献血の血液検査で健康診断?受けられる血液検査とは?

仲の良いママ友と
ランチに行った時の話です。
 
 
ママ友「最近、献血に行ってきたんだけと、
    血液検査もしてくれて、健康診断
    の代わりに良い
かも。」

私「そんなに良いの?」

ママ友「きちんと血液検査の結果も
    通知できて
、おすすめだよ。」

 
献血は若い頃に好奇心で1回だけ
したことがありますが、
あまり記憶にありません。

ママ友がおすすめしてくれる位、
本当に血液検査をしてくれるのでしょうか?

 
献血でしてくれる血液検査について
調べました。

スポンサーリンク



献血でしてくれる血液検査とは?

献血でしてくれる血液検査の項目は
どのようなものがあるのでしょうか?

 
献血で検査してくれる血液検査は、
大きく分けて、5つの項目で検査します。

血液型検査

  • ABO血液型検査
  • Rh+-型検査
  • 不規則抗体検査
  • HLAの一部の検査

ここでは名前の通り、
基本的な血液の検査などをされます。

スポンサーリンク



感染症検査

  • 梅毒血清学的検査
  • B型肝炎 HBs抗原、HBc抗体検査
  • C型肝炎 HCV抗体検査
  • エイズ HIV-1、2抗体検査
  • HTLV-1抗体検査
  • ヒトパルボウイルスB19抗原検査

ここでは、感染症に感染していないか
調べます。

感染している場合は、重篤な病気もあるため
病院で検査を受けた方が良い項目です。

 

生化学検査

  • ALT→肝臓に多く含まれる酵素です。
    肝炎など肝臓の病気の時に
    上昇します。
  • γ-GTP→肝、胆道、膵、腎臓などに
    多く含まれ、肝炎、胆道閉塞、
    などで上昇します。
  • 総蛋白→蛋白の総量です。
  • アルブミン→血清蛋白の半数以上を占める、 
          健康診断のスクリーニングとして
          判定されます。
  • アルブミン対
    グロブリン→比率が変化することで
           病気を判定します。
  • コレステロール→肝像や胆道の病気で
            上昇することがあります。
  • グリコアルブミン→糖尿病の検査の1つです。

健康診断での血液検査にある
検査項目です。

検査結果の数値によって、
病気である可能性があると判定されます。

 

血球計数検査

  • RBC 赤血球数
      男性 425万~570万/μL
      女性 375万~500万/μL
  • Hb ヘモグロビン量
      男性 13.3~17.4g/dL
      女性 11.2~14.9g/dL
  • Ht ヘマトクリット量
      男性 39.0~50.4%
      女性 34.0~44.0%
  • MCV 平均赤血球容積
      80.0~100.0fL
  • MCH 平均赤血球ヘモグロビン量
      26.0~34.0pg
  • MCHC 平均ヘモグロビン濃度 
      32.0~36.0%
  • WBC 白血球数
      3500~100000/μL
  • PLT 血小板数
      14万~38万/μL

数値は標準値になります。

これも、健康診断の血液検査
項目になります。

数値が標準値より上昇や減少していると
病気が疑われる検査になります。

 

拡散増幅検査

  • B型肝炎ウイルス検査
  • C型ウイルス検査
  • エイズウイルス検査

感染症検査で合格した血液のみ
全国4ヶ所の検査施設に運ばれ
詳しく検査をします。

 

献血を断られる事例

献血は誰もが出来るわけでは、
ありません

献血を受けれる16歳から
69歳まで
の年齢制限の他に
次のような方は、献血ができません。

  • エイズ検査が目的の方
  • アボダート、プロペシア、プロスカーの
    育毛剤を使用されている方
  • 3日以内に出血を伴う歯科治療をした方
  • 6か月以内に不特定多数の性的な接触が
    あった方
  • 男性で6か月以内に男性との性的接触が
    あった方
  • 6か月以内に、麻薬や覚せい剤を使用した方
  • 4週間以内に海外から帰国した方
  • 1980年以降ヨーロッパの対象国に滞在した方
  • 輸血や臓器移植を受けた方
  • B型肝炎やC型肝炎エイズウイルスの保有者
  • 梅毒、C型肝炎、マラリアにかかった方
  • プラセンタエキス注射を使用した方

当てはまる方は、献血は出来ません
献血のための血液検査も
受けることが
出来なくなります。

特にエイズ検査結果は
お知らせしてもらえません。

エイズ検査目的での献血は
しないようにしましょう。

まとめ

献血での血液検査は、
健康診断の血液検査以上
検査してもらえることがわかりました。

血液検査が無料でしてもらえ、
献血した血液で困っている人を
助けることができ
一石二鳥になります。

 
ただし、献血で断られる事例
該当する方は、

安全な輸血をしていただくため
献血することを控えましょう。

スポンサーリンク

お気軽にコメントをどうぞ♪