こたつの電気代は安い?この節約術で冬もぬくぬく!

といわれてなにを連想しますか?
雪でしょうか?年末年始に冬休み?

でも、なんといっても寒い!
これを一番に思いつくひと
多いのではないでしょうか?

私は寒いのは苦手です。
無理です。暑いのは耐えられますが
寒いのだけは耐えられません

そんな時に活躍してくれる暖房器具
エアコンやストーブに並んでこたつ
思いつかれるのではないでしょうか。

我が家にもエアコンやストーブ
あるにはあるのですが

エアコン
空調の風で目が乾いたり
逆に肌寒く感じたり

ストーブなんてうっかりしていると
肌が真っ赤になっちゃったりして
アチチな思いをしてしまいます。

こたつのじんわりぬくもるあの感覚
そしてこたつ机の上にセッティングされた
みかんをほおばりつつごろごろする至福

あれに勝る冬のしあわせがあるものでしょうか?

最近はエアコンの性能があがって
エコだのなんだので
こたつ離れが起こっているように思います。

ですが、節約
これに重きを置いていらっしゃる方には
ぜひ、こたつをお勧めします。

こたつも進化しています。
その気になる電気代はおいくらぐらい?
そこのところを調べてみました。

今回は冬の定番アイテムの一角。
こたつの電気代節約術についての豆知識です。

こたつVSエアコン?

こたつといえば田舎のおばあちゃんの家
なんてイメージをしがちですが
最近はおしゃれなこたつも多いですよね。

我が家にも二十うん年
使っていたこたつがあります。

今年? 去年? 布団が破けたので撤去され
現在、倉庫にしまわれている
アレはかなりの年季ものです。
091907

アレに入って
カタツムリならぬこたつむり
なっていました。

だけど、どうしても
スマートなエアコンに比べると
場所を取る地味っ子なこたつさん

特に近年はエアコンの節電機能が進化。
040893

エコに運転する暖房器具となっています。
月にかかる電気代も場合で1,000円を切ります。

電気料金の単価
1kwh=17.93円(中国電力)
1kwh=19.43円(東京電力)

私の地域は中国電力さんですので
こちらで計算してみます。

第一段階料金の計算で
エアコン(8畳タイプ)3.6円/一時間
こたつ(600w=強)3.6円/一時間

と、なりました。
これを見て変わんねーじゃんと思ったあなた
よーく考えてみてください。

こたつ、ずっとのままで運転させたら
暑くてのぼせてしまいますよ?

そしてエアコンの方にも落とし穴がひとつ
つけはじめは温まるまで時間がかかる点。

エアコンはどうしても
部屋全体を暖めるものですから最初は
にして使われる方、多いのではないですか?

そうなればさっきの計算よりは
高く見ておいた方がいいでしょうね。
長時間使われる場合は特に。

一方のこたつについては弱(90w)の運転で
一時間あたり1.4円の計算になります。
どうでしょう? かなりお安くないですか?

今年の冬にエアコンの買い替え
検討しているのなら
サーモスタット機能付きこたつをお勧めします。

この機能は
温度調節機能
エアコンでいうところの自動運転機能

温度変化を感知して自動
ついたり、消えたりする温度調節機能のことを
サーモスタット機能といいます。

一定の温度よりあがると消えて
さがると再び運転する機能ですね。

こたつのサーモスタット機能
基本オンとオフです。

最近のこたつはカチカチいいますよね?
アレはこの機能が働いているからです。

残念ながら
我が家の古いおこたにはついていません。

京都にいっていた弟の持っていたものには
ついているようで冬も快適だったとか。

最初が強であとは弱!

では、本題のこたつによる節約節電
詳しい方法について触れたいと思います。

VSエアコンで述べた通り
こたつは冬のマストアイテム
認定してもいいくらい家計にやさしいです。

そのやさしいこたつをさらにやさしく
使う為にはなんといっても
温度の設定が重要です。

ずーっとのままで運転なんて
してしまった日には、電気代が高くなり
体調まで悪くなるかもしれません。
 

冬なのに、熱中症なんて
おかしなことにはなりたくないですよね?

サーモスタットがついているものなら
自動で調節をやってくれます。

が、我が家の愛用おこたのように
古いものをご使用の、
こたつ愛用歴何十年の方は手動です。

 

こたつは寒いからつけるのであり
早く暖めたいですので
にされる方が多いと思います。

最初の数分ならいいですが
それが何時間も続くと先述した通り
エアコンと変わらなくなってしまいます。

でも

  • 弱だと不安だ……。
  • 早く、一刻も早く暖めたいんだ!

という方が大多数ですよね?

 
私は最初から最後まで弱運転で平気なのですが
そうでない方で節電をしたい方に
当たり前なのですがとっておきの方法を伝授します。

 
それは最初の2,3分を強で運転させて
こたつの中を一気に暖め
弱に切り替える方法です。

こうすれば寒がりのせっかちさんでも大丈夫。

スポンサーリンク



合わせ技でさらに最強に快適に!

冬場のフローリングは一種の拷問ですよね。
ぬくぬくおこた。なのに、フローリングは冷たい
これはつらい

 

暖まるまでの時間が拷問です。
凍えてしまいます。

 
そこでおすすめの小物がこちら。

  • 敷布団(ラグ)
  • 大きな厚手のこたつ布団

まずはひとつ。

敷布団を敷くことです。
おしゃれに言うとラグを敷くのです。

 
敷布団一枚とあなどることなかれ
この一枚でぬくぬく具合が別次元に違います。

床暖房には敵いませんが、足下にこうした
敷物を敷くのは防寒対策に効果的です。

 
冷たい床に直接触れないだけ
とても快適になること請け合いです。

 

さらに、もうひとつ。
大きめの布団を使うこと。

 
薄いペラペラのこたつ布団を使っていませんか?
布団を変えるだけで外気の遮断率が違ってきます。

寝る時の布団がのとのとで違うのと同じです。
厚手のしっかりした布団を使ってみてください。
中身はわたわたでいいです。

羽毛のものなら最強ですね。

 
あと、ネットでよく言われているのが

  • 厚着する。
  • 出入りは素早く。
  • 断熱材を敷く。

ですが、できるだけ出費は控えたいもの。

ですので、今回は敷布団厚手の大きな布団
家にあるもの、備品として買えるものに絞りました。

 
これらを活用して
こたつ生活をエンジョイしてください。

スポンサーリンク



さいごに

電気代は毎月、必ず必要なもの
ですが、できれば抑えたいものでもあります。

その為の工夫はしてはないと思います。
 

今回あげた冬の最強アイテム……こたつ!
これひとつあればあとは弱運転
賢く、快適に暖房の電気代を節約できます

 
慣れれば、最初から最後まで弱運転でいけます。

そうなれば五時間使っても
電気代はたったの7円!

このお得をぜひ今度の冬からは
あなたも、取り入れてみてください。

それと、最後の最後に注意事項をひとつ
こたつがいくら快適だからといって
寝ないでくださいね?

寝るときはお布団にいきましょう!

スポンサーリンク

お気軽にコメントをどうぞ♪