視力検査の方法!距離には決まりがあるの?

コンタクトレンズを外した時に、何だか
ちょっと嫌な予感が、指先に感じました。

外したハードコンタクトレンズは、真っ二つ

そういえば、このレンズって、もう2年以上
使ってるんだった。

本当はいけないことなんだけど、面倒がって
眼科健診も久しぶりになります・・・。

 
先日、眼科健診を受けてきたのですが、
驚くことに、視力が上がってたんです。

ついでに、乱視も治ってました!

でも、視力検査って、大体どこでも同じ
方法でやってますよね。

ひらがなを読まされたり、円の切れ目のある
方向を答えたり。

一体、どんな基準で、視力を測っている
のでしょう?

当たり前すぎて、考えもしなった視力検査の
方法
について、調べてみましたよ!

スポンサーリンク



視力検査の基準とは?

視力検査で必ず使われるのが、切れ目の
入った円状の図形ですね。

切れ目の方向を答えながら、視力の測定を
していきます。

この円形の図形、「ランドルト環」といって
どれぐらいものが見えるのか測定するために
開発されました。

今から約100年前に、ランドルトによって
提案されたのですが、これには決まり
あります。

スポンサーリンク



ランドルト環には規格サイズがある

ランドルト環の大きさの規格には決まりが
あります。 

直径7.5mmの円状の図形に、1.5mmの幅の
切れ目が入ったランドルト環が基本の
大きさになります。

ランドルト環の切れ目の方向が、5m離れた
場所から見えると、視力1.0になります。

視力1.0となる位置5mを基準にして、半分の
距離2.5mまで近づくと、視力0.5となります。

 
でも、なぜランドルト環と、立つ位置によって
視力1.0となるのか不思議ですよね?

もう少し詳しく見て見ましょうね。

 

視力1.0の定義とは?

この既定のサイズのランドルト環を
5m離れた場所から見て、測定するのが
ポイントなんですよ。

ランドルト環の切れ目から、5m離れた目の
位置までをつないだ線にできた角度は、
1分(ふん)となります。

 
1分とは、角度1°の1/60の大きさになります。
1分の視覚」と言いますよ。

視力をランドルト環と距離から判断する
ためには、このようなを使います。

視力 = 1 ÷ 視角(分)

つまり、5m離れた場所からランドルト環の
切れ目がしっかり見えた場合、

1 ÷ 1 = 1.0
視力は、1.0、もしくは1.0以上になります。

さらに、ランドルト環の大きさを2倍にすると
切れ目の幅は、3.0mmとなりますよね。

比例の原理で考え、切れ目の幅が2倍なので、
視角も2倍、2分になります。

1 ÷ 2 = 0.5
視力は0.5になります。

実際の視力検査では、同じ立ち位置5mから
動かずに測定しますね。

ランドルト環を、該当する視力に合わせた
大きさにして配置しているんですよ。

 

まとめ

ランドルト環の大きさと、立ち位置までの
距離によって、視力が割り出されているんです。

立ち位置がランドルト環から5m離れた場所
というのにも、意味があるんですね。

 
先日の視力検査の結果は、両目とも0.1

これでも視力は上がったんですが、家族に
言わせると、「げっ!!悪っ!!」でした。

さらに、夫には「老眼がき始めたから、
遠くのものが見えやすくなったんじゃ?」

とまで言われましたが・・・。

でも、やっぱり視界がくっきりしてるのは
気持ちがいいですね。

適切な度数のコンタクトレンズにして、
よく見えるようになりましたよ♪

スポンサーリンク

お気軽にコメントをどうぞ♪