卓球ラバーの寿命は?交換目安と寿命を延ばすメンテとは?

季節や、老若男女を問わず、
不動の人気を誇るスポーツが、卓球です。

プロ卓球選手や、オリンピック選手の活躍などで、
数年前から、卓球ブームが続いています。

スポンサーリンク

さて、卓球を愛するあなたは、
大切なラケットのラバーは、ちゃんと、
メンテナンス・交換をしていますか?

日頃から、きちんとメンテナンスしないと、
ラバーの寿命は、縮んでしまいます。

今回は、ラバーの寿命と交換の目安、
そして、寿命を延ばすメンテナンスについて、
ご紹介したいと思います。

048261

ラバーの寿命はメーカーと素材で変わる

ラバーの寿命は、メーカー、素材、
などにより、かなりがあります。

各メーカーが、公式に提示している、
ラバーの寿命は、大まかに分けると、
以下のようになっています。

 
【高弾性・高摩擦ラバー】 
1ヶ月未満
ラケットに装着する際、接着剤を使わなくても良い、
ノングルー対応ラバーなら、2ヶ月前後

 
【回転系テンションラバー】
3~4ヶ月 
バタフライ社の、「テナジー」シリーズなら、
1ヶ月前後

 
【粘着ラバー】
3ヶ月前後
「銀河」や、「パリオ」など、
中国メーカーの製品なら1~2ヶ月、
バタフライ社の「タキネス」シリーズなら、5~6ヶ月

スポンサーリンク

寿命と交換の目安とは?

ラバーが寿命を迎えると、見た目や、
プレーに、様々な変化が起こります。

 
どのメーカー、素材も共通ですが、
ラバーに、以下のような症状が出たら、
寿命を迎え、交換の時期が来たと、判断できます。

  • 表面の色が薄くなる
  • ホコリや汚れで白っぽくなっている、
    場合があるので、クリーナーをかけた状態で、
    判断してください。
     

  • 粒々が浮いてきたように見える
  • 表面が摩耗して、薄くなった証拠です。
     

  • ラバーに白い線や筋が見える
  • ゴムが劣化して、細かいヒビができた状態。
     

  • 欠けや剥がれが出た
  • 台と接触することなどで、主にラバーの端が、
    傷み、そこからグルーが剥がれたり、
    欠けが、出ることがあります。
     

  • ボールのスピードが落ちた
  • ラバーの内部が傷み、弾力性が落ちている状態です。
     

  • ボールの引っかかりが悪く、うまく回転しない
  •  
    初心者にはわかりにくい点ですが、
    思うように、回転をかけられなくなったときは、
    ラバーの表面の、摩擦力が落ちています。

これらの症状や、プレーの違和感を感じた時は、
ラバーの寿命・交換時期です。

 
プレーの頻度や、レベルによって、傷み方や、
感じ方には差がありますが、見た目の変化は、
初心者でもわかりやすい、目安になるでしょう。

066140

寿命を延ばす!練習後のメンテナンス

ラバーの寿命を、少しでも長くしたいなら、
日頃のメンテナンスは、とても重要です。

【必要な道具】

  • 市販の卓球ラバー専用クリーナー
  • スプレータイプよりも、泡タイプがおすすめです

  • クリーナーふき取り用のスポンジ
  • ラバー保護シート

 

【メンテナンスの手順】

  1. ラケットの上に、クリーナーを、
    卓球ボール半分ぐらいの量で乗せる
  2. スポンジで、全体に伸ばす
  3. 強い力で擦ると、逆にラバーを傷めるので、
    擦らず優しく伸ばす

  4. 泡が無くなったら、ラケットを軽く振り乾かす
  5. 乾いたら、ラバー保護シートを装着する
  6. ラバーとの隙間に空気が入らないように、
    密着させるのが、ポイント

 
ラバーは、水分に弱いものです。

ですから、メンテナンスは、一日一回以内にとどめ、
練習や試合の後に、行うのが良いでしょう。

ラバーの寿命と目安、メンテナンス方法を知れば、
あなたのプレーは、より楽しく、
より一層のレベルアップも、期待できますね!


 
スポンサーリンク

こんな記事も読まれてるよ!

2 Responses to “卓球ラバーの寿命は?交換目安と寿命を延ばすメンテとは?”

  1. Wow this is a great resource.. I’m enjoying it.. good arOWRle[itcDPRESS HASHCASH] The poster sent us ’0 which is not a hashcash value.[WORDPRESS HASHCASH] The poster sent us ’0 which is not a hashcash value.

  2. I just used Picasa to send my entry. Strangely, the service does not allow customizing the Subject, so my apologies for the email arriving in your inbox with a nondescript subject “Invitation to view a photo from Lloyd’s Picasa Web Album – Drop Box.”

コメントを残す