いちじくのカロリーは?ドライがおすすめな理由!

よく、ドライフルーツの売り場へ行くと、
マンゴーやリンゴ、パイナップルやナッツなどと
一緒に並んでいる『いちじく』。

実は、このフルーツ、食べられているのは
実の部分ではなく、「」の部分だって
ご存じでしたか?

スポンサーリンク

漢字で書くと、「無花果」ですが、
花の無い果物と書くのに、
花を食べるってどういうこと??
 

また、生の状態よりドライフルーツにして
陳列されることが多いのはどうしてでしょう?

ダイエットしている人にもおすすめって本当??

 
ここでは、意外と知らない、
いちじくの特徴とおすすめな理由をご紹介していきますね!
 

いちじくの特徴

いちじくは、
くわ科いちじく属落葉樹です。

西アジア、アラビア南部の有名な話の、
アダムとイブに出てくる、「禁断の果実」は、
実は、いちじくのことで、古くから馴染みのある果物でした。
 

主な産地は、
海外では、トルコ・エジプト・アルジェリアなどが
上位のランクインしており、

日本では、愛知・和歌山・福島・兵庫
TOP4になっていて、
世界では第14位の生産量です。

 
上でも述べたように、
いちじくの実だと思っている部分は、
厳密には、花の部分にあたります。

隠頭花序(いんとうかじょ)という花をつける木で、
花の軸の部分が肥大し、実のように見えます。

いちじく
 

また、中の粒々の部分が、花のつぼみにあたり
実の中に、白い花をたくさんつける種類なのです。

いちじく

 
ですから、一見、

外側からは花が咲かずに、実をつける木のように
見えてしまう
ので、「無花果」という名前が付いたんですね。

 

では、食べる際には
カロリーはどれくらいあるのでしょうか?

また、ダイエットなどにも使われますが、
生の状態と、ドライフルーツにした状態では、
どれくらいの差があるのでしょう?

次の章でご説明していきますね!

スポンサーリンク

いちじくのカロリーの比較

通常、生の状態のいちじくは、
食べられる部分100gあたり54kcalあります。

食物繊維や、女性(特に妊娠中の方)に大切な
葉酸や、カリウム・マグネシウムなども含んでおり、
女性には嬉しい果物ですね。

 
さらに、ドライフルーツにすると、
1個あたり(約7g)20kcalまで減るので、
ダイエット中の方も、安心して食べられます。

また、乾燥させることによって、
重量に対して、食物繊維の量が10%を上回り
便秘の改善にも効果が期待できそうです!

いちじく
 

もちろん、そのまま食べてもOKですし、
ヨーグルトなどに漬け込んで、
自然な甘みでいただくのも、また美味しいですよ♪

 
そのほか、鉄分消化の働きや、
代謝を助けてくれる酵素が数種類も含まれていて、
抗酸化作用もあります。

お通じをよくさせたり、
不足がちな栄養分を補給
できるだけでなく、
アンチエイジングにも効果的です!
 

腹持ちもいいので、
少しお腹が空いた時にもよし、
ダイエットにもよし!です。

ただし!食べ過ぎ・やりすぎは、
逆効果になってしまうので、

是非、適度に活用して、
健康と美しさの維持
お役立てくださいね♪


 
スポンサーリンク

こんな記事も読まれてるよ!

コメントを残す