眼鏡フレームの色で印象が変わる?自分に合うのは何色?

私は、これまでに
3種類の眼鏡を買いました。

 
最初の眼鏡はどの色がいいか
迷いましたが、かけてみて
しっくりきた色にしました。

2つ目の眼鏡は、イメージ変えたくて選び、
3つ目の眼鏡は、優しい印象にしたくて選びました。
どの眼鏡も私のお気に入りです。

 
また、新しい眼鏡をかけて友人に会った時に
誰だかわからなかった」
言われました。

ちょっと不思議に思ったので、
眼鏡フレームの色で印象が変わるのかと、
自分に合う色を
調べることにしました。

スポンサーリンク



色によって印象が変わる

眼鏡を選ぶにあたって、
顔色性別日向にいる時間によって
印象が変わります。

 
色黒の人は 濃い色が似合い、
色白な人薄い色が似合います。

どちらでもない方は、その中間的な色を
選ぶと良いでしょう。

色黒な人が似合うフレームの色

黒、茶色、ネイビー、紫
黒は、男性的高級感があり、
茶色は、安定温もりがあります。

ネイビーは、冷静真面目知的
紫は、高貴神秘的な印象があります。

スポンサーリンク



色白な人が似合うフレームの色

シルバー、水色、ピンク、白
シルバーは、シャープ上品
洗練された印象で、

水色は、優しく自由冷静
ピンクは、女性的華やかです。
白は、清潔感があり純粋な印象があります。

 

どちらでもない人が似合う色

グレー、青、緑、赤、黄色

グレーは、調和されたイメージで、
青は、冷静爽やかな印象があり、
緑は、穏やか生命力があります。

赤は、活動的情熱的な印象があり、
黄色は、好奇心があり、カジュアル
印象になります。

色によっては、薄い色濃い色
フレームの暑さなどでも印象が変わるので
かけ比べてみてもいいかもしれません。

 

自分に似合う色を知る方法

フレームの色がたくさんあって
迷うと思いますが、

自分に似合う色を知っておくと
選びやすいですよ。

 

顔のパーツの色味で決まる

色には、暖色系タイプ
寒色系タイプの2つがあります。

肌や目、唇、頰、髪の色味
タイプを決めます。

 
これらのパーツにイエローベースが多い人は、
暖色系タイプです。
ブルーベースが多い人は寒色系タイプです。

暖色系タイプの人には、暖かな印象
黄色やオレンジが似合います。

ベーシックなものは、ゴールドやベージュ、
ブラウンなどです。

華やかなものは、コーラルピンク、
ターコイズブルーなどです。

寒色系タイプの人には、クールな印象
青や紫が似合います。

ベーシックなものは、シルバーやグレー、黒、白。
明るい色は、チェリーピンク、ラベンダー、
エメラルドグリーンなどです。

 

黒髪に似合うフレームの色

黒髪の人に似合うフレームの色は、
黒、茶色、赤、ネイビー、グレー、
青、赤、シルバー、白です。

これらの色は、黒と相性がいいと
言われていますよ。

 

ビジネスで身につけるオススメのフレームの色

ビジネスでは、フレームの色も
制限されてしまいますよね。

しかし、黒や茶色にしてしまうと、
ほとんどの人がかけているので
見飽きてしまいます。

 
そこで接客をする場合は、無難なものにして
そうでない職種の場合は、
冒険色にしてもいいと思います。

 

接客をする場合の眼鏡

無難なフレームの色は、
黒、茶色、グレー、シルバー、ネイビーです。

これらの色は、真面目な印象に見られますし、
接客をする時にオススメです。

 

接客以外の職種の場合の眼鏡

冒険色と言われるフレームの色は、
青、赤、水色、ピンクです。

個性的な色なので、他の人に比べると
印象的になります。

 
また、仕事用とプライベート用と
使い分ける人もいます。

仕事の時に無難な色にして
プライベートでは、明るい色を取り入れると
雰囲気も変わり、印象も変わります。
 

まとめ

私は、黒の眼鏡にしたときに
少しきつい印象に
見られました。

茶色に変えたことで
やさしい印象になったと言われたのです。

 
このことからフレームの色によって
印象が変わることがわかりました。

一つの色だけではなく、
柄が入っているものや

一箇所だけ色が違うといった
遊び心のある眼鏡をかけてみても
いいと思います。

眼鏡を使い分ける人もいれば、
ずっとその眼鏡を使う人もいるので
色選びはきちんとしたいですね。

スポンサーリンク

お気軽にコメントをどうぞ♪