階段と子供の関係?家の新築で考えるべき事は?

この間、母からこんな話をされました。

今度、
母の友人が家を新築する事になったそうです。

その際、友人が階段をどの様に設置するかで、
悩んでいるとの話をされたとか。

どういう事かと言うと、
その友人には中学生と小学生のお子さんがいます。

その子供達とのコミニュケーションの関係で、
子供達と頻繁に顔を合わせる事が出来る、
リビング階段を考えているそうです。

 
しかし、旦那さんがリビングに階段があると、
安心してくつろげないと、反対しているそうです。

結局、意見がまとまらず、
未だ悩んでいるとの事でした。

 

その話を聞いて、思ったのですが、
リビング階段というものは、そんなにも、
子供との関係に影響するのでしょうか?

 
ちなみに、我が家も一度新築していますが、
階段は廊下にあります。

当時、私は高校生、次男は中学生、
末弟は小学一年生でした。

要するに、
全員これでもかと子供だった訳ですが、
特に親と疎遠になった記憶はありません。

 
正直、そんなにこだわる事ではないのでは、
と思いました。

それとも、リビング階段には、それ以上に、
子供とのコミュニケーションを親密にする、
効果があるのでしょうか?

気になったので、調べてみる事にしました。

スポンサーリンク



リビング階段と子供

最近では、家を新築する際には、
リビングに階段を設置するリビング階段が、
人気だそうです。

では、リビング階段には、
どの様なメリットとデメリットが、
あるのでしょうか?

 

メリット

メリットとしては、リビングに階段を作れば、
子供と接する機会が増えるので、
教育にいい
というものがあります。

確かに、二階に子供部屋がある場合、
リビングに階段があれば、
必ずそこを通る事になります。

親と子供の関係が、疎遠になりがちな現代、
少しでも子供との接触を増やそうと思うのは、
親としての人情かもしれません。

これの助けになるのは、
確かなメリットと言えるでしょう。

 
しかし、現実的には、
そういい事ばかりではない様です。

スポンサーリンク



デメリット

先にも言いました様に、リビング階段では、
子供は親の前を通らずに部屋に行く事は出来ません。

リビング階段推奨派の人は、
だからいいんじゃないか、と言うかと思います。

 
しかし、ちょっと待ってください。

コミュニケーションも大事ですが、
子供もまた、一人の人間だと言う事を、
忘れてはいけません。

学校で何かあり、それを、
親に隠したいと言う時があるかもしれません。

誰にも会わず、一人でいたい時も、
あるでしょう。

思春期の頃ともなれば、なおさらです。

 
リビング階段では、その様な情緒不安定の時、
に良くない状況を生み出してしまう
事も、
あると言います。

場合によっては、
それが過度のストレスとなり、
部屋から出てこれなくなる

 
つまりは、いわゆる「引きこもり」を、
誘発してしまう事もあるそうです。

親としては、
常に子供の事を把握しておきたい、
というのは確かな心情でしょう。

 
しかし、本当に幼い時ならばともかく、
ある程度、人格形成が出来た子供にとっては、
それが苦痛になる事も考えられます。

その他にも、リビング階段では、
大きくなった子供が友人を連れてくる際、
部屋に上げにくいといった事もありえます。

非リビング階段における子供とのコミュニケーション

子供は日々、成長していきます。
ついこの間までは親と世界を共有していても、
いつかは自分だけの世界を持つ様になります。

家を新築、あるいはリフォームする場合は、
親目線だけで決めるのではなく、そう言った、
子供の成長も考慮に入れるべきでしょう。

少なくとも、階段の設置場所の様に、
子供のプライベートに関わる部分は、
本人の意見を聞いてみるのもいいと思います。

 

ちなみに、先に言いました様に、
私の家は階段が玄関前の廊下にあります。

ゆえに、帰って来た時には「ただいま」を言い、
食事やお茶の時間等、家族の時間を取る事が、
自然と習慣になっていました

 
この様に、家族の触れ合いを作るのは、
階段の位置云々ではなく、
個々の心
だとも、思う訳です。

まとめ

延々と否定的な意見を述べてしまいましたが、
リビング階段にも、
先に述べた様なメリットはあります。

両親の共働きなどで、
極端に子供との触れ合いが少ない家庭では、
意味のある場合もある
と思います。
 

大事なのは、如何に子供の心情を、
汲み取った家造りが出来るかと言う事だと、
思います。

家族皆の思いを汲み取った造りに出来た時、
その家は本当の意味で、家族の憩いの場と、
なるのでしょう。

スポンサーリンク

お気軽にコメントをどうぞ♪