キャリケースのサイズの制限は?海外に行く時知っておきたい事!

ボーナスをもらったので、
大好きなパリに、旅行に行きます。

2b66bd950e19e4bb34bae7fd4fc76f42_s-300x198

もちろん、お買い物が、何よりの楽しみ!
気になるのは帰りの荷物です。

キャリーケースを買うことにしましたが、
どのようなものがいいか、迷っているので、

キャリーケースのサイズについて、
どのぐらいが理想的なのか、調べてみました!

スポンサーリンク



飛行機で持ち運べる荷物の量は?

パリ⇔東京の直行便の、
日本航空(JAL)、全日空(ANA)、
エールフランス
で、比較してみます。

航空便での荷物には、
機内持ち込み手荷物と、
空港カウンターでの預け入れ手荷物とがあります。

 
まず、機内持ち込み手荷物について、
見てみますね。

f3cfe05217d106d6e652b4913ed79d2d_s-225x300

機内持ち込み手荷物

機内に持ち込めるのは、身の回りの品物です。
パソコン・カメラなども含みます。

座席の下や、座席上の共用収納棚
入れることのできる、大きさになります。

 
JAL・ANAは、
3辺の和が115cm、
且つ55cm×40cm×25cm以内
で、
10kgまでとありました。

 
エールフランスは、エコノミークラスで、
55cn×35cm×25cm以内で、サイズは少し小さめですが、
12kgまでです。

 

手荷物は、旅行中の移動状況を考え、
ボストンバックやナップザック、
キャリーバック
などが良さそうです。

友人は、フランスで買った、ナイロン製の、
ロンシャンのトートバックを愛用していました。
軽くて丈夫なんだそうです。

「手荷物は1個」と記載されていますが、
それとは別に、ハンドバックは、
持っていて良いとされています。

 
但し、大きさ・重量は、
全手荷物分を合わせての、制限以内となります。

また、空港内の免税店で、買ったもの以外は、
液体の持ち込みは制限されています

 
半ナマ状態の、チョコレートやマカロンなどは、
預け入れ荷物に入れる、のが無難ですね。

スポンサーリンク



預け入れ手荷物

大きな荷物は、カウンターに預けます。
荷物の制限について、各社を比較をしました。

ビジネスクラスの比較です。

会社名 重量×個数 高さ・横・幅の和/個
JAL 23kg×3個 203cm以下
ANA 32kg×2個 158cm以下
エールフランス 32kg×2個 158cm以下

(2016年4月現在)
 

エコノミークラスの比較です。

会社名 重量×個数 高さ・横・幅の和/個
JAL 23kg×2個 203cm以下
ANA 23kg×2個 158cm以下
エールフランス 23kg×1個 158cm以下

(2016年4月現在)

いずれも、
キャスターと持ち手の部分を含めた大きさです。

エールフランスの、
プレアム・エコノミークラスは、23kg×2個まで無料です。

 
また、日本で航空券を購入した場合に限り、
エコノミークラスでも、23kg×2個まで無料です

JALだと荷物が若干大きくてよいので、
エコノミーでも、お得な感じです。

しかし、その時のツアー価格や、
サービスや食事の面で、好みがあるので、
どこの航空会社がいいか、は一概には言えません

また、自分がいつも利用している、
ポイント制度にも関係しますよね。

 

キャリーケースは1個?2個?

キャリーケースを2個持つことは可能ですが、
それは、お勧めされてないようですね。

確かに、2個も持つことになると、
持ち運びに苦労します。

 
万が一、キャリーケースのキャリーが壊れた場合
2つのケースを運ぶことは、難しいです。

また、空港内ではなんとかなるものの、
一人で帰ってくる場合は、
帰りの、家までの道のりが、大変ですね。

 
キャリーケースには、衣類や日用品、
壊れにくいお土産を詰めて、規定の重量にします。

あとは、ダンボールに、お土産をまとめて入れるか、
大き目のボストンバッグにして、
重量を調整するといいようです。

 

ダンボールは、そのまま空港から家まで、
宅配してもらうと、楽ですね。

 

キャリーケースを選ぶときのポイント

さて、お店に行くと、
さまざまなキャリーケースがあって、
迷ってしまいました。

f6d5abd42c11b306001e4b2e4bb8202b_s-300x200

約1週間の旅行だと、どのようなものが、良いでしょう。

  • 大きさは?
  • 重さは?
  • 強度(材質など)は?

 

大きさは?

現在、キャリーケースは、
縦・横・高さの合計の和が、158cm以下のものが
ほとんどのようです。

大きさは、S(40~55L)、M(55~75L)、
L(75~100L)
が目安です。

身長155cm以下だと、
Lサイズは若干運びに苦労するとか。

お土産を入れて帰ることを考えると、
女性で、Mサイズで大きめがお勧めのようです。

 

重さは?

スーツケースに、
お土産をたくさん入れたいと思うと、
軽い方がいいですね。

ここでも、ソフトまたは、ハードケースか、

ハードケースは、ポリカーボネイトや、
アルミニウム合金などです。

 
ソフトケースは、高密度なナイロン製などで、
ハードケースより、安く、しかも若干軽いです。

さらに、フレームまたは、ファスナータイプか、
で重量は違ってきます。

キャスター・持ち手の重さも関係しますね。
どこにポイントを置くかで、
キャリーケースを購入するのが、良いみたいです。

 
Mサイズで、1~2万円前後だと、
3.5kg~6.5kgほどとなります。

 

強度(材質など)は?

荷物を預けると、
結構、粗雑に扱われます
薄いと耐久性が心配ですね。

ケース自体は、そこそこ強度がありますが、
中に入れたお土産の無事を考えると、、
形のしっかりしたハードケースがいいですね。

また、キャリーがしっかりしたものとなると、
ある程度、重さを見込まなくてはなりません。

強度を上げるのに、
スーツケースベルトも、有効です。

重量オーバーに、ヒヤヒヤしないように、
軽くて、丈夫な物を選びたいですね。

超過料金はどのくらいかかる?

よく、重さなどを確かめないと
重量がオーバーしてしまうことも。

その場合、以下のように超過料金
払うことになります。

会社名 1個あたり 重量23~32kg 重量32~45kg 大きさ
JAL 20、000円 10、000円 60、000円 203cm超 20、000円
ANA 10、000円 6、000円 20、000円 158cm超~292cm 20、000円

(2016年4月現在)

エールフランスでも、
個数・重量・大きさでの超過料金がかかります。

個数が増える場合、1個増えるごとに、
「100ユーロ」が目安だそうですが、
オンライン支払いだと、割引料金が適用されます。

さいごに

気持ちよく、旅行から帰ってくるのに、
帰りの荷物検査も、無事クリアしたいもの。

超過料金という、思わぬ出費にならないよう
キャリーケースのサイズの制限を考えて、
賢く旅行したいと思いました。

スポンサーリンク

お気軽にコメントをどうぞ♪