川で魚を捕まえよう!仕掛けはペットボトルと餌で完成!!

私の地元は、結構な田舎です。
あちこちに田んぼがあって、
を始めとした水の生物が結構います。

生き物好きな私は、
子供の頃は、弟達と一緒に網持って、
魚捕りに興じて回ったものです。

 
いや、大人になった今でも、
やりたいんですけどね。

いいおっさんが、デカイ網とバケツ持って、
川辺なんかウロウロしてると、
結構奇異な目で見られたりします

釣り竿なら、まだいいんでしょうが、
釣りが出来る程の深さのある川は、
あまりありません。

 
ついでに言うと、私の場合、
獲った獲物は飼育が目的なので、
無駄に傷つける釣りはちょっと......。

全く、いろんなしがらみが出来て、
大人になるって、ホントやーね。
 

でも、こちとら根っからの生き物好き。
このままじゃあ、欲求不満が貯まります。
で、色々考える訳ですよ。

それで、思い出したのは、
昔読んだ雑誌に載っていた仕掛け

ペットボトルを使った、
魚捕りの仕掛けです。

これなら、人目を盗んでささっと仕掛け、
やっぱり人目を盗んでささっと回収出来ます。

完璧だ。
やれる。

という訳で、このペットボトル仕掛けを、
作ってみる事にしました。

スポンサーリンク



仕掛けの仕組み

この仕掛け、構造的には昔から使われていた、
「びんどう」という漁道具と同じです。

これ、入口が逆さにはまった形の瓶でして、
中に餌を入れて、水中に沈めておきます。

すると、
餌の匂いに誘われたエビが入口から入り、
出られなくなると言う仕組みです。

簡単に図説すると、こんな感じです。

これを、
お手軽にペットボトルで作ってみようと、
いう訳です。

スポンサーリンク



作り方

    必要な道具

  • ペットボトル(2Lサイズ以上)
  • はさみ
  • キリ(千枚通し)
  • 釣り糸
  • 小石

まず、ペットボトルの上部
3分の1らいのところをハサミで切ります。

ボトルの下部本体の底あたりに
水の通り道として、キリで小さな穴を、
いくつか開けます。

ペットボトル本体の中に、
餌と小石を少量入れます

小石は重り代わりになります。

切り落とした、
ペットボトルの上部を逆さまにして、
本体に差し込み、釣り糸を通して固定します

本体の中から少し上の方に、穴を二つ開け、
釣り糸を通して輪っかを作る様に結びます。

(浅い所で使うなら、無くてもよし。)

完成です。

 

参考動画はこちら。

中に入れるについてですが、
水に沈み、匂いが強い動物質系のものが、
良い様です。

動画では魚肉ソーセージを使っていますが、
市販の魚の餌(沈下性のもの)や、
釣りで使う練り餌等が便利でしょう。

 

魚の餌と言うと、
ミミズ等を思いつく人もいるでしょう。

しかし、その場合、匂いを出すために、
ミミズをすり潰すと言うおぞましい作業が、
必要となります。

素直に、市販の餌を使いましょう。

仕掛け方・使い方

出来た仕掛けは、
川の浅瀬に沈めて設置します。
流れがあまり強くない場所が、良いです。

魚影が濃い場所なら、文句なしです。

沈めた後、周りを石で隠す等しても、
良いでしょう。

田んぼの用水路等
手が届きにくい場所には、
付けておいた釣り糸を使って下ろします

仕掛けたら、
2時間程度、放置しておきましょう

実際の運用の様子がこちらです。

まとめ

この様に、ペットボトルで作った
仕掛けによる魚捕りは、
大人でも楽しめるものです。

まあ、捕れない時もままありますが、
それもまたご愛嬌。

手軽に自然と戯れてみたい人には、
お勧めです。

 
ただし、場所が水辺である以上、
最低限の注意は必要です。

深みのある川や、
大きな用水路等で行う場合は、
最新の注意を払ってください。

落ちて溺れたり、流されたりしては、
洒落になりません。

そういう場所で行う場合は、一人ではなく、
複数の人数で行う方が良いでしょう

特に、子供だけで遊ばせるのは論外です。
必ず、大人が付き添ってください

そういった注意さえ怠らなければ、
この魚捕りは楽しいものです。

興味のある人は、ぜひ試してみてください。

え?私はどうだったのかですって?

はっはっはっ。

固定してた釣り糸が外れて、
仕掛けが流されました。

チクショウ......orz

魚4

スポンサーリンク

お気軽にコメントをどうぞ♪