川榕菴という
学者さんで、うだがわようあん、と読みます。

 
カーヒーの当て字、これに「」と「」を
つけました。

「珈」という字には、髪飾りですとか
玉を垂れさげたかんざし、という意味が
あります。

一方の「琲」の字には、貫くとの意味が
あるそうです。

 

宇田川榕菴はなぜ、この漢字を使ったのか
というと、なんというか詩的と言いますか
風情のある表現だったようです。

一見、コーヒーとはなんの関係もなさそうな
漢字たちですが、榕菴はコーヒーの木を見て
この漢字を思いついたそうです。

コーヒーの木になっている、コーヒーの
コーヒーチェリーといいますが、実りの様が
ふと見た女性のかんざしに似ていたのです。

なので、榕菴はこの「」の字をコーヒーの
実であるとし、片割れの「」をかんざしの
飾りを貫いて留める紐、と言いました。

 
この漢字の組み合わせは、とても幻想的
美しく、新しい発想だったためか
詩的なものを愛する日本に浸透しました。

それからは、私たちが普段目にすることも
多い、あの「珈琲」が根強くなり、他の
漢字に取って代わられなかったようです。

 

おわりに

コーヒーの当て字の漢字、いかがです?

 
調べてみるまでは、知らなかった漢字の
奥深さを改めて知った気分になりました。

いや、面白いですね。

「へー、コーヒーチェリーと髪飾りか
それは、すごい発想力だね。

私もコーヒー飲み続けたら、そんな
発想が湧くかな?」

発想とコーヒーに直接の関係はないとは
思いますが、友人にはまあ、頑張れ?
と、言っておきました。

 
コーヒーの漢字の由来について
昔は、色々と漢字の候補があがった
と、言います。

あがりはしたようなのですが、最終的には
「珈琲」という、この形に落ち着きました。

漢字の由来も調べてみると、面白いもの
たくさんあるので、興味が湧いたなら
色々と調べてみると楽しいですよ!

私事ですが、ネットでも、辞書でも
調べると、色々と雑学が広がりますので
ちょっとした、暇潰しにおすすめです。

スポンサーリンク

お気軽にコメントをどうぞ♪