クッションの汚れ!洗濯方法は優しくやるのがコツ♪

ソファの上に置いてあるクッション
汚れが気になる・・・。

そういえば、この間も子供が食べ物を
こぼしたんだっけ。

 
頭の片隅にいつも、クッション洗わなきゃ
と思いつつも、実行できずにいるんです。

 
以前に、いつもの通りのやり方で洗濯を
してみたことがあるのですが、見事に
失敗しました。

クッションの中身が、偏ってしまったんです。

何も考えずに、洗濯機の通常モード
洗ったんですが・・・。

 
クッションって、どうやって洗濯したら
いいのでしょうか?

クッションの汚れを一掃して、をフカフカに
洗い上げる方法を調べてみましたよ♪

スポンサーリンク



洗濯機で洗えるの?

普段の衣類の洗濯のように、通常コース
洗うのは厳禁です。

 
クッションの中身には、ポピュラーな素材では
ポリエステル綿・パンヤ綿・ビーズなどが
ありますね。

綿素材の中身は、洗濯機の回転が強いと
中身が偏ってしまいます。

 
しかし、洗濯機のモードを優しい水流
変えれば洗うことができます。

メーカーによって名称が違いますが、
ソフトコースとか、デリケートコースなどを選びます。

 
洗剤は、おしゃれ着用のものがいいですね。

加えて、クッションを洗濯する時には、
洗濯ネットが必須アイテムです。

では、洗濯機での洗い方を見ていきましょう。

スポンサーリンク



洗濯機での洗い方

ビーズクッションは、カバーが破けて中身が
飛び出す可能性があります。

なので、手洗いがおすすめです。

 
洗濯機で洗えるクッションは、
綿の中身のものです。

  1. クッションの目立つ汚れには、液体洗剤を
    原液のままかける。
  2. クッションを洗濯ネットに入れる。
    洗濯ネットは、できるだけクッションに
    フィットする大きさのものを使う。
  3. 洗濯機に入れ、ソフトコースなどの優しい
    水流のコースで洗う。
  4. 脱水の前に取り出し、クッションの中身を
    均一にほぐして偏りをなくして脱水する。
  5. 脱水後、再度手でほぐし、形を整える
  6. ハンガーを2本使って、風通しのいい
    場所に干します。

ハンガー2本の間に、クッションを渡すように
置いて干すと、乾きやすいですよ。

クッションは、季節にもよりますが、
乾くまで時間のかかるものです。

速くて1日、1週間ほどかかる場合もあります。

 
速く乾かしたいからと言って、乾燥機
ドライヤーは使わないようにしましょう。

 
綿は、乾燥器の回転によって中身が偏り
やすく
なります。

ポリエステル綿は、熱に弱く変質する
恐れがあるんですよ。

 

クッションが乾いたら、クッションの角を
持ち大きく振ると、中に空気が入ります。

その後、クッションの縦と横の側面を少し
押してあげると、ふんわりと形が整いますよ。

 

手洗いの場合

洗濯機を桶代わりに使っちゃいます!

  1. 目立つ汚れには、洗剤原液をかけておく。
  2. 洗濯槽に水と洗剤(水に対して既定の量)を
    入れて、クッションを浸す
  3. 洗濯槽の中で、クッションに体重をかける
    ように数回押し洗いする。
  4. 洗濯槽の水を抜き、新しい水を入れ直して
    数回すすぐ
  5. まずは脱水を1分して取り出し、中身の偏りを
    ポンポンとたたいて直した後、1分脱水する。
  6. 脱水作業は、計3回おこなう。
  7. ハンガーを2本使って、風通しのいい
    場所に干します。

ビーズクッションの場合は、水に入れると
浮き上がってしまいます。

洗いにくいですが、押し込みながら手洗い
していきましょう。

 
また、乾燥機を使うのは厳禁です。

ビーズは、熱に弱いので、
変質する恐れがありますよ。
 

まとめ

実は以前、大胆にも綿のクッションを
乾燥機に入れたことがあるんです。

中身がボコボコになり、綿の塊が固まり
ほぐすこともできない状態になりました。

無残なクッションとなり、捨てることと
なりました・・・。

 
洗濯機は魔法のマシーンではないんですよね。

クッションを洗う機会は、年に数回なのかも
しれません。

お天気の良い日を狙って、家のクッションを
優しく洗い上げようと思います♪

スポンサーリンク

お気軽にコメントをどうぞ♪