電卓の便利な使い方!gt・acの使い方とは?

この間、小用で電卓を使っていました。
いつもどおり、キーを打っていると。
ふとあるものが、目に入ってきました。

 
それは、gtやacと言った文字キー。
いつも、しら~と流してきましたが。
ちょっと、気になった訳です。

 

これ、どうやって使うんだろう、と。

dbca28e124f51bd80fccc1494401dbe7-300x225

例えば、パソコン。
使わなかったキーを、使える様になると。
急に、世界が広がったります。

電卓でも、同じ事が言えるのではないか。
そんなふうに、思った訳です。

 
では実際、これらはどう使うのか。
調べてみる事にしましょう。

まあ、実際のところ。
なかなかに、手強かった訳ですが。

スポンサーリンク

MC・MR・MS・M-・M+の使い方

電卓を、パッと見て目に入る文字キーは。
MC・MR・MS・M-・M+
これらの、Mシリーズです。

 
これらは、どう使うのでしょう?

これらの機能。
まとめると、次の様になります。

  • MC(メモリー クリア)

  • メモリーを、消去します。

  • MR(メモリー リコール)

  • メモリーの値を、呼び出します。

  • MS(メモリー ストア)

  • メモリーへ、表示される値を記憶します。

  • M+(メモリー プラス)

  • 表示される値を、メモリーに足します

  • M-(メモリー マイナス)

  • 表示される値を、メモリーから引きます

この様に、なります。
これらのMは、メモリーの事なんですね。

 

これらの、使い方。
それは、数字を一時的に控えておく事です。

 
使い方としては。
例えば、合計の数を求める時に使います。

100円のジュースを、2本。
50円のガムを5つ、買った場合。
この時の計算は、次の様になります。

100円のジュース2本→ 
[100][×][2][M+]→200

50円のガム5個→
[50][×][5][M+]→250

合計→
[MR]→450

この際、=ではなく。
M+やM-を押して、小計を出します。
先の答えを、覚えておく必要がなくなります。

もう一つの、使いとしては。
四則の混じった計算に使うと、便利です。

 

例えば、10×10+5÷5=101と計算する時、
掛け算、割り算を先にしなければなりません。

けれど、これをそのまま入力すると、
(10×10+5)÷5=21と、されてしまいます。
こんな時に、これらのキーを使うと。

[10][×][10][M+]→100
[5][÷][5][+][MR][=]→101
※MRの所で、先の100が呼び出されます。

として、正しい答えを出してくれます。

スポンサーリンク

gtの使い方

次に、gtの使い方を調べてみましょう。

 
gtは、グランドトータルと言う意味です。
その機能は、一言で言うと「集計」です。
例えば、

1000+2000=?
1000+2500=?
3500+6000=?
 
上記の足し算の、集計を出す場合は?

gtは、「=」との併用で成り立ちます。

 

実は、「=」は、
計算結果を、集計用のメモリに加えています。
 
 
よって、上記の問題の場合。 

個々の計算をしながら、
「=」を押して、各結果を保存していきます。

個々の計算の後、gtキーを押します。
すると、諸計算の集計が表示される訳です。

d95183ab5bdb7b6cf50a18ef88d648aa-300x225

acの使い方

さて、最後はacです。
 

acは、オールクリアの意味です。

これまでの計算履歴を、全て消去します。
ただし、前述のM機能を使っていた場合。
acだけだと、メモリーの内容が残ります。

 

画面に、Mの表示が出ている場合。
続けてMCを押して、消去してください。

 
なお、似た用途のもので。
「C」キーが、あります。

これは、最後に入力した数値だけを消します。
間違えない様に、区別してください。

d48bbc2c9ccf7e64c941c2c29773c7ac-192x300

最後に

以上が、電卓の機能の利用方です。
どうでしたか?
正直、なかなかに難しいかな、と。

 

実際、調べた私も。
全部覚えてはいません(汗)

これは、実践で覚える他ないでしょう。

使いこなす事が、出来れば。
間違いなく、便利な機能ばかりです。

 
興味をもったあなたは、是非実践を。
生活の益になる事は、請け合いです。

さて、私ももう少し。
勉強してみましょうか。

文系の私には、かなり手強いですが(笑)


 
スポンサーリンク

こんな記事も読まれてるよ!

コメントを残す