駐車場!月極ってそんな意味があったの?

子供と出掛けた帰り道、駐車場を横目に
子供が「あれ、なんて読むの?」

指さした先には、見慣れた文字が並ぶ
看板には「月極駐車場」の文字が。

げっきょくちゅうしゃじょう」って
読むのかな?
と、聞く我が子に、こう答えたんです。

つきぎめちゅうしゃじょう
1ヶ月ごとに借りる駐車場のことよ。」

その返事に我が子は、
「1ヶ月って決めて借りるんだね!
もっと簡単な漢字でいいのにね。」

そうね、と言いながら、今まで当たり前に
見ていた漢字が、不思議に見えたんです。

 
月極」って、どうして「」の字を
使わないんでしょう?

「月極駐車場」とはどんな意味なのか
調べてみましたよ♪

スポンサーリンク



月極の本当の意味とは?

月極駐車場」の本当の意味はどんなもの
なのかというと、

「1ヶ月ごとの単位で、契約する駐車場」
のことを指しています。

駐車場の契約を1ヶ月ごとに「きめる」なら
なぜ、「月決め」にならないのでしょうか?

 

それは、月極の「ぎめ」を表す意味合い
「決める」の意味とは違うからなんです。

「決める」という意味には、流動的だった
ものを固定して動かさないようにする、
という状態のことを指します。

 
物事をはっきりさせる、といった意味が
決める」という言葉にはあるんですよ。

 
しかし、調べてみると、月極に使われている
漢字は、「決める」という意味ではないんです。

それでは「」はどんな意味を持つ
のでしょうか?

詳しく見ていきましょうね。

スポンサーリンク



極が持つ意味

「極」という漢字は、元々は棟木のことを
表しています。

棟木とは、屋根の一番高い位置に据える
長い木のことですね。

屋根の端から端まで届くほど、とても長く、
に近い場所に置かれる。

その様子から、「果てのない・限りない・
この上ない」という意味になりました。

 
また、読み方もいくつかあります。

音読みでは、「ごく・きょく」
訓読みでは、
「きわ-める・きわ-まる・きわ-み」

その他にも、常用漢字ではありませんが、
きめ-る」という読み方もあります。

現代では、あまり使うことはありませんが、
とりきめる・約束する」の意味として
使われていたんですよ。

 
明治時代辺りには、契約するという意味で
使われ、戦前まで常用していた言葉、
とのことなんです。

極を「きめる」と読んでいた時代に、月極
いう文字ができたんですね。

現代では、「極」の字を契約を意味する言葉
として使うことはなくなりました。

しかし、過去に使われていた意味を現代に
受け継ぐ形として、「月極」という言葉が
残ったのですね。

 

まとめ

あちこちで見かける「月極駐車場」に、
我が子は、ものすごい勘違いをしていました。

「げっきょく」さんという苗字の人が
経営している駐車場、だと。

よく目にする「月極」という字には、意味が
ないものだと思っていたようなんです。

その話を聞いた時に、思わず笑ってしまった
のですが、思い込みって、怖いですよね。

 
「げっきょく」と思っていれば、そのままで
過ごすことになってしまいます。

人前で言葉を発した時に、恥ずかしい思いを
するかもしれないですから。

本当の意味を知ることは大切なことですよね。

スポンサーリンク

お気軽にコメントをどうぞ♪