百人一首の読み方の2つのコツ!これで上手な読み手に!

寒い季節になると、百人一首
季節になりますね。

 
娘の学校も、百人一首
大会があります。

娘のクラスで、百人一首
練習をしていると、ある
トラブルが起きたそうです。

そのトラブルとは、
読む人の声が聞きづらくて
練習できない!

確かに、聞きづらいと
練習になりません

しかし、
百人一首の読み方は、
難しいですよね。

そこで、百人一首
読み方上手になるために、

百人一首
読み方コツについて
調べたいと思います。

スポンサーリンク



上手な読み方をするためには?

百人一首の競技は、
競技かるたといいます。

競技かるたの、
上手な読み方をするためには、
読み方適性技術があります。

 

読み手の適性は、
以下の通りです。

  • 競技用かるたの知識がある
  • 平等である
  • 声の質が良い
     (声の太さや通りが良い)

この3つが、読み手に
ふさわしいかを決める
ポイントになります。

 

次に、技術面です。

  • 「間」の間隔が均一である
  • 「余韻」の長さが均一である
  • 決まり手までに速度が均一である
  • かるた協会で決められた読み方をしている
  • 明確な発音ができる

つまり、適性があり、

一定の速さで、
発音が明確で、協会で決められた
読み方ができると

良い読み方ができると
いう訳です。

スポンサーリンク



百人一首の読み方は4-3-1-5方式!

4-3-1-5方式とは、
昭和59年に、定められた
読み方の基準で、

  • 下の句の余韻前「4秒台」
  •         ↓

  • 余韻「3秒」
  •         ↓

  • 余韻と上の句の間「1秒」
  •         ↓

  • 上の句「5秒」

間隔で読む方式です。

 
また、それぞれの各句の最後
1文字もしくは2文字を伸ばすと、
句の収まりが良くなります。

百人一首を読むときは、
4-3-1-5方式を意識して、

各句の最後の1文字もしくは2文字を
伸ばすようにしましょう。

上手になる発声の方法!

百人一首が、聞きやすくなる
発声の方法があります。

  • お腹から声を出す
  • 上の句を読む前は、
    息を吸う前に口の形を作らない
  • 息を吸ってから、素早く口を動かす
     (第一音目の子音をうまく発生させる)
  • 口をはっきり動かして、
     ハキハキ発音する。

百人一首では、
句の、始めの部分重要です。

それによって
勝敗が決まります。

句の初めの部分が、
はっきりと発音できるように、
繰り返し練習が必要です。

まとめ

百人一首の読み方は、奥が深く
ここで紹介したものは、一部分です。

他にも、語尾の伸ばし方や
アクセントなど
いろいろなコツがあります。

専門的になると、競技かるたの
専門読手や、公認読手といった

ランク別に、大会の読手
行うことができる
資格もあります。

興味がある方は、
チャレンジしてみてください。

 
まずは、聞き取り手が、
わかりやすい
読み方を練習しましょう。

読み方に、自信が持てない方や、
一人で練習をしたい方は、

百人一首の読み手をしてくれる
ソフトアプリがあるので、
試してみましょう

スポンサーリンク

お気軽にコメントをどうぞ♪