マスク効果で保湿ができる!トラブルにならないための注意点は?

冬になりインフルエンザ対策などで
マスクをつける機会が多くあります。

普段でも花粉症・ノーメイク隠しなどの
理由でマスクを使用する人が増えてきました。

マスクを付けていると保湿にもなり
お肌の乾燥防止や紫外線防止など

美肌効果がある
聞いたことがあります。
 

それが本当なら、
1日中マスクを付けておきたくなりました

でも、お肌が荒れるよ。
って聞いたこともあります。

 
本当にお肌にいいのか
それとも悪いの?どっち?

1日中つけっぱなしでも大丈夫なのか
気になり調べてみました。

スポンサーリンク



マスクの効果

マスクをつけているだけでも
温かくなります。

それだけでも、お肌の血行が
よくなっている証拠です。
それだけでも、美肌効果につながります。

 

お肌の保湿効果

マスクの中で吐く息で湿気が保たれます
マスクの水分の蒸発も防ぐことができ

肌表面のうるおいも保つことができます。
唇も乾燥から守られます。
それが保湿効果となります。

外部刺激からお肌を守る

マスクをつけていると
紫外線対策にもなります。

紫外線は夏だけでなく
1年中降り注いでいます。

マスクをしていれば、
紫外線から守ってくれます。

 
紫外線だけでなく
外部の冷気・汚い空気・乾燥した空気などの
刺激からお肌を守ってくれます。

強い刺激は
お肌のトラブルの元です。

スポンサーリンク



細菌などから身を守ってくれる

これが本来の役割なのですが
インフルエンザやかぜなど
ウイルスや細菌を防ぎます。

花粉対策で強い味方になってくれます。

 

マスクの危険

マスクをしていると
いいことももありますが

その反面
悪い効果もあります。

マスクによる肌荒れが起こる!!

マスクを長時間つけることにより
ゴムの部分が圧迫したり

こすれたりし、マスクの素材により
お肌のトラブルにつながります。

 
マスクの中で唾液の細菌が繁殖
お肌があれてきます。

細菌が繁殖することによって
ニキビができやすくなります。

また、ニキビがこすれ炎症が
激しくなることもあります。

美肌によいマスクの注意点

  • マスクをこまめに替えましょう

一度取り外したら
新しいものに取り替えましょう。

放置したマスクには
細菌が繁殖しています。

 

  • 締め付けが少ないマスクを使う

締め付けがあると肌をこするため
なるぐく大きめのマスクを使うといいです。

大きめのマスクを使うと
保湿も幅広に!!

耳にあたるゴムも
幅広のタイプをつかうなど
耳への負担も考えましょう。

 
また、天然繊維のマスクもおすすめ。
不燃布が気になる人は
内側に布をはさむのもおすすめです。

 

  • 化粧水など保湿効果up

マスクをつける時に
化粧水などをつけるようにすると
保湿が保たれます。

アロマオイルもおすすめ。
香りだけでなく肌荒れにもよく
保湿にもつながります。

肌荒れによいアロマオイルは
カモミール・レモン・ジャスミン
ラベンダー・ローズなどがあります。

花粉症にはユーカリ・ペパーミントなどが
おすすめです。

精神的にも良い効果を与えてくれ
ホルモンバランスを良くし
美肌にもつながります。

 

まとめ

マスクの保湿効果で美肌にもつながり
いい効果も期待できますが、

使い方次第でお肌のトラブルの原因
にもなります。

マスクをこまめに取りかえ
細菌の繁殖を抑え

肌に刺激にならないようなマスク
使用することが大切です。

私も、マスクの使い方に気を付け
この冬は美肌効果を期待して
早速マスクを試してみます。

 

スポンサーリンク

お気軽にコメントをどうぞ♪