新婚旅行は国内?海外?最近の割合は?

めでたく結婚式を終えたカップルにとって
次なるビッグイベントと言えば
何といっても、新婚旅行ですよね~♪ (*´∀`*)ポッ

wedding_couple-247x300

二人にとって一生の思い出となる
特別な旅行なだけに

ハネムーンの行き先選びって、
やっぱり慎重になってしまいますよね。

 

そんな中でもまず第一の、そして最大の問題
が行く先を国内にするか、海外にするか
ではないでしょうか?

 
かく言う私たち夫婦も、先月挙式も終えて
やっと新婚旅行の話が本格化してきました。

やっぱり、新婚旅行なら
海外に行きたいじゃ~ありませんか!
それなのに、旦那が大反対。

「飛行機に乗りたくない。
 海外なんて、興味がない。」
と、国内旅行を主張。

え~っ!

昭和じゃあるまいし、新婚旅行が国内だなんて
そんなのありえねー。 ヽ(`Д´#)ノ ムキー!!

kenka_couple-300x272

思わず旅行代理店に、勤務経験のある
友人のA子に、愚痴ってしまいました。

私「旦那が新婚旅行は国内がいいって
  言い出して参っちゃった。

  今時、国内で新婚旅行をするカップルなんて
  ほとんどいないわよねェ。」

 
A「あら!そんなことないわよ。
  国内旅行を選ぶ人たちも、意外と多いのよ。」

 
私「え″~!?マジで?」

スポンサーリンク



国内新婚旅行をするカップルの割合は?

「新婚旅行と言えば、当然海外!」
って思っていませんか?

でも実は、国内旅行を選択しているカップルも
意外と少なくないんですよ!

A「実際、どれくらいのカップルが
  国内旅行をしているかっていう調査によると

  25歳~34歳で『新婚旅行』に行った人は66.4%
  そのうち海外が行き先だったのは73.4%

  (『gooリサーチ・オールアバウト共同の
   既婚女性1,000人調査』平成20年6月24日)

  又、別の全国の新婚旅行の実施者、
  もしくは申し込み済み者を対象にした
  『新婚旅行の行き先』に関する調査によると、

  75.7%が海外
  24.8%が国内

  (『ゼクシィ結婚トレンド調査2010』
   リクルートブライダル総研)
  だったそうよ。」

 
私「ってことは、約25%つまり、
  4分の1以上のカップルが、国内旅行を
  しているってことだよね?意外と多い!」

 
A「驚くのはまだ早い!
  実はペコちゃんでお馴染みの
  不二家の調査結果によると

  海外新婚旅行 57%
  国内新婚旅行 43%
  不明      1%

  (不二家ファミリー文化研究所
  「家族(家庭)」に関するアンケート)

  と約4割という高い割合のカップルが
  国内旅行に行ったことになっているのよ。」

 
私「げー、マジで!?」

 
A「しかもそれだけじゃなくて、最近
  新婚旅行を国内でっていうカップルが
  増えつつあるっていうデータもあるのよ。」

スポンサーリンク



国内新婚旅行の人気が上昇中!

A「新婚旅行の行き先が、『海外』か
  『国内』かの割合を、年代別に
  不二家が調査した結果によると、

  1960年代では、『海外』は0%。
  つまり全員が、『国内』だったのが

  1970年代には『海外』が20%程度まで増え
  その後、1980年代を境に60%後半まで
  グ~ンと増え、

  その後1990~2000年代までは、
  全体の約70%が『海外』という結果に!

  1980年代は成田空港の開港や円高、
  国の『海外旅行倍増計画』なんかもあって

  海外旅行に行く日本人の数も
  右肩上がりで急成長。

  当然、新婚旅行でも『海外』を
  選択される方が増えていったんでしょうね。

  ところが、なんと2010年代になると、
  海外派と国内派が半々、という結果に。」

 
私「え~っ!?どうしてそんなに
  国内に行くカップルが
  増えちゃったわけ!?」

 
A「実はハネムーンと言えば、海外!
  というのは、一昔前のお話。

  最近は、国内旅行ならではのメリットに
  目を向けて、国内を積極的に選択する
  カップルも、増えてきているの。」

 
私「国内旅行のメリットって?」

 

国内旅行ならではのメリット

・移動時間が少なくてすむ

 海外旅行に付きものの、長時間の移動は
 疲れるうえ、時差などの問題もあります。

 又仕事の関係上、長いお休みが
 取れないことも、ありますよね…。

 国内旅行なら、移動に時間がかからないので
 長い休みが取りにくいカップルに
 うってつけです!

・言葉の壁や治安の悪さへの心配が少ない

 海外旅行で何と言っても不安なのが
 言葉の壁の問題では、ないでしょうか?

 その上、引ったくりやテロなどの
 治安面を心配する人も
 少なくないことでしょう。

 勿論国内でも、こうした被害に
 遭うこともあるでしょうが、

 言葉の通じない海外では、一層不安を
 かき立てられるもの。

 その他にも、ちょっとしたことですが
 チップなどの、習慣の違いもストレスの元

 折角の新婚旅行で、こういった不安や
 ストレスはできるだけ避けたいって
 いうのがホンネですよね。

・旅行の準備が楽

 パスポートを持っていない場合は、
 発行の手続きをしたり、
 為替レートを気にして両替したりと

 海外旅行に付きものの準備が
 必要ないのは、助かりますよね。

travel_passport-300x233

・旅行代金が比較的安く済む

 旅行代金に関しては、その日程や
 シーズン等によって、

 大きく料金が異なるものなので、
 あくまで目安ということになりますが、

 と銘打って、売り出されている
 ツアーの、1人当たりの最低金額
 

国内新婚旅行の場合

 【10万円~】

   沖縄本島(4日間)
   北海道3都市(4日間)

 【15万円~】

   九州周遊(4日間)
   沖縄離島1つ(4日間)
   関東・関西周遊(4日間)

 

海外新婚旅行の場合

 【10~15万円】

   グアム(4日間)
   サイパン(4日間)
   ハワイ(5日間)

 【15~30万円】

   イタリア(8日間)
   カナダ(8日間)
   オーストラリア1都市(6日間)

 【30~35万円】

   ラスベガス(8日間)
   フランス(7日間)
   スペイン(9日間)

 
私「う~む。確かに国内旅行も魅力的だって
  いうのが分かってきたわ…。

  でも、海外旅行の方がいいことも
  あるはずよね?」

 
A「勿論よ。」

 

国内旅行のデメリット

・刺激的な体験が少ない

 海外旅行では、日本では味わえない
 その国ならではの、体験や文化が味わえます!

 国内旅行は、不安は少ないですが
 その分非日常性や面白味、刺激
 欠けるという面も!

・行先によっては海外旅行と値段があまり変わらない

 北海道や沖縄に行くより、グアムやサイパンに
 行った方が安くすむ場合も少なくありません。

 また、有名温泉地の旅館の中には
 部屋や料理が大したことなくても
 かなり料金が、高いところもあります。

 値段が変わらない場合、やはり海外の方が
 お得感があるかも・・・。

 
私「う~ん。確かに国内海外ともに
  一長一短があることは分かったわ。

  だけど、それって昔っからのことでしょ?
  どうして最近になって、国内旅行に行く
  カップルが増えたのかしら?」

 

最近の国内新婚旅行の傾向は?

最近では、新婚旅行の行く先として
国内を選択するカップルが
確実に増えてきつつあります。

これは、授かり婚で結婚するカップルが
増加した影響も考えられますが、

新婚旅行に対して、以前ほど「海外が当然!」
という風潮が薄れてきている
せいもあるでしょう。

 
しかも国内を選んだ場合、海外に比べ
渡航費を安くおさえられる分、

宿泊するホテル、料理、アクティビティ
等にこだわり、

普段の国内旅行よりも贅沢で、ゴージャス
旅行を楽しむ傾向も!

 
また、言葉の壁がない国内であれば
現地での急なトラブルにも対処しやすいため、

ちょっとした冒険に、チャレンジすることも
できるでしょうし、

ハネムーンの過ごし方を、自分達で色々と
アレンジすることもできるでしょう。

 
A「私が、旅行代理店に勤めていたときにも
  普段なかなか行けない

  高級ホテルのスイートルームに泊まったり
  豪華な食事を楽しみたい!
  という依頼は、当たり前。

  それ以外にもレンタカーを借りて
  北海道を車で旅行したいとか、

  クルーズトレイン『ななつ星』の
  DXスイートに泊まりたい!といった

  こだわりの依頼をするカップルも
  少なくなかったわ。」

 

おわりに

A「新婚旅行は、どこへ行くかを考えるのも
  重要だろうけど、一番大事なのは

  お互いが気持ちよく、気分よく楽しく
  過ごせるか
ってことじゃないかしら。

  旦那さんが国内のどこに行って、
  どんなことをしたいのか
  一度チャンと聞いてみたら?」

というA子のアドバイスに従い、
旦那の意見にも、ちょっくら耳を
傾けてみようと思います。

海外旅行も魅力的ですが、国内でゆったり贅沢に
しかも自分達のやりたいスタイルでの
新婚旅行っていうのもちょっと心そそられます。

旦那の提案次第では、国内旅行もありかもです。

何はともあれ、せっかくのハネムーン。
絶対、思い出に残るものにすべく
妥協はしませんよっ!

スポンサーリンク

1件のコメント

  • Thus, when you balance the probability of error versus the cost of a
    realtor it is generally worth that little extra bit to buy peace of mind.
    You should also find out how much vacation time is the norm and how
    what level unemployment there is as well. The real answer has many different factors to consider.

お気軽にコメントをどうぞ♪