熱いもので歯がしみる!?それは危険な病気のサインかも?

冷たいもので、歯がしみる、という、
経験をした人は、多いと思います。

しかし、熱いもので、歯がしみたことは、
ありませんか?

あるという人は、要注意です!

今回は、熱いものが歯にしみる時、
考えられる病気について、お話ししましょう。

スポンサーリンク

冷たいものがしみる場合との違い

冷たいものが、歯にしみる場合、
考えられる原因は、軽度の虫歯や、
知覚過敏などがあります。

これらは比較的、簡単・短期の治療で、
治ることが、多いものです。

 
しかし、熱いものがしみる場合は、
別の病気の可能性が、考えられます。

 
歯は、外側から順番に、

  1. エナメル質
  2. 象牙質
  3. 歯髄

の3つが、層状になって、
作られています。

IMG_3853

冷たい物の場合は、エナメル質、象牙質に、
原因があるものが、多いです。

しかし、熱いものの場合、さらに奥の、
歯髄に、原因がある場合が多いのです。

 

歯髄の病気とはどんなもの?

歯髄が、刺激や細菌感染によって、
炎症を起こした状態が、「歯髄炎」です。

さらに、歯髄の中の細菌や、刺激物が、
根尖(こんせん:歯の根っこの先端)から、
漏れ出してしまうことも。

それによって、歯の周囲の組織が、
炎症を起こした状態が、
「根尖性(こんせんせい)歯周炎」です。

 
どちらも、単なる炎症と、
侮っては、いけません。

 
虫歯が進行し、歯髄まで到達している場合は、
痛みが強くなるので、気づく人は多いです。

しかし、原因が虫歯ではない場合も。

 
それは、過去に虫歯を治療した時、
歯髄にわずかに残った、薬剤や、
細菌が、原因の場合です。

複雑な形をした歯髄の場合、虫歯の治療器具や、
薬剤が、奥まで届かないことも、少なくありません。
 

この場合は、外からではなく、内側から、症状が、
進んでいきますから、熱いものがしみる以外に、
ほとんど、自覚症状が出ないのだそうです。

何もしなくても、痛みが出始めた時には、
もうすでに、症状がかなり進行していて、歯を、
抜かなければいけない、というケースも…

スポンサーリンク

熱いものがしみたらすぐ歯科医へ

冷たいものの時も、もちろんですが、
熱いものが、歯にしみるようになった場合は、
速やかに、歯科医へ受診することを、おすすめします。

 

虫歯・歯髄炎・根尖性歯周炎は、
自然に治ることは、ほぼありません

放っておくと、さらに症状が進行し、
何もしなくても、痛むようになるだけでなく、
治療の際も、辛い痛みに耐えなければなりません。

症状が軽ければ、薬剤湿布などで済むことも、
ありますから、できるだけ早く
歯科医へ受診・相談しましょう。

54ebaae9ac630ca22b705bff6b894445_s

熱いものがしみる痛みは、はじめのうち、
すぐにおさまることが、多いので、
それほど、気にならないもの。

しかし、そのわずかな痛みが、
もしかしたら、怖~い病気の、
サインかもしれませんよ?


 
スポンサーリンク

こんな記事も読まれてるよ!

One Response to “熱いもので歯がしみる!?それは危険な病気のサインかも?”

  1. 知覚過敏だと思い、歯医者に行ったら 治療済みの詰め物が神経に当たってるかもしれない、と言われ、神経を抜きました。その翌日頃から熱い飲食物がしみる様になり、伝えましたが、神経は無いので熱い飲食物がしみるはずは無い、と言われ、隣のやはり治療済みの歯を詰め直して様子をみて、まだ痛いようならその歯の神経を抜くと言われました。神経を抜いてから痛みだしたので、隣の歯では無いと思うのですが、歯髄炎とか炎症と言う話は全くありません。
    どうしたら良いでしょうか?

コメントを残す