夢の宝くじ当選!税金はかからない?

誰もが一度は夢見たことがある高額当選
当たったら何を買おう、何に使おう。

または、
息子や孫に譲ろうかなと考える方も
いるのでは?

 
使い道は人それぞれですが、
みなさん同じように気になるのは、
「税金」についてではないでしょうか?

ちゃんと知っておかないと、
知らないうちに3億だった受取金が、
気づいたら翌年には半分しかない!

なんてこともありえるかもしれないのです!
 

なので今回は、
宝くじに当たった際の税金とその対処方法に
ついてご説明します

スポンサーリンク



宝くじに当選したら翌年から税金はかかるのか

買う前、当たる前から気が早いようですが、
そもそも、宝くじに当たると税金がかかるのか。

 
答えは「NO!」です。

宝くじは当選しても税金はかかりません。

宝くじは非課税です。

ですので、所得税も住民税もかかりません。
当選金額がいくらだろうが、税金はかからないのです!

なぜ税金がかからないのか

それは、
宝くじを購入している時点で
税金を納めていることになるからです。

 
宝くじを購入した場合、
例えば、300円のくじを10枚購入したとして、

その金額の約40%が、実は税金として
納められていることになるので、

結果、非課税なのです。

 

そのため、
翌年の住民勢も所得税もかかりませんし、

宝くじは当選した場合も
確定申告をしなくて良い、と法律で
決まっています。

(宝くじの法律である「当せん金付証票法」
にも【所得税は課さない】と書かれています)

 
ただし、以下にあるような
間違った受け取り方をしてしまうと、

税金で半分以上もっていかれてしまって、
結果取り分が少なくなる……

そんな悲惨な結果になるかも知れません

スポンサーリンク



所得税はかからないけれど……

例えば老後の楽しみとして、
買っていた宝くじが高額当選して、

「よし、孫達にでも譲ろう」
そんな風に考えたおじいちゃん。

 
ちょっと待ってください
確かに、所得税・住民税はかからないけれど、

譲ろうとした時には、
税金がかかってしまうんです!

 

え、どうして?
お金を渡すだけじゃない、
と思われる方もいるかと思います。

 
けれども、そこが難しいところで、
税金の名前を贈与税といいます。

これは、第三者に1年間の間で
110万以上のお金を渡すと、
渡された人に対してかかる税金なのです。

(最高で50%も税額がかかる時もあります)

 
これを知らずに、
親心や孫を思う気持ちで渡してしまうと、
結局受け取った時には半額以下……

なんてことにもなり得ます。
優しさが仇にならないように、
気を付けたいですね。

贈与税を回避するには

当選したら、親や子供にわけてあげたい
けれども、贈与税がかかるし
と、尻ごみしてしまう気持ちもわかります。

 
実は、この贈与税、回避する方法があります。

 
それが、『共同購入』です!
ようは、

買った人の枠の中に、
最初から譲りたい人をいれてしまえばいいのです。

宝くじは、共同購入する事によって、
「当選金を受け取る人全員で分配できる」
ようになるのです!
 

そうすれば、当たった後に
贈与税を取られながら譲り渡す必要は
なくなります

当選金を分配するとき、または、したい時は
「共同購入した」と言って
一人ひとりの名義で受け取りましょう。

 
ただし、税制法は常に改正されています。
しっかりとご自身で調べてから
手続きされることをオススメします

 

まとめ

高額当選なんて夢物語。
けれども、当たれば文字通り現金なもので、
ハイテンションになることでしょう。

自分もきっとそうではないかなぁ
と調べながら思いました。
 

一般的には税金がかからない。
そのために、購入者の多い宝くじかと思いますが、
当たれば取扱いの難しいものになるのですね

素人には法律までは難しいかもしれませんが、
少し興味を持って調べてみると、
また面白いのではないでしょうか。

スポンサーリンク

お気軽にコメントをどうぞ♪