ステロイドってなに? 筋肉が落ちる危険性とは

オリンピックや運動選手のニュースを見ると
必ずといっていいほど話題にあがる、
ドーピングの話がありますね

 

私も中学の頃は運動部でしたが、
試合前には友達と会話の中で
ドーピングの話題がでました

なぜ薬を使ってまで……
身体を壊してまで……
と思いました。

友達と話しあったこともあり、
興味をもち、今回調べてみました!

 
そこで、今回はドーピングと
ステロイド剤による副作用と危険性
について解説していきたいと思います

スポンサーリンク



そもそもステロイドってなに?

テレビや新聞では聞くけど、
ステロイドって何?
という方も多いでしょう。

ドーピングするための薬、
といえばそうですが、
詳しくは以下の通りです。

 

ステロイドとは、
副腎(腎臓の上側にあります)から作られる
副腎皮質ホルモンの1つ。

 
ドーピングに使われる薬なのでは?

などという悪いイメージがついていますが、
正しく薬として使えば、
身体の炎症をおさえたり、
免疫力を抑制したりすることができ、

様々な疾患の治療に使われています
ただし、副作用もまだ多いため、
取扱いには注意が必要な薬でもあります

スポンサーリンク



アナボリックステロイド(筋肉増強剤)

ステロイドが大まかにわかったところで
運動選手や筋トレマニアの方が
よく使うとされているのは、
アナボリックステロイド(筋肉増強剤)です。

筋肉増強剤などともよばれ、
筋肉の増量、増強を目的とした薬です。

 
ストイックなスポーツ選手が
違反してでも使うくらいなのですから、
効き目は素晴らしいらしく、

短期間のうちに筋肉がついて、
スポーツにおける
パワーアップがのぞめるそうです。

 

短期間で筋肉のつく仕組み

アナボリックステロイドは、
その構造自体が
テストステロン(男性ホルモンの一種)
に類似しており、

体のタンパク質を
筋肉に変えるサイクルを
無理矢理促進させる効果があります

 
本来なら、テストステロンの作用で
緩やかに筋肉は増えるわけですが、

スポーツ選手にとっては一日でも
早く筋肉をつけ、結果を出したいわけで

つい、アナボリックステロイドを
使用してしまうわけですね。

ステロイド系の副作用

便利な薬である以上、
それ相応の副作用というものがあります。
 

ステロイド系の薬、
また、アナボリックステロイドにも
深刻な副作用があります。

 

身体的な副作用

  1. 肝機能の障害が起こる
  2. 発ガン作用
  3. 大量のニキビができる
  4. 高血圧になる
  5. 性機能の低下が起こる
  6. 前立腺の肥大

 

精神的な副作用

  1. うつ状態になる
  2. 常にイライラし攻撃的になる
  3. 人を信用できなくなる
  4. 自殺願望が芽生える

いかがでしょう。
医師のすすめなく、一般人が使うには
危険すぎる副作用ではないでしょうか?

こういった副作用からスポーツの世界では
使用が禁止されているわけですね。

本末転倒? 筋肉が落ちる

さて、上記のようにドーピングをしてまで
手に入れた筋肉。

 
競技でいい点数は取れたけれど、
最終的には引退して
運動をしなくなると、どうなるでしょうか?
 

ズバリ、筋肉が落ち始めます!!

副作用とまではいきませんが、
薬の作用と合わせて行っていた筋トレや
運動が現役時代に比べて減ってくると、

ステロイドで無理やりつけた筋肉は、
ガクンと落ちます!

 

さすがに病的にまで減ったり、
歩行不能になるまで落ちることはないですが

それでも、
今まで自分を支えていた力強い筋肉が
急激に落ちるとなれば

身体が支えられなくなって
苦労するかもしれませんね。

 

まとめ

今回調べた内容を、
冒頭の友人に話してみました。

 
すると納得してくれ、
ドーピングやステロイドの投与は
個人ではしてはならないとわかったようです。

 

結論としましても、
ドーピングやステロイドを
確かな知識なく扱うことはやめましょう。

 

私はスポーツをテレビの向こうから
しか観戦しないのですが、

それでも、選手が頑張ってとったメダルが、
まさか薬の効果によって
もたらされたものかと思うと、
裏切られたような気持ちになります。

プロのスポーツ選手でなくとも、
気軽に手をだしてよい薬ではないと思います。

 
上記のような記事で、
ステロイドの危険性や扱い方を
知っていただければ幸いです。

スポンサーリンク

お気軽にコメントをどうぞ♪