英語が苦手?自分に合った勉強法で高校受験に勝とう!

「お姉ちゃん、私、英語やばいの
分かる単語は少ないし。
長文なんて全然ダメ。」

 

高校受験生の妹が泣きついてきました。
中1、2と確かにさぼっていた妹の英語。
中3の今、挽回するのは無理でしょうか?

いえいえ、そんな事はありません。

確かに、英語は積み重ねの教科
中学1、2年での貯金があるかないか、
それによって受験勉強のやり方も違います
 

幸い英語が好きだった私。
友人に英語を教える機会もありました。

なのでここでは、
3タイプ別に勉強法を紹介していきます。

タイプ1: 苦手で手のつけ方わかりません
タイプ2: 定期テストはいいけど過去問が解けません
タイプ3: 文法は解けるのに長文読解ができません

では、それぞれのタイプに分けて、
勉強法を説明していきます。

スポンサーリンク



タイプ1: 苦手で手のつけ方わかりません

中1、2の貯金に自信がない方。

基本は、教科書です。
色々な問題集に手を出すより、
基本となる教科書を徹底的に使いましょう。

 

インプットは教科書ガイドを

教科書ガイドを用意します。

英文や単語の意味は、
一文ずつ教科書ガイドの
全訳で確認します。

細かな逐語訳は、不要。
文の意味がわかれば良いのです。

本来、労せずに、辞書で調べないと、
力がつかない、とかよく言われます。

が、受験生には時間がありません。
潔くガイドを使いましょう。

調べる労はしません。

徹底的な繰り返しの音読の労と、
付属のCDヒアリングの労で、
習得しましょう。

スポンサーリンク



アウトプットは教科書ワークで

音読とヒアリングで、
歌を覚える感覚で、
教科書の英文を体に叩きこみます。

しかし、文法や構文がイマイチ。

 
そこで、教科書ワークを用意します。

そのワークの問題を徹底的に繰り返し解きます。

音読とヒアリングで体にインプットされた英文を、
ワークの演習を繰り返すことで、
文法や構文などの構造が見えてきます。

何度も繰り返し演習しましょう。

タイプ2:定期テストはいいけど過去問が解けません

こういうタイプの方が、過去問で苦戦するのは、
過去問では、各文法単元が混在して
出題
されるからです。

定期テストでは、ヤマをはれます。

つまり、今回の定期テストでは、
何の単元かの問題かがわかっているから、
正答しやすいのです。

どうすればよいでしょう?

 

教科書ワークで準備体操を

まずは、教科書ワークです。

単元ごとに、解きません。
教科書ワークの中にある期末、学年末のテスト
何度も繰り返し解きましょう。

これらのテストは、単元が混在してるので
過去問前の良い準備体操になります。

ここで間違えた箇所は、
あなたが見直すべき単元です。

その単元のみ、
教科書ワークで再度繰り返し解きましょう。

 

過去問も繰り返そう

教科書ワークの準備体操ができたら、
いよいよ過去問です。

同様に繰り返し演習しましょう。

出来ないからと、
いちいち落ち込まないで

最初から出来ていたら、
受験勉強はしなくてよいのですから。

 

タイプ3:文法はできるのに長文読解ができません

文法が得点できているなら、
読む為のルールは押さえられています。
自信を持ちましょう

 

長文が苦手原因は?

では、なぜ、長文読解が苦手なのでしょう?
理由は2つ。

  1. 一文ずつが長すぎて、文の区切りが分からない
  2. 分からない単語でつまずく。

という方が多いのでは?

文法問題では、出題される一文が短いです。
なので、主語、動詞、目的語など、
英文の構成要素がつかみやすいのです。

また、分からない単語は、一、二語レベルで
問題を解く上では気になりません。

長文は違います。
上記2点が、悩ましくしている原因でしょう。

 

1.文の区切りがわかるようになる対策とは?

スラッシュリーディングをしましょう。
これは、意味の区切りになるところで
スラッシュ/をつけながら読むことです。

意味の区切りをつけることで、
英文の構造、文型が理解しやすいのです。

また、訳さずに英語の語順のまま
読解していけるため、速く読めます。

スラッシュリーディングの例を見てみましょう。

We /had never traveled/ to Carlton City/ before,
(私達は/ 行ったことがありませんでした/ Carlton市に/ 以前)

and / were impressed/by /how many restrants and shops/
(また/((私達は))感激しました/沢山のレストランやお店が/

were /all within walking distance.
あったことに/ 歩いて行ける距離に)

となります。
意味で区切るスラッシュを記入すると、
文型が把握しやすく、速く読めます。

スラッシュリーディングは、
教科書の英文に書き込むことから慣れましょう。

2.知らない単語は推測して

知らない単語は、文脈から推測します。

以下の例文で、superbの意味が
分からないとしましょう。

It /was /great /to have the beach /located so close.
(to以下のことは/最高/でした/ ビーチがあること/ こんな近くに)

The views /from the balcony / were/ superb.
(眺めは/バルコニーからの/、superb/でした。)

文脈から、superbは、greatと同じ様な
意味だと分かります。

この様に知らない単語が出てきても、
文脈から推測して切り抜けます。

 

音読が復習に

教科書同様、読解問題も解いた後は、
スラッシュの記号を記入の上
徹底的に音読を繰り返します。

文型や構文、熟語のリズムが染み付いてきます。
未知の単語も文中で、活用された形で
インプット
できます。

 

まとめ

教科書、教科書ガイド、教科書ワーク、
基本の教材を使いつぶしましょう。
徹底的に。

音読しましょう。
解いた問題の英文を、音読して
体になじませましょう。

自分の今までの貯金にあわせ、
自分に合った勉強法を試してみて下さい。

スポンサーリンク

お気軽にコメントをどうぞ♪