コインロッカーの期限切れの荷物!処分されてしまうの?

年末年始に、東京に遊びに行って来た、
職場の後輩たちの、失敗談です。

 
飛行機で行った為、浜松町駅近くのホテルに
泊まり、最終日のチェックアウト後、
荷物を、浜松町駅のコインロッカーに預けて、
最後の、東京観光に繰り出したそうなのですが。

羽を伸ばし過ぎて、飛行機の時間ギリギリ
なってしまった為、荷物を預けている事を
すっかり忘れて、帰って来たのです!

 

ロッカーの中身は、職場へのお土産や
自分たちの、着替えだそうですが、
預けてきたのは、4日前

よく、コインロッカーの張り紙で、
使用期限は、1回に付き3日以内
というのを、目にしませんか?

彼女達に荷物を、取りに行く時間ありません
こんな場合、荷物は泣く泣く処分されて
しまうのでしょうか?

 
私も、お土産が少し気になるし、何より、
荷物が心配で、仕事が手に付かない、彼女達が
気の毒なので、一緒に調べてみました。

スポンサーリンク



コインロッカーって何?

『いや、荷物を保管する物でしょ?』

そうなんですが、正確には、荷物を
『保管する物』ではなく、
保管する為に、貸している物』、なんです。

 
つまり、使用者は、コインロッカーを
借りている事を、忘れてはいけません。

空港のコインロッカーの、多くは
ロッカー管理会社が、管理しています。

ロッカー使用方法の、最後に必ず、
『その他、使用約款に従う物とする』等と
記載されています、普段は、気に留めませんが。

スポンサーリンク



期限切れの荷物はどうなる?

なので、使用期限切れた荷物は、
使用約款に従って、適切な処分
行われる事になります。

つまり、使用者は約款を読んで、使用した、と
解釈されるので、基本的に約款の処分内容に、
従う必要があります。

すぐには処分されない?!

では、『適切な処分って何?』って話ですよね。
ロッカーには、使用期限3日以内、と記載
されている事が多いです。

 
でも実は、その後、別の場所保管され、
その期間が15~30日と、意外と長いのです。
そう、すぐには処分されないのです!

なので、忘れた事に気づいたら、直ちに
管理会社に連絡すれば、基本的に
すぐには、処分されません

 
但し、次の場合は、荷物開封されたり、
処分される可能性があるので、ロッカーを
使用する際には、注意が必要です。

 

これだけは気をつけたい!

管理会社も、『管理』している立場上、
コインロッカーに、預けられる困るものを、
約款で、細かく定めています。

合法的な物であれば、以下のようなものです。

  • 現金、貴重品、パスポート、これらに準ずる物
  • 動物
  • 腐敗・変質しやすい物
  • その他、保管に適さない物

貴重品ペットを預ける人は、いないと
思いますが、例えば、お土産で賞味期限
短い物を、ロッカーに入れたりしないよう、

気をつけましょう。

これらは、期限切れの場合、また、期限内でも

確認の為、開封されるか、処分されます。
また、引き取られない場合は、管理会社の
保管料に、充てられることもあります。
 

また、時には、適切な処分、つまり
遺失物法の規定に従って、警察届け出る
可能性もあるので、こうなると面倒です。

 

さいごに

後輩たちの場合は、お土産が焼き菓子だった為、
すぐ連絡すれば大丈夫だろう、と思ったら・・・。

管理会社の連絡先が分からないので、まず
連絡してから、管理会社連絡しました。

遠方の為、引き取りに行けない旨を伝えたら、
特例として、着払いで送ってくれるとの事。

ただ、返送したり、料金精算したり、
本人確認の為に、身分証明書やその他書類を
送ったりと、手続き面倒だったようです。

 
コインロッカーに荷物を預けたまま期限
過ぎると、本当に面倒なので、預けた荷物は
絶対に忘れない事を、オススメします。

スポンサーリンク

お気軽にコメントをどうぞ♪