東京で電車の乗り換え!スムーズに行く方法は?

東京に住んでいる方には、
電車の乗り換えは慣れたものかもしれません。

 
しかし!

 
私のような地方民にとって、
いざ上京したとしても、
どの路線がどこへ行くなんて知りません!

路線を上京前から調べて、
下準備は完璧!

11effc9ead040b43f9f63e746a26bb7e_s-300x199

けれど、ちょっとでもスムーズに、
電車に乗りたい。

 
そう思う方は、結構いるのでは
ないかと思うのです。

そこで、都内に兄弟が住んでいるとか
いざ、遊びに上京したと仮定して、
どんな風にスムーズに電車の乗り換えができるか。

ちょっとご紹介したいと思います。

スポンサーリンク



切符を買うのも大変!

上京して感じたこと!
それは人の多さです。

切符を買うにも、
時間帯によったら一苦労!

 
関東在住の弟のところに遊びに行った際、
当たり前のことかもしれませんが、
弟はSuicaでササっと改札を通過

私は乗り換えをするたびに
切符一枚買うために並んで
弟を待たせないとダメでした。

 
そこで弟が私に言いました。

「ICカード持ってないの?
 全国共通で使えるはずだよ」と。

スポンサーリンク



全国交通系ICカード相互利用は2013年から

地方にも独自のICカードがあり、
バスや電車で使用している方も多いですよね。

そのICカードですが、
2013年に全国10種類の交通系ICカードが、
相互利用ができるようになっているのです。

 
たった10枚のICカード、と
思われるでしょう。

けれど、そのたった10枚がすごいんです。

 

全国の駅の半分近くとなる4275駅と、
バス2万1450台
(2013年現在12月1日現在)が
使えるようになっているのです。

 

10枚のICカードは?

2013年に相互利用されているのは、
JR各社が発行する「Kitaca」「Suica」「TOICA」

「ICOCA」「SUGOCA」
首都圏の私鉄などで利用できる「PASMO」

関西の私鉄などで利用できる「PiTaPa」
名古屋市交通局と名古屋鉄道の「manaca」

福岡市交通局の「はやかけん
、西日本鉄道の「nimoca」です。

 
そしてこれらのICカードは、
東京だけでなく、他県でも利用可能なのです。

 

どの線で利用できるか

上記のICカードはSuica・PASMOが使える
ほとんどのエリアで使えます。

ただ、多摩都市モノレール
Suica・PASMOが使えますが、
他のカードは使えないそう
です。

 

自動改札機の通り方

地方のICカードを使う場合、
アラーム鳴って止められたらどうしよう!

不安に思われる方もいるでしょう。
けれど、大丈夫!

東京都内のICカードも
改札の通り方は同じです。

 
それでも不安という方は、
以下の動画で確認されてみてください。

 

ICカード以外では

ICカードを使っていない
という方もおられるでしょう。

そういう方には、
フリー切符というのがあります。

 
東京1DAYきっぷ
http://www.keikyu.co.jp/information/otoku/otoku_tokyo/index.html

東京フリーきっぷ(1日乗車券)
http://www.kotsu.metro.tokyo.jp/subway/fare/otoku_free.html

ゆりかもめ一日乗車券(人気エリアお台場)

一日乗車券・回数乗車券

などなど他にも
色々とあります
こういうのを使うのも便利です。

 
ほぼ網羅されている観光サイト
ありますので、
こちらもご参考にされてみて下さい

http://gotokyo.org/jp/tourists/info/profit/index.html

ebb52c6721ef0b7e657c82a58d75a2bf_s-300x168

まとめ

いかがでしたでしょうか?

私は弟のところに遊びに行った際に
電車の乗り継ぎで切符を買うのに
ドキドキしていました。

でも、ICカードやフリー切符を事前に準備しておけば、
あとは路線の乗り換えさえ間違えなければ
電車に乗るだけ。
 

スマホなんかも使えば
路線もすぐにチェックできます。

みなさんも上京の際には、
ぜひICカードをチャージやフリー切符などを準備して、
スムーズに乗り換えしていきましょう!

スポンサーリンク

お気軽にコメントをどうぞ♪