山で蜂に出会ってしまったら?覚えておきたいハチ対策法!

梅雨が明けると夏山シーズンの季節を迎え、
登山やアウトドア、キャンプにと
山へ出かけるには良い季節がやってきました。

 
しかし、蜂に刺される被害
毎年のようにマスメディアでも取り上げられ、
山へ行くときの心配事のひとつです。

夏から秋にかけて
スズメバチは最も活動が活発になります。

959826fc32337e6ce96ee55c463d27b9_s

この季節、ハイキングなど山へ出かけられる方は
注意が必要です。

自然のなかでは、わたしたち人間が注意しても
防ぎきれない事態が数多くあります。

「あの時こうすればよかった」と後悔しないように

どのように防いで、どのように対処すればいいのか
くわしくまとめてみました。

スポンサーリンク



蜂の習性を知ろう!

蜂は6月頃、巣作りをはじめになると
「女王蜂」が生んだ「働き蜂」が
活発になり、神経質になりだします。

8月~9月頃は危険期間に入ります。
巣を守るため攻撃的になるのです。

 
日本にいる蜂は4,000種類以上あり、
そのなかでも、攻撃的で危険なのが、
主にスズメバチ科の蜂といわれています。

スズメバチはミツバチと違って肉食です。

夏から秋にかけて食料を探して、活発に飛び回り
人と出会う確率が高くなるのです!

 
人に深刻な被害を及ぼす蜂は

  • スズメバチ:5月上旬~11月頃まで活動
  • アシナガバチ:4月上旬頃~9月頃まで活動

以上の2種です。

 
蜂を一番刺激してしまうのが、巣に近づくこと!

巣から半径10mくらいが危険区域です。
5m以内は特に危険です!

 
テリトリーに入ったら無条件で攻撃対象!!
刺すのはメスのみです。

蜂が飛び回っていないか、周囲にも気を配りましょう。
巣を見つけたら一刻も早く離れてください!

アシナガバチは葉のウラや茂みのなか、
スズメバチは地中などにも巣を作ります。

 
近づかないことが一番ですが、目立たない場所が
多い
ので、しらないうちに巣に近づいていた!

なんてことも…

山での蜂の事故のなかでは、多いパターンです。

おもに蜂は、山林や農村部に多く生息しています。
一人では山に入らないようにしましょう。

スポンサーリンク



蜂の巣に近づいてしまった場合の対処法

蜂は攻撃するまでに以下の手順を踏みます。

  1. 「警戒」
  2. 「威嚇」(カチカチ音)
  3. 「興奮」
  4. 「攻撃」

①「警戒
まず、蜂は巣へ外敵の接近を感じると、
巣の外へでて、外敵をみながら飛び回ります。

②「威嚇」(カチカチ音)
さらに近づくと、蜂も近づいてきて威嚇行動
とりはじめます。

高い羽音を出して飛び回ったり、オオスズメバチは
顎を噛み合わせて「カチカチ」と威嚇音
出したりします。

カチカチ音はスズメバチの『威嚇警報』です。
カチカチ音を聞いたら、そっと逃げましょう。

蜂の目は、地中ちかくは見えにくいので、
目を閉じて、姿勢を低く、そっと後ずさりして、
巣とは反対方向へ、いそいでその場を離れましょう。

③「興奮
絶対に手で払うことはNGです!

蜂は左右に動くものに敏感なので、
手やタオルで払うのは危険です。

ビックリしたからといって、大声も出してはダメ!
大声を出したり手で払ったりすると、
ハチは興奮して仲間を呼び寄せます。

警告を無視して近づくと、刺されます。

その場でジッとしていると、集団で襲ってくる
ので、一刻も早く逃げましょう!

④「攻撃
蜂をあわてて叩いたりすると、蜂は攻撃モード
きりかえて、刺してきます。

そのとき、毒液を放出するのですが、
毒成分の他に『警報フェロモン』が含まれています。

この警報フェロモンは、仲間に
「みんな敵だよ!攻撃するときダヨ!」
お知らせする成分なのです。

巣から一斉に、蜂が飛び出してきたら、
警報フェロモンで、「興奮」が「攻撃」に
変わった合図です。

スズメバチはミツバチと違って、1度刺しても
死んだりしません。

一匹を興奮させ、毒液「警報フェロモン」を
まき散らすと、大変です!

 
刺されなくても、自分の衣服に付いてしまう
攻撃のターゲットになってしまうのです!

はげしく興奮すると、何度でも襲ってきますし、
ときには、数十メートル追われることもあります。

そうなっては、とにかく逃げ切ることが最優先です!

ハチ対策の注意点

  • 黒いものは身に着けない。
    (白い帽子、衣服で保護し、頭や黒目にも注意が必要)
  • 肌を露出させない。
  • 整髪料・香水など匂いを発するものはつけない。
  • 姿勢を低くする。
  • 蜂に遭遇したら、ゆっくり下がりながら逃げる。
  • ハチの巣に近づかない・揺すらない。
  • 手で払わない。

他にも匂いの強い果物や、飲んでいるジュース
缶にもぐりこんで、知らずに口を付けた人を刺すことも
あります。

 

万が一、何も準備もせずに、蜂に攻撃された場合は

すぐに黒い服は脱ぎ捨てて、
髪の毛は白いハンカチなどで覆うといいでしょう。

 

蜂に刺されたときの応急処置は?

  1. まずは、すばやくその場から離れます。
  2. できるだけ素早く毒液を抜き取ります。

    ポイズンリムーバー」が有効です。
    ない場合は、指でつねって絞り出します。
    口で吸いだすのはNGです。

  3. 傷口から毒液を絞り出すように、
    もみながら流水にさらすと効果的です。
    ※蜂の毒は水に溶けやすい性質があります。

    できれば、瞬間冷却材などで素早く冷やします。
    ※毒の回りを遅くします。

  4. 抗ヒスタミン軟膏やステロイド剤、
    タンニン酸水を塗ります。

    市販の抗ヒスタミン剤をあらかじめ用意しておくと、
    いざというとき役に立ちます。

    ※ハチに刺されてときおしっこをかけるという
    話がありますが全くの迷信です。

  5. できるだけ、患部を濡れたタオルなどで冷やし
    安静にしつつ、皮膚科を受診しましょう。
  6. アナフィラキシーショックを思わせる症状が
    みられたら、いそいで救急車を呼びましょう!
    絶対に背負ったりしないで、タンカに乗せて運びます。

 

蜂に刺されたときの症状は?

  • 軽い症状
    痛み、発疹、腫れ
  • 全身症状
    じんましん、だるさ
  • 深刻な症状
    口の乾き、しびれ、息苦しさ
  • 顔面蒼白
  • 呼吸困難
  • 意識障害
  • 急激な腹痛・嘔吐
  • 心停止

上記の症状が出た場合、早急な救急処置が必要です。
最寄の医療機関に急ぎましょう。

 

『アナフィラキシーショック』とは?

36f555dce90a74d88c030c99da706c9b_s

アレルギー症状の一種で、生死に関わる事もある、
非常に強いアレルギー反応です。

この反応は個人差が大きく、
すべての人が、このアレルギー反応が
おきるわけではありません。

 
多くの人は、刺された部位が赤くなったり、
熱をもったり、腫れたりはしても、
数日もすればおさまります。

アナフィラキシーショックの場合は
ハチに刺されてから、数分以内

  • 全身が赤くなる
  • 呼吸が苦しくなる
  • 血圧が下がる

などの症状が起こります。

 
もし、刺されたら、10分~15分の間に病院で
治療を受けることが、最善です。

特に、最初刺されたときに、意識が朦朧とする
ような人は注意が必要です。

 
過去に、スズメバチやアシナガバチに刺された
経験のある人が、再度、刺された場合は、

蜂毒によるアナフィラキシーショック
起こす可能性があります。

 
過去に、アナフィラキシーショックを起こしたり、
または起こす危険性があると思われるヒトは、

緊急時のために、アドレナリン自己注射液
常備しておくことも重要です。

 

蜂に刺されたら何科に行く?

応急処置を行って、20~30分ほど様子をみて、
異常がないようならまずはひと安心!

途中で、少しでも様子がおかしい!?と思ったらすぐに
医療機関を受診することです。

 
また、異常がない場合でも、蜂に刺された際は
念のために病院を受診しましょう。

蜂に刺された場合は、一般的に皮膚科を受診します。

外科や内科、総合病院の救急外来は、
病院によっては受診できない場合もあります。

事前に電話で「ハチに刺された」ことを伝えて、
受診可能か確認してから行くと良いでしょう。

 

まとめ

70941f3a2449a0a96468deb4c985a88f_s

例年、ハチに刺されて亡くなられる人は30人程度。
特にオオスズメバチによる死亡事故が多く報告
されています。

 
健康な人は100匹のハチにさされても
死亡しないそうですが、

アレルギー反応を起こす人は
わずか1匹のハチに刺されても死亡します。

 
不幸にも亡くなった方は、刺されてから
10~15分程度で激しいアレルギー反応で、

痙攣、血圧降下、意識障害の症状が起こり、
呼吸困難で死亡されたそうです。

また、スズメバチの毒はまむしの毒より
はるかに強いのです。

ハイキングやアウトドアなどは、自然のなか
過ごすものですので、

蜂などの有毒な生き物に出会ってしまう機会は
意外に多いかもしれません。

ハチに襲われた場合は、最悪、死の危険性もあります。

しっかりと対処法や、応急処置などをいざというときに
備えることで、楽しく安全に山での自然を満喫できる
のではないでしょうか。

スポンサーリンク

お気軽にコメントをどうぞ♪