犬 vs 猫!寿命が長いのはどっち?

最近は、空前の猫ブームなのだそうです。
ツンデレな性格や、柔らかい肉球
しぐさが、とても可愛らしいですね。

 
でも、犬の方が好きな方も多いでしょう。

従順な性格や、懸命に尻尾を振る姿を見ると
抱きしめたくなってしまいます。

10b27ba14d278c44fc4346805bd9c687_s-300x169

ペットショップに行っても、
子犬や、子猫がたくさんいて癒されます。

では、犬と猫、寿命が長いのは
どちらなんでしょうか。

スポンサーリンク



犬も猫もご先祖様は同じなんです

犬は、ネコ目(食肉目)-イヌ科-イヌ属
に属する哺乳類です。

え?犬なのにネコ目?

犬と猫って、見た目も性格も
全然違うのですから、驚きですよね。

 
犬も猫の、共通のご先祖様
約6500万年前から、4000万年前頃にいた
ミアキスという哺乳類で、

森林での生活を選んだ方が、
草原での生活を選んだ方が、
進化したと言うことです。

スポンサーリンク



それなら 寿命も同じぐらい?

犬と猫、平均すると長寿なのは猫なのです。

完全室内飼いの家猫の平均寿命は、15.91歳
外に遊びに出る家猫の場合は、12.12歳
野良猫は、3歳から5歳と言われています。

 
また、短毛種は、長毛種より長生きなのだそうです。
こうやって見ると、環境の差が大きいようですね。

最近では、20歳を超える猫
珍しくありません。

b8b9fa2f06546f5aa80dad1fe5da763b_s-300x225

それでは、犬はどうでしょう。

犬の平均寿命は、13.3歳と言うことですが、
寿命は、犬種によって大きく変わります。

 

猫は、どの種類も大きさの差が
そんなにありませんが、犬の場合は
小型犬と、大型犬の差は大きいです。

一般的に、大型犬の方が寿命は短く
小型犬の方が、長い傾向にあるようです。

一番長いのが、チワワの15歳から18歳。
一番短いのが、グレードデーンの7歳前後。

なぜ、こんな差が出来るのでしょうか。

 

答えは遺伝子にあった!

小さな犬や、巨大な犬など
サイズもスタイルも、全く違いますが
人で言えば、人種の違い程度の差なのだそうです。

犬の遺伝子は、多様性に富んでいて
色々な種類が、発現するので、
品種改良も、容易に行えるのです。

d88e3ab1eca168589c521e6210ef4d62_s-300x199

大型犬は体格に対して、
心肺機能が、弱い傾向にあります。

これは、大型猫のメインクーンも同じです。

 

ご先祖のミアキスの体長は、約30センチ程

そこから猫や大型犬に進化して、品種改良されても
心肺は、各々に適したサイズにはなりません。

 
中々難しい話になってきましたね。
話を戻しましょう。

 

まとめ

とにかく、犬と猫では、長生きするのは
猫の方だということが、わかりました。

この、犬と猫の平均寿命ですが、面白いことに
人と同じく、メスの方がオスよりも
長いことがわかっています。

また、純血種よりも雑種の方が、
病気にも強く、長く生きるのだそうです。

 

我が家には猫がいて、ペット保険に入っています。

掛け金は、猫では、純血種か雑種かの差ですが
犬は、犬種で細分化されています。

 
それほど違うと言うことなんですね。

因みに、我が家の猫は、雑種の日本猫なので
一番安い掛け金で、助かっております。

飼い主に取って、ペットは家族の一員です。
人より短命であると、わかってはいても
いつまでも、健康で長生きが共通の願いです。

スポンサーリンク

お気軽にコメントをどうぞ♪