マスクの効果のほどは?風邪予防にいいってホント?

年がら年中、マスクをして歩くという人は
なにのためにマスクをしているのでしょう?

風邪の予防ですか?冬場インフルエンザ
怖いですよね。

082243-244x300

ですが、近ごろ、こんな話がまことしやか
語られているの、ご存知ですか?
 

マスクは風邪の予防には役立たずだ。

 
これはどういうことなのでしょう?

から、マスクは風邪の予防にいいと
いうことで、学校でも給食当番の子たちは
毎回ガーゼのマスクをしていましたよね?

実は知らないマスクの風邪の予防に効く
効かないという話の本当の意味
調べてきましたのでお付き合いください

スポンサーリンク



マスクをしていても風邪はひく

これは本当に言ったままの意味ですね。

マスクで予防はばっちりだと思っても
風邪ひいてしまったこと、ありませんか?

 
あれは実は仕方のないことなのです。

 
例えば、何層ものフィルター状になっていて
花粉などをシャット!と謳っているものは
世の中に多いです。

 
しかし、相手がウイルスとなれば話は変わり
マスクの構造上、ウイルスに対して
絶対隙間なく作るのは無理な話。

人間は呼吸しなければなりませんから
マスクは当然、空気を通します。

そのための網目の大きさは、ウイルスには
大きすぎて余裕で通り抜けてしまいます。

 
風邪の原因のほとんどであるウイルスが
ピンポン玉ほどの大きさだとすると、マスク
網目ちょっとした庭ほどの大きさです。

具体的な数字をあげるならウイルスは
大きなもので1㎜の1/10000小さいもの
1㎜の1/100000ほどの大きさになります。

到底、マスクでは防げないですよね?

これが、最近話題にあがっている
マスクに風邪予防の効果はない、という
説につながっています。

 
マスクしていてもウイルスが入るなら
していても、していなくても一緒じゃん!
と、こういうことです。

たしかにそうです。

マスクをしていても、人間免疫力
落ちていると、風邪をひいてしまいますし
病気にもなります。

スポンサーリンク



マスクなんてするだけ無駄?

いいえ、そういうことではありません

マスクには風邪の予防に期待できる効果が
あります。

 
なにも、ウイルスを防ぐだけがでは
ありませんので、誤解して、マスクを
ポイしないようにしてください。

 

風邪をひいた人のマナーとしてのマスク効果

風邪の原因であるウイルスは「飛沫感染」と
いって、感染者の唾液や鼻水などが飛び散る
ことで、感染します。

くしゃみや咳をして、その時に口から
飛び散った細かい唾液の水滴がだれかの手に
ついてしまったとします。

 
その人が、それに気づかず手づかみ
パンなどを食べたなら、ウイルスは当然
口に、入ってしまいますよね?

それを防ぐためのマスクです。

 
これはすでに風邪に感染した人のエチケット
周りの人に移さないための
周りの人のための予防方法です。

 

保温・保湿でのどや鼻の機能を補強する効果

風邪をひきやすいのは、が圧倒的に
多いのですが、なぜだと思いますか?

原因はふたつ、あります。

それは、気温が低くなることで
人間の体の免疫機能が機能しにくく
なることがひとつの原因。

もうひとつは、ウイルスが低温乾燥した
日本の冬の気候を好み活発化するから。

人間側が弱り、ウイルス側は強くなる。

これでは、普段からよほど気をつけている
人でなければ、風邪をひくのも
仕方ないのかもしれません。

 
ですが、これを多少なり緩和して
くれるのが、マスクです。

マスクをしていると、熱気や湿気がこもって
眼鏡くもった!なんて人、多いのでは?

これが、風邪インフルエンザ
ウイルスに対する予防のカギなのです。

 

先述した通り、ウイルスは寒くて
乾燥している場所を好みます。

ですが、マスクをすることで
吐いた息がこもり内側
あたたかくなります。

さらに、口の中の湿気が外に逃げないので
保湿状態になります。

こうなると、ウイルスはそこを
避けたがりますし、例え侵入しても
繁殖しにくい環境になっていると言えます。

そのため、風邪を発症しにくくなる
ということになります。

377187-300x192

夏でも油断大敵!おうちの中でもマスクを!

マスクをつけていると熱気がこもり
湿度が保たれるという話をしましたね?

夏場はゆだるように暑くてとてもじゃないが
風邪のウイルスは元気がないと思われがち
ですが、あなたは空調を使わないのですか?

家族のだれかが外から連れ帰ったウイルスが
あるとします。

そして、だれかが入れた夏の暑さをしのぐ
必需品、空調除湿し、涼しく
室内は快適になります。

そうなればウイルスにとってはしめたもの

活動がにぶる暑さから解放され、空調の
おかげで元気いっぱいになります。

 
よく「夏風邪はバカがひく」と言いますが
これは涼の心地よさに身を任せ、体調管理を
怠った方をからかっているのでしょう。

室内であっても、風邪をひきたくないなら
マスクは常に装着しておいて、空調の冷気
除湿から口元だけでもガードしましょう。

 
この時は、使い捨てのものではなく
繰り返し使えるガーゼのマスクを使うと
経済的でいいでしょう。

寝る時もマスクをつけて寝ると
知らず、口呼吸していて朝にのどがガラガラ
なんてこともなくなると考えられます。

濡れマスク」なんて商品もありますが
普通のマスクで十分です。

常に清潔を心がけて、1日使用したもの
きちんと洗濯して、また使いましょう

 

風邪のウイルスは素通りしてしまいますが
それでも、保温・保湿ができる優れものは
マスクのほかにはありませんよ。

毎日を元気に過ごしたいのなら、暖かな
暑いも、涼しいも、寒いも一年通して
マスクをつけましょう。

 
自分を守れるのは自分自身です。

あなた自身のため、大切な人のためにも
マスク習慣を家族で定着させて
風邪ウイルスをはね返しましょう!

 

そのためには、マスクの正しいつけ方
必要です。

清潔な手で取り、ノーズワイヤー
鼻の形に合わせて、マスクを
あごの下まで引っ張る。

と、文字にしてみましたが
わかりやすいように
動画を持ってきました。

無音でテロップが出てくるタイプ
動画ですが、わかりやすくて短いので
さっと見て、マネができます。

参考にしてみてください。

まとめ

要点を言えば、マスクに風邪ウイルスを
防ぐことはできませんが、ウイルスが嫌う
環境を作ることで風邪予防が叶います

これはつまり、人間、私たちが日ごろ
きちんと注意しているということが大切
なってくる、ということです。

マスクをしているから大丈夫、なのではなく
マスクで自分の免疫力をおぎなっている
考えてください。

私は1年通してマスクを愛用していますが
ここ数年、風邪もインフルエンザ
していません。

花粉症蓄膿がひどく、鼻がうまく機能して
いなくて、無意識ではいつも口呼吸ですので
マスクの内側はもわもわです。

家族はよく風邪をひきますが、私は移される
こともなく、平穏にすごしていますので
たまにブーイングが起きます。

が、個人差であり、個人の予防意識の高低差
ですので、文句言われても困ります。

なので、とりあえず、マスクを渡します。

 

あなたはどうでしょう?

今、大事なプロジェクトを抱えていて、とか
育児が大変で倒れるわけにはいかないとか
いろいろな意味で風邪を予防したいはず。

マスクをしましょう。

スポンサーリンク

お気軽にコメントをどうぞ♪