犬にも食べ物のアレルギーはあるの?原因と対策はコレ!

実家で飼っている雄のマルチーズ、すごく
人懐っこくて可愛いんです。 

両親が旅行で留守の間、度々預かることも
あって、今回も2泊3日で我が家で面倒を
見ることになりました。

甘えん坊で、家族が歩くと一緒に後ろを
ついて回るほど。

 
普段は、部屋の中でペットを飼わないため
正直なところ、色々なことが気にはなります

ソファや服の上に座り込んだり、絨毯に
体をこすりつけたり。

それでも、前回我が家に来た時よりも
痒がっているような感じがするんです。

頻繁に、後ろ足で体を搔いているんです。
まさか、アレルギー?!

 

普段ペットの情報には疎い私ですが、いつもと
違う
と感じたら、やっぱり確かめなくちゃ!

犬にも食べ物のアレルギーってあるの?
調べてみましたよ♪

スポンサーリンク

犬にもアレルギーってあるの?

人間にとって、様々なアレルギー症状
とっても辛いものですよね。

特に、花粉症に至っては、日本人の4人に
1人の割合、と言われているほどメジャーな
アレルギーですよね。

アレルギー症状の経験がない人にとっては
ピンとこないものですが、症状によっては
とても耐え難いものなんです。

 
多くの人を悩ますアレルギーですが、
にもやっぱりアレルギーはあるんです。

アレルギーの原因になるものには、
ハウスダストやダニ、カビ、花粉、食物など。

人間と同じように不快な症状を引き起こす
原因があるんですね。
 

その中でも、食物アレルギーは原因としては
多いわけではありませんが、症状としては
多岐にわたって現れることがありますよ。

では、どんな症状が出るのでしょう?

スポンサーリンク

どんな症状がでるの?

食べ物が原因でアレルギー反応が起こると
こんな症状が現れます。

  • 下痢
  • 皮膚炎
  • 嘔吐
  • 鼻炎

症状が出た時に、そういえばこんなことが
あった、と何かしらのサインを出している
場合もあります。

  • 口や目の周りや耳の中など、体の奥の方から
    発疹や赤みが出ている
  • 季節に関係なく痒がって、掻きむしっている
  • うんちの回数が多い

いくつも思い当たることがあれば、もしかしたら
アレルギーの可能性もありますよ。

もしも、食物アレルギーなら、何が原因
なってしまうのでしょう?

 

原因ってわかるの?

犬の食物アレルギーを引き起こす原因になる
食べ物とは、実はドッグフードである場合が
多いんですよ。

ドッグフードは、栄養のバランスを考えて、
様々な材料が含まれていますよね。

ドックフードに含まれる材料の中でも、
アレルゲンになる可能性を持つものが
いくつかあります。

  • 牛肉
  • 鶏肉
  • 仔羊肉
  • 鶏卵
  • 乳製品
  • 小麦
  • 大豆
  • トウモロコシ
  • スパイス
  • 添加物

アレルギー反応を引き起こす食物に
共通しているのが、タンパク質なんです。

どの構造のタンパク質のものに反応をして
いるのかは、個体によって様々です。

その犬の体質や環境、遺伝など、様々な
要因も関係しています。

痒がっていたり、下痢を起こしているのに
同じドックフードを与え続けるのは危険です。

 
でも、肝心なアレルゲンがわからないんじゃ、
これからどう対処していけばいいのか、
困りますよね。

 

食物アレルギー対策とは?

アレルゲンは特定しておいた方が、後々も
安心して食物を与えることができます。

おすすめなのは、動物病院でアレルギーの
検査をしてもらうことです。

 
一般的な、血液を採取して検査する
IgE抗体検査だと、大体2万円~3万円ほど
するとのこと。

決して安くはない金額ですが、アレルゲンが
特定できれば、対策は難しくないんです。

食物アレルギーの対策とは、毎日の食生活の
中にアレルゲンが含まれないようにすること
なんです。

アレルゲンがわかれば、食べさせないように
できますよね。

犬にも人間と同じように、アレルギーが
発症する可能性があるんです。

 

まとめ

実家の犬の様子、観察してみましたが、
頻繁に搔いているところは、何もなって
いません。

下痢も嘔吐もなくて、くしゃみや鼻水も
今のところありません。

 
たまたまだったのでしょうか?

 
たまにしか預かることのない私が、過剰に
気にしていただけなのかもしれませんね。

慣れないことをするのは、神経を使いますね。

でも、調べてみてよかった。
知識はあった方がいいですよね♪


 
スポンサーリンク

こんな記事も読まれてるよ!

コメントを残す