トンネルに入ったときに耳に違和感があるのはなぜ?治し方を紹介!!

この前、友人と電車でお出かけをしました。

 
電車がトンネルに入った時、
突然耳に違和感があったのです。

友人に聞いてみると
耳が痛いと言って辛そうでした。

 
私は耳がボワボワするのが気になり、
あくびをしてみると治りましたが、

友達はあくびをしても
よくなりませんでした。

 
他に何かいい方法はないかと
悩んでいるうちに落ち着いたそうです。

そんなことがあって、トンネルに入ったときに
耳に違和感がある理由や治し方

調べてみることにしました。

スポンサーリンク



トンネルの中で耳に違和感がある理由

トンネルの中に入ったときに
耳に違和感があるのは、
気圧の変化によるものです。

 
トンネルの中を電車が速く走ると
電車の周りの空気
前から後ろへ移動する流れが生じます。

空気の流れが速くなると圧力が下がるので
電車の周囲の気圧が下がります。

 
トンネルに入った瞬間、
ドアや窓が外から
空気に押されていますよね。

電車の中は、密閉された状態です。

 
トンネルは両端が解放されているので、
そのままトンネル内に列車がとまっていても
気圧は元に戻ります。

鉄道の高速化によって、猛スピード
トンネル内に入ると、瞬間的には、
空気が抜けきれず、

耳の鼓膜内部の状態が変化し、
耳に影響が出ます。

 
耳の中に風船があって、
それが膨らんでいくようで痛くなります。

飛行機に乗った時に
耳鳴りがするのと同じです。

 

では、次に耳鳴りを治す方法を見ていきましょう。

スポンサーリンク



耳鳴りを治す方法

耳鳴りを治す方法は、
耳抜き」です。

耳抜きをする方法として、飴を舐めること、
あくび唾を飲み込むこと、
鼻をかむなどがあります。
 

では、もう少し詳しく見ていきますね。

飴を舐めること

飴を舐めることで
耳菅と呼ばれる細い菅が
広がりやすくなります。

 

あくびをしたり、唾を飲み込むこと

他には、あくびをしたり、
唾を飲み込む方法があります。

 
唾を飲み込む時は、
をためて口を閉じ、

奥から空気と一緒に飲み込む気持ちで
唾を飲み込みます。
 

鼻をかむ

のつまみを閉じて、
鼻を「フンッ」とかむようにすると
スポンと楽になるそうです。

 
幾つかの方法がありますが、
人によって治し方は異なるようです。

症状がひどい人は、
点鼻薬を用意しておくといいですよ。

 

耳抜きが出来ない場合

耳が痛くなっても
耳抜きが出来ない場合は、
耳菅の機能悪いのかもしれません

耳菅は、鼻と中耳つなぐ菅で、
耳菅の機能が悪いことで
中耳炎になることがあります。

電車などで気圧が急激
変化した時に耳抜きが出来ないと
中耳炎になる人がいます。

 

耳が痛くなるのを防ぐ方法

耳の器官が細い人
痛みを感じやすいと言われているので
不安になりますよね。
 

耳が痛くなるのを防ぐためには、
普段から持ち歩いておくといいものがあります。

耳が痛くなるを防ぐために
普段から持ち歩いておくといいものは、
耳栓ガム飲み物などです。

 
耳栓は、気圧の変化に
かなり効果的と言われていて

最近の気圧対策用の耳栓は、
音が聞こえるものが多いので
耳栓をつけながら話をすることもできます。

耳栓を持ってくるのを忘れた場合、
を舐めたり、
ガムを食べたりするといいですよ。

を舐めることで睡液を出すことができます。
ガムを噛んでも睡液を出すのが効果的です。

 
大人だけではなく子供にも効果的で
電車の乗っていてトンネルに入ったとき
耳が痛くなるのは子供の方が多いと思います。

大人に比べて子供の耳は、
鼓膜から鼻の奥につながっている器官が
細いので耳が痛くなりやすいと言います。

大人でも耳の弱い人
鼻炎などで悩んでいる人は
耳が痛くなりやすいそうです。

そんなときは耳栓もいいですが、
飴やガムを用意することをお勧めします。

 
飴やガムを食べている間にトンネルを
あっという間に過ぎてしまうでしょう。

 
また、唾を飲み込む方法
あくびをする方法、

電車の中で飲み物を飲んで
耳が痛くなるのを防ぐ方法もあります。

 

まとめ

電車に乗っている時にを舐めたり、
飲み物を飲んでいたら耳に違和感はなく、
痛みもありませんでした。

 
大人は耳に違和感があったとしても
あまり気にならないと思いますが、

子供は気になって、
泣いてしまうことがあります。

そうならないために、
先に準備しておく必要があることがわかりました。

電車で出かける際は、
この方法を試してみたいと思います。

スポンサーリンク

お気軽にコメントをどうぞ♪