カフェインの含有量!コーヒーと紅茶と緑茶で一番多いのは?

仕事の合間に飲むコーヒー、最高ですよね。
お洒落なお店で飲む、紅茶、癒されます。
家族との団欒をとりもつ、緑茶、温まります。

 
でも、これらに含まれるのがカフェインです。
身近な飲み物だけに、気付かないうちに
中毒にならないか、心配でもあります。
 

自分が飲んでいる、コーヒーや紅茶、緑茶に
どれだけ、カフェインが含まれているのか、
また、一日にどれだけなら飲んでいいのか、

コーヒー愛好者の私には、切実な問題なので、
調べてみたら、面白い事が分かりましたよ。

スポンサーリンク



カフェインの含有量

イメージとして、カフェイン多い順番は、
断トツでコーヒー、続いて緑茶紅茶
と言ったところでしょうか。

では、実際にその通りなのか、豆や茶葉から
抽出した場合と、ペットボトルなど、
市販の一般的な商品を、紹介しますね。

 

コーヒー

カフェインをあまり摂りたくない、という方に
お勧めなのが、デカフェ、ノンカフェイン、
カフェインレス、等と言ったコーヒーです。

カフェインの含有量が、限りなくカットされた
コーヒーですが、含有量が0mgと言った
デカフェは無いようです。

種類 全体のカフェイン量 100ml中のカフェイン量
ドリップ150ml 90mg 60mg
インスタント150ml 86mg 57mg
デカフェ150ml 0.1~1mg 検出不可
ブラックコーヒー300ml(ペットボトル) 180mg 60mg
ブラックコーヒー185~190ml(缶) 93mg~159mg 50mg~86mg
カフェオレ190ml(缶) 76mg 40mg

ドリップコーヒーと、インスタントコーヒーは、
95℃位のお湯で淹れたもので、
150mlというと、マグカップ約1杯分です。

 
ドリップコーヒーは、コーヒー粉
フィルターで濾して、淹れたものです。

インスタントコーヒーより、少しカフェインが
多めですが、抽出時間粉の量などで、
カフェイン含有量は、異なります

 
市販の缶コーヒーでも、『無糖ブラック』と
謳っている物ほど、含有量は少なく

ブレンド』と記載されている物は、含有量が
多い傾向にあるようです。

スポンサーリンク



紅茶

最近は紅茶ブームで、色々な味の紅茶が
あるので、つい飲んでみたくなります。

種類 全体のカフェイン量 100ml中のカフェイン量
紅茶150ml(茶葉から抽出) 30mg 20mg
紅茶500ml(ペットボトル) 60mg 12mg
ミルクティー500ml(ペットボトル) 80mg~95mg 16~19mg

紅茶は、95℃位のお湯で抽出したものです。

コーヒーに比べると、含有量は少なめですね。
ただ、驚きなのが、市販のミルクティーの方が
ストレートより、多く含まれています。

これは、ミルクが入っている分、紅茶の香り
風味を出す為に、紅茶を濃くしているからです。

緑茶

種類 全体のカフェイン量 100ml中のカフェイン量
玉露150ml(茶葉から抽出) 240mg 160mg
煎茶150ml(茶葉から抽出) 30mg 20mg
緑茶500ml(ペットボトル) 50mg~65mg 10~13mg

緑茶は、95℃位のお湯で抽出したものです。

緑茶でも、煎茶、いわゆる普通の茶葉で
淹れたものは、カフェインの量は
紅茶とあまり、変わりません

 
ただ、玉露は通常、熱いお湯で、淹れません。
60℃位のお湯で、淹れた時のカフェイン量が
上記ですが、コーヒーより多いのは驚きです。

でも、お茶には脂肪の吸収穏やかにする等、
様々な効果があるので、お茶好きの方は、
上手く、組み合わせて飲むといいですね。

一日の摂取量

気になるのが、一日にどれ位まで
カフェインを摂取しても、大丈夫なの?
という素朴な疑問です。
 

カフェインによる中毒死、といった
事故も、実際に報告されています。

結論から言うと、日本では、食品のリスク評価を
行っている、食品安全委員会は、2016年時点では
カフェインの安全摂取量を、示していません

 
ただ、海外では基準が示されている国が
いくつかあるので、紹介しますね。

対象者 1日当たり悪影響のない最大摂取量 最大飲料換算(目安) 機関名
子ども(4~12歳) 2.5mg/体重kg/日 ミルクティー1本(500ml/本) カナダ保健省
子ども(5~12歳) 3mg/体重kg/日 緑茶2本(500ml/本) オーストラリア食品基準機関
健康な大人 300mg コーヒー3杯半 オーストリア保健・食品安全局
健康な大人 400mg コーヒー3杯半 カナダ保健省

各国でバラつきはありますが、子ども
1日35~110mg大人300~400mg位までだったら、大丈夫といった感じでしょうか。

 
甘いからと言って、幼児ペットボトル
紅茶を、一気飲みさせるのは、
危険なので、止めましょうね。

また、大人でも、コーヒーをよく飲む人は
紅茶や緑茶を、デカフェにするなど、
飲み方工夫するのも、大事ですね。

 

まとめ

まとめると、カフェインを一番多く含むのは
玉露、コーヒー、続いて紅茶と煎茶
、といった
結果になりました。

 
因みに、カフェインを摂りすぎているかも、と

気になる方は、カフェインは、水よりお湯
溶けだす性質を利用して、最初に抽出された
物を捨てる、という方法もあります。

または、水出しにするという方法もありますが、
温かい物を飲みたい時も、ありますよね。
やはり、加減して飲むのが一番かもしれません。

スポンサーリンク

Warning: Use of undefined constant お名前 - assumed 'お名前' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/lownews/low-news.net/public_html/wp-content/themes/refinesnow2-1.2/comments.php on line 31

Warning: Use of undefined constant メールアドレス(公開されません) - assumed 'メールアドレス(公開されません)' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/lownews/low-news.net/public_html/wp-content/themes/refinesnow2-1.2/comments.php on line 33

Warning: Use of undefined constant ウェブサイト - assumed 'ウェブサイト' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/lownews/low-news.net/public_html/wp-content/themes/refinesnow2-1.2/comments.php on line 35

コメントを残す