皮膚にやさしい石鹸が知りたい!刺激が少ないものはどれ?

最近、肌トラブルで悩みを抱えた姉が、
相談にやってきました。

姉の話によると、肌が敏感になってきて、
今まで使っていた石鹸が、顔だけでなく
体全体に、合わなくなってきたとの事。

石鹸を使用していると、体全体がピリピリして
くるのだそうです。
ゴシゴシ洗っているわけでもない、との事です。

姉にアトピー症状はありません。

 
皮膚科を受診したら、もしかすると、
皮膚に、刺激を与えているかもしれないから、
痛みを感じる時は、石鹸の使用控えるように

と言われたそうです。

 
石鹸を使うな、と言われても、
汗をかいた時など、女性としては気になる
と言うのが、姉の悩みだそうです。

同性として、共感できるので、姉の為にも、
皮膚にやさしい、刺激少ない石鹸を、
探してみる事にしました。

スポンサーリンク



石鹸とは

『石鹸』とは、一言でいえば、汚れを落とす物で、
界面活性剤の一種です。

あれ?と思った方もいるでしょう。

界面活性剤とは、の両方の性質を持ち
双方を混ぜる働きをする物の総称、なのです。

 
ただ、注意すべきは、石鹸には二種類あり、

天然の油脂に、苛性ソーダを混ぜて
出来ただけの物と、化学添加物が配合された、
いわゆる、合成界面活性剤があるという事です。

 

ここでは、刺激の少ない石鹸を探しているので、
余計な成分が、含まれていない物が良い!

という事で、合成界面活性剤ではない、
『無添加石鹸』を探すことにします。

スポンサーリンク



無添加石鹸とは

一般的には、香料など、化学添加物を一切含まず
保湿剤に使用するオイルは、食用レベル
安全性を保つ石鹸、と言われています。

 
商品表示でいえば、固形石鹸の場合、例えば、

主成分:石けん素地
主原材料:オリーブオイル98%、ローレルオイル2%

といった石鹸であれば、石けん素地以外に、
化学的な添加物が含まれておらず、肌が敏感な
状態でも、安心できる、と言われています。

そこで、私なりに、姉のような敏感肌にも
使える、お手軽な石鹸を探してみましたので、
ご紹介しますね。

シャボン玉石けん ベビーソープ 参考価格 100g300円

植物由来の天然油脂から、昔ながらの
製法にこだわって、丁寧に作られた、
石けん素地100%の石けんです。

また、保湿成分を高める為、アボガドオイル
配合されていますが、これは食用のあの、
アボガドから抽出された、オイルです。

赤ちゃんの肌優しく、をコンセプトに
作られているので、敏感肌の方にも
オススメの石鹸です。

九州では、ドラッグストアでも購入可能ですが、
その他の地域だと、赤ちゃん用品
取り扱っている店舗で、購入可能のようです。

カウブランド 無添加石鹸 参考価格 100g150円

これも、昔ながらの製法に、こだわって、
丁寧に作られた、石けん素地100%の石鹸です。

泡立ち豊かなのに、さっぱりとした
洗い心地がオススメです。

比較的、ドラッグストアスーパーなど、
色んな店舗で、購入しやすいようです。

ミヨシ石鹸 白いせっけん 参考価格 108g150円

高品質牛脂由来の天然油脂から、昔ながらの
製法にこだわって、丁寧に作られた、
石けん素地100%の石鹸です。

こちらも、泡立ち良いのに、洗い心地が
さっぱりしているので、敏感肌の方にも
オススメです。

大きめドラッグストアや、コスメショップで、
購入する事ができます。

さいごに

因みに、我が家にある一般的石鹸
手に取ってみましたが、まず最初に
表示されていた成分は・・・

『パーム核脂肪酸Na』とあります。

その後に、水・グリセリン・香料・スクワラン・
塩化Na・酸化チタン・PHG-6・・・と
続くので、明らかに、化学添加物入りの石鹸です。

 
因みに、『昔ながらの製法』というのは
分かりやすく説明すると、

  1. 油脂に苛性ソーダを加え、よく混ぜる。
  2. 1の混合物を加熱し、グリセリンと、
    高級脂肪酸ナトリウムを取りだす。
  3. 2で得られた石鹸の元を取りだす。

という製法で作られる、『釜焚き製法』と、
言われる物です。

肌に優しい石鹸の成分の『石けん素地』とは、
3の過程で得られた、石鹸の元から不純物を
取り除いて作られた、純石鹸
だったのです。

脂肪酸も、石けん素地原料にはなるのですが、
これだけでは、保湿成分などが足りないので、
人工的に、色々補っているのです。

ただ、パッケージの『100%天然植物原料使用』
という、表示が紛らわしいな
と思ったりもします。

 
ところで、姉には、ベビーソープ
勧めてみたところ、1か月半の使用で
肌トラブルが、改善されてきたそうです。

人それぞれ、相性があるでしょうから、
毎日使う石鹸とは、気長に上手く
付き合っていきたいものですね。

スポンサーリンク

お気軽にコメントをどうぞ♪