朝食にパンと卵?誰でも美味しく作れる簡単レシピ!

朝食は、食べる方が体に良いと、
分かっていても、忙しくて食べれない人も、多いはず。

短い時間で、お手軽に、美味しく、
朝食がとれたら・・・と、思いませんか?

スポンサーリンク

昨年パンと卵を使った、簡単レシピが、
ツイッターで、話題となりましたが、

私の場合、パンと卵を、使った料理というと、
ジブリアニメの、『天空の城ラピュタ』の劇中で、

主人公パズーと、シータが、洞窟内で食べる、
通称”ジブリ飯”を、思い出してしまいます(*≧ω≦)
 

軽く焼いた食パンに、目玉焼きが乗った、
本当に、簡単な料理でした。
 

しかし、この簡単な料理が、
意外にも、オススメの料理なんです。

朝食

何故朝食に、パンと卵が良いのか?

なかなか忙しい朝に、朝食を作って、
食べるのは、大変です。
 

しかし、朝食を抜いてしまうと、体が飢餓状態になり、
昼食で摂取する、カロリーを、過剰に吸収するので、
太りやすい体質に、なりやすくなります。

また、朝食を抜いてしまうと、
基礎代謝が落ちてしまい、痩せにくくもなるのです。

 
朝から、しっかり食べる事で、
脳にも、栄養がまわり、活力が生まれます

また胃や、腸が刺激されることで、消化運動が起こり
便秘の解消にもつながるのです。

 
そして、忙しい朝には、簡単に調理ができ、
タンパク質を多く含む、パンや、卵がオススメなのです。

タンパク質を、多く含んだ朝食をとる事で、
午後の空腹感が緩和され、お菓子などの、
間食を、減らしてくれます。

パンは、米に比べ、タンパク質や、カルシウム、
鉄などを、多く含んでいます。

 
しかし、糖質も多く、意外に高カロリーなので、
砂糖や、バターをあまり使っていない物を、
選ぶのが、大切です。

また、ビタミンや食物繊維、その他の栄養素などを含んだ、
胚芽入りのパンなどが、オススメです。

 
また卵は、栄養が豊富で、
1日が始まる、朝に食べるのが理想的でしょう。

タンパク質が、豊富に含まれている卵。

卵黄には、ビタミンA、B2、D、Eなどを含み、
さらにリン、鉄なども豊富で、
貧血対策にも、オススメ。

 
そして、卵の脂肪は、体内に入ると、
とても乳化されやすく、消化吸収に、優れています。

さらに、パンと一緒に食べる事で、
パンから摂取する、タンパク質の吸収率も、
高めてくれるのです。

 

簡単に調理でき、理想的な栄養素が、含まれている、
パンと卵が、朝食にオススメなのです。

スポンサーリンク

オリジナルで、” ゆるく ”作れる

朝食のパンと、卵を使ったレシピは、
クックパッドでは、数千品以上も、紹介されています。

イコール、誰でも・簡単に・ゆるく、
作れると、いうことなのです。

” ゆるく ” と、いうのは、
” 失敗が少ない ” と、いうことです。

 
自分の好みの、味付けで良く、
よほどパンや卵を、焦がさない限りは、
大抵、美味しく出来上がります

多少の焼き過ぎは、カリカリとして食感が楽しめ、
焼き足りない時は、パンのふっくら感や、
卵の半熟感が、楽しめるのです。

 
また、オーブントースターがあれば、
トーストの上に卵を乗せ、アルミ箔を敷いて、
焼いている間に、出勤準備をすることも可能です。

また、トッピングも自由ですので、
定番のチーズやハム、ベーコンを加えたり、

余裕があるなら、レタスやキャベツなどの、
野菜を加えると、さらに栄養価も上がります

 
色々な食材と、合わせやすいという点も、
優れていて、毎日変える事で、飽きないというところも利点

短時間で簡単に、必要な栄養がとれる、
パンと卵を使った朝食を、ぜひ試してみて下さい。


 
スポンサーリンク

こんな記事も読まれてるよ!

コメントを残す