LED蛍光灯の配線工事?業者に頼むなんて高すぎる!DIYの危険性

簡単なDIYから本格的なDIYまで自分で
やってみよう!という人は増えていますよね。

50c2351850cc80475fa9cb6994ed2b65_s

最近インターネット上で

いままで普通の蛍光灯がついていた照明器具に
LED蛍光灯をつける場合の「配線の交換方法」や
安定器を取り外す方法」が紹介されています。

 
ですが、その危険性について
考えたことはあるでしょうか?

LEDの蛍光灯は

  • 直管蛍光灯型LED
  • 工事不要LED

大きくこの2種類が販売されていますが、

『配線工事は、必ず電気工事士の資格を
持つ方
が行ってください。』
『電気工事不要そのまま取り付け可能』など

必ず、工事に関する注意事項が書いてあります。

「蛍光灯の交換なら、普段もやっているし大丈夫!」
と思うかもしれませんが、

この工事は単純に蛍光灯を取り換えるだけの
ことではありません。

スポンサーリンク



なんで危険なの?

従来のすべての照明器具には安定器という
装置がついています。

LED蛍光灯を発光させる場合は、
この安定器は必要ありません。

 
そのかわりに交流を直流に変換する
電源部(AC-DCアダプターのようなもの)が
必要になります。

 

直管蛍光灯型LED

  • 電源部内蔵型LED蛍光灯の場合
  • バイパス工事で安定器を取り外し
    LED蛍光灯対応の配線に、変更する工事が必要

  • 電源部外付けタイプの場合
  • 安定器を取り外し、専用の外付け電源の取付け
    配線工事が必要

これらの工事のことを一般的にバイパス工事
いい、この工事が電気工事士による工事
いわれています。

 
そしてバイパス工事は
直管蛍光灯型LEDの種類によって工事の種類も
複数
あるのです!

正式な名称はないのですが、

  • 片側配線
  • 両側配線(片ピン電圧)
  • 両側配線(両ピン電圧)
  • その他特殊な場合

蛍光灯の種類によって適した工事を、
正しい方法で行わないと感電や破裂する事故
おきる危険性
があります。

スポンサーリンク



工事不要のLEDなら大丈夫?

配線工事を業者に頼むなんて高すぎる!と思って
工事不要のLEDを選択する人もいるかもしれません。

工事不要LEDは、もともとついている照明器具の
安定器をつけたまま使用できる蛍光灯です。

こちらは、

  • 取付け簡単
  • 電気工事なし
  • 普通の蛍光灯に戻すことができる

というメリットがあります。

 
ですが、もともとついている安定器は磁気式と
電気式があり、蛍光灯の種類によって安定器の
種類も違います。

工事不要のタイプはメーカーによっても
違いますが、選び方がむずかしく、
素人には判断ができないのです!

 

工事不要タイプを使う場合、照明器具の仕様が
わからないときは、専門の電気知識がある
業者や人に相談してから購入するように
しましょう。

また、デメリットもあります。

  • 安定器がついたままだとその分、余分な
    電力
    を消費する
  • 安定器に不具合が出てもLEDが点灯し続ける
    可能性があり、そのまま故障に気が付かずに
    使用
    していると、最終的に安定器が発火する
    危険性
    がある
  • 安定器が完全に故障した場合、LEDランプが正常でも
    点灯しなくなる。

本来、通常の蛍光灯の1/2の消費電力や
4倍の寿命
を期待してLEDの蛍光灯に
切り替えようとしたのに

結局のところ電気代の節約を考えるなら
配線工事が必要になります。

d151cfb35ed56d99fcbc42ade75f12c4_s

またLEDは長寿命かもしれませんが、
安定器はいつ故障するか予測つきません。
いつかは工事が必要になります。

工事不要のLEDの長寿命は、安定器が
壊れなければの条件付きなのです!

 

DIYはあくまで自己責任

LED蛍光管を買うとき、「配線工事は必ず、
電気工事士の資格を持った方が行ってください」
と明記してあります。

電気工事士法」により無資格で
電気配線工事は出来ないのです。

6b5c2c3a8c63f1b2ddaf94b7b59782eb_s

「配線工事を業者に頼むなんて高い!」と
思っても、電気工事士の資格を持っている人は

電気工事の欠陥による災害の発生の防止など
高いコストのなかには、その責任代
入っています。

 
無資格でDIYによる配線工事を行ったことで、
事故や火事などが起こっても、保険は適用されません!

販売側もメーカーも責任は取ってくれません。
最悪、感電死する危険もあります。

 
購入をする際には必ずといっていいほど
このような注意事項が明記してあります。

『必要な工事を行わないことで、破裂や発火が
発生しても一切の責任を負いません

無資格者で電気工事に従事した場合、
電気工事士法第3条第一項及び2項の規定に
違反し罰則
もあるのです!

6d7d03d48271a903c1077ec6128b8d1b_s

最後に

LEDの蛍光灯はホームセンターなどでは、
まだ一般的には売られていませんが、

Amazonなどの通販サイトでは
普及しはじめています。

 
種類も多いためすぐにはどれが自宅の照明器具に
あっているのか素人には判断がつきません。

 
どうしてもLEDの蛍光灯にしたい!

と思っているヒトは使用上の注意をよく読んで、
専門の知識のある人に相談することが重要です。

 
また、照明器具のバイパス工事や安定器の
交換をすると照明器具の改造とみなされ
本来のメーカーの保証は受けられなくなります。

一度、バイパス工事を行ってしまうと
その後一般の蛍光灯は取り付けることが
出来なくなります。

DIYのTVやネットの情報をみて真似しても、
自分の都合のいいところだけでなく、
リスクも含めて調べて、安全にDIYを楽しみましょう。

スポンサーリンク

お気軽にコメントをどうぞ♪