消しゴムハンコはとっても簡単!材料はすべて100均でOK!

お友達に手紙を書くのが大好きな、
小学校3年生の娘。

お互いに手紙を書くのが、
友達どうしで流行っているようです。

まだ携帯を持っていないので、
メールは使用せずに、かわいい便せんに、
今日あったことなどをかくのが日課です。

 
ところが最近それだけでは不満だそうです。

娘「可愛い便せんなんて誰でももっているわ。

 もっと可愛くするために消しゴムハンコを作って、
 便せんにスタンプを押すの。

 消しゴムハンコの作り方を教えて。」

私「消しゴムハンコ?聞いたことはあるけれど、
  作り方は知らないわ。」

少々戸惑いましたが、娘の願いをかなえるために、
消しゴムハンコの作り方を調べることになりました。

スポンサーリンク



消しゴムハンコの作り方

調べてみると、とても簡単に作れることが
分かりました。

以下にご紹介します。

 

消しゴムハンコの材料

まずは材料が必要です。
消しゴムハンコは100均でそろいます。

どんな材料が必要なのかご紹介します。

  • 消しゴム
  • 彫刻刀またはカッター
  • スタンプ 、インク
  • カッターマット
  • えんぴつ
  • トレーシングペーパー
  • 定規など先が硬いもの
  • 練り消し

スポンサーリンク



消しゴムハンコを作る手順

次に作り方をご紹介します。

  1. 作りたい図案の上にトレーシングペーパーを載せて、
    鉛筆で写し取ります。
  2. トレーシングペーパーをひっくり返し
    消しゴムの上に載せます。
  3. 定規のような硬いもので上からこすり
    絵を消しゴムに移します。
  4. 絵柄の周囲2mmぐらいの余白を残して、
    消しゴムをカッターで削り取ります。
  5. 手はテーブルになるべく固定し動かさないようにし、
    消しゴムの方を動かすと削りやすいです。
  6. 転写した黒い線を残すように、線に沿って
    斜め45度位にカッターを傾け掘り進みます。

    このとき深く掘る必要はなく、
    一ミリ程度の深さで十分です。

    慣れないうちは白い消しゴムより、
    色のついた消しゴムの方が、
    掘った場所がわかるので便利です。

  7. 掘り終わったら、練り消しを良く伸ばし、
    柔らかくしてから消しゴムに押し付けます。

    何回か押し付けてみて、
    掘りかすが付いてこなくなったらOKです。

  8. 試し押しをしてきれいに押せてるかどうか、
    試します。

    堀り残しがないかどうか、
    思い通りにきれいに線が出ているかどうか、
    チェックします。

うまくいったら好きな物に、
ポンポン押してみましょう。

インクの色を変えるとカラフルで楽しいです。

参考になる動画がありますので、
ご覧ください。

まとめ

すごく楽しそうに作っていた娘。

上手とは言えませんが、
可愛い消しゴムハンコができました。

小学生が刃物を使うのは危険、
という考えもあります。

でも刃物の正しい使い方を教えてあげるのも、
大人の役目だと思います。

今回のように作りたいものがあったときこそ、
刃物の使い方を教えてあげるチャンスです。

刃物は人に向けない、刃の進む先に手はおかない、
使わないときは刃をしまうなどということを娘に教えました。

娘にはいろいろな道具に触れて、
創作活動を楽しんでほしいと思っています。

スポンサーリンク

お気軽にコメントをどうぞ♪